見出し画像

彼女にカレーを作ってあげた話

こんにちは。こうすけです。


今日は、てんぺいとけーいちがイライラすると言っていた、彼女にカレーを作ってあげた話です。

(2人には、これを読んでもっとイライラしてほしいものです笑)



彼女は一人暮らしをしています。私の家からは車で3時間半程かかるのですが、今学期は授業もオンラインのため、時々彼女の家に数日泊まりながら授業を受けたりしています。

昨日までの5日間も彼女の家で過ごしていました。


土曜日、彼女は久しぶりのバイトでした。朝9時頃には家を出て、帰ってくるのは夜の9時頃になると言っていました。

彼女の家で初めて1人で過ごした私は、映画を観て、昼寝して、チンしてかけるだけのパスタを食べて、本を読むという風にダラダラと過ごしていました。

夕方になった頃、夜ご飯のことを思い出し、「今日の夜はどうするんだろう?」と思いました。

普段、私は家でも彼女の家でも料理をしたことがありません。

彼女の家では、彼女がいつもおいしい手料理を作ってくれて、私はお皿洗いや掃除をしています。

しかし、その日は彼女は帰ってくるのが遅く、1日のバイトで疲れているのが想像できました。

そこで私は、久しぶりに料理をすることを決意しました。


まず、メニューを決めなくてはいけません。

「彼氏に作ってほしい料理」と検索してみたところ、一番上にカレーと出てきました。

簡単だけど時間のかかるカレーは、彼氏の愛情を感じるそうです。笑

カレーにしよう!と決めた私は、早速材料を買いに近くのスーパーへ。

量も材料の種類も少ないため30分ほどで帰って来た私は、6時半頃から作り始め、8時くらいまでには余裕を持って作り終えることができました。

包丁を使うのも不慣れなため、野菜の形がバラバラだったり、少しタマネギを焦がしたりしましたが、見た目と匂いはとても良い感じでした。

いつも作ってくれる親と彼女には感謝だなと思いました。


彼女から駅に着くよと連絡が来たのは、夜の10時くらい。

仕事終わりに社員さんとの付き合いがあり、予定より遅くなってしまったということです。

駅まで迎えに行った私は、彼女がとても疲れているのがわかりました。

彼女は着いてすぐに、「今日は疲れちゃったから、夜ご飯はスーパーで弁当か何か買っていい?」と聞いてきました。

ここでよっしゃと思った私は、「実は夜ご飯作ったんだよね~(にやっ)」と少しかっこつけながら言うと、「うれしい。泣きそうなんだけど。。」と言っていました。

何を作ったかは言わず、着いてからのお楽しみということにして、2人で急いで家に帰りました。


家に着いてカレーの匂いを嗅いだ彼女は、すっごく喜んでくれました。

「いつも作ってくれるから、今日は作ったよ」と言うと、よっぽどうれしかったのか、泣いて喜んでくれました。

カレーの写真もたくさん撮ってくれて、おいしいおいしいと言って食べてくれて、本当に作って良かったです。


2人の愛は、さらに強いものとなったのでした。

                               つづく


いかがだったでしょうか。

彼女にとっては、彼氏の手料理からとても愛情を感じるみたいなので、男性のみなさんぜひやってみてください!

私も次の機会に、今度は違うメニューを作ってあげたいなと思っています。


今日も最後まで読んでくれてありがとう。じゃあまたね。


こうすけ








この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
よかったらフォローお願いします!
18
大学4年生のてんぺい、こーすけ、けーいちの3人でNoteリレーしていきます。3人の日常生活やその中で考えたことなど、大学生ならではのことを発信をしています。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。