マガジン「ならスポ」

350
eスポーツ、ぷよぷよ部門一般の部で川辺洋介さんが全国都道府県対抗選手権近畿代表に

eスポーツ、ぷよぷよ部門一般の部で川辺洋介さんが全国都道府県対抗選手権近畿代表に

 令和元年度の茨城国体から国体文化プログラムになったeスポーツ。今年は三重国体が中止になったが、代替大会として全国都道府県対抗選手権が10月に開かれる。9月4日にはその予選にあたる近畿ブロック代表決定戦がオンラインで開催され、ぷよぷよ部門一般の部で奈良市西包永町のプロゲーマー川辺洋介さん()=プレイヤー名「やなせ」=が優勝し、全国選手権出場を決めた。  近畿ブロック戦は大阪府四条畷市の商業施設で開かれる予定だったが、新型コロナウイルス感染拡大でオンライン開催に変更された。

スキ
1
1年男子 鳥尾・保住組(高田商)、   1年女子 大谷・柳原組(奈良育英)V    奈良県高校ソフトテニス学年別大会
+16

1年男子 鳥尾・保住組(高田商)、   1年女子 大谷・柳原組(奈良育英)V    奈良県高校ソフトテニス学年別大会

 令和3年度奈良県高校ソフトテニス学年別大会が8月26日まで、明日香庭球場で開催された。1年男子の決勝戦では、高田商の鳥尾・保住ペアが鋭いボレーやスマッシュを中心に流れを渡さず、同校の石川・時安ペアを4―0で破り優勝。2年男子も高田商同士の決勝戦で、川口・松田ペアと橋場・長根ペアが互いに譲らぬ激戦を展開。最終ゲームで流れを一気に引き寄せた川口・松田ペアが栄冠を手にした。1年女子の決勝戦は関西中央の梅沢・加藤ペアと奈良育英の大谷・柳原ペアという「ダブル後衛」同士の対決となり、打

スキ
3
女子香芝支部7連覇、男子は奈良支部が頂点に! 奈良県支部対抗ソフトボール選手権大会
+7

女子香芝支部7連覇、男子は奈良支部が頂点に! 奈良県支部対抗ソフトボール選手権大会

 第44回奈良県支部対抗ソフトボール選手権大会が8月29日~9月5日、第二浄化センタースポーツ広場などで行われた。男子17、女子8チームが参加し、トーナメントで熱戦を展開。男子の部は奈良支部(奈良バンビーズ)が香芝支部(香芝クラブ)を大差で下し頂点に。山根晴幸選手兼監督は「チーム一丸となって戦えたので優勝できました」と試合を振り返った。  女子決勝戦は香芝支部(香芝クラブ)と橿原支部(クイーンメイツ)が対戦。初回に3点を先制した香芝支部が、橿原支部の反撃を1点に抑え、7大会連

スキ
3
大会新続出! 男子400自1年 若杉朝陽(平城)、男子100バタ1年 大久保雄翔(天理)、女子100自3年 谷清美(天理)、女子100平2年 奈良結愛(天理) 奈良県中学校学年別水泳競技大会
+5

大会新続出! 男子400自1年 若杉朝陽(平城)、男子100バタ1年 大久保雄翔(天理)、女子100自3年 谷清美(天理)、女子100平2年 奈良結愛(天理) 奈良県中学校学年別水泳競技大会

 第60回奈良県中学校学年別水泳競技大会は9月5日、スイムピア奈良で開催。60校440人がエントリーし、各種目学年別で競い合った。競技後に山本良介競技役員長が「大会新がたくさん出た、良い大会になった」と話したように好記録が多く、男子の部では400㍍自由形1年で平城の若杉朝陽が従来の大会記録4分30秒37を大きく上回る4分19秒20で優勝。ほかにも100㍍バタフライ1年で天理の大久保雄翔が大会新、100㍍平泳ぎ3年では八木の竹森直輝が大会タイ記録で1位に輝いた。女子の部でも、1

スキ
4
天理、圧勝で頂点に! 奈良県中学総体ラグビーフットボール競技
+2

天理、圧勝で頂点に! 奈良県中学総体ラグビーフットボール競技

  第72回奈良県中学総体のラグビーフットボール競技は8月22日と29日、天理親里ラグビー場で、4チームによるトーナメント戦で行われた。初日の準決勝第1試合では、郡山が19―14で河合第二を破り、第2試合では天理が78―0で天理西に圧勝。2日目の決勝戦でも天理が序盤から得点を重ね、73―0で郡山を下して頂点に立った。  天理の山崎祥永キャプテンは「練習でやってきたことを出せてよかった。近畿大会でも、目標としている優勝を目指す」と力強く語った。同チームは今回の勝利で出場権を得た

スキ
2
男子50㍍自由形で中堂(奈良)、     男子50㍍平泳ぎで野村(大和広陵)が 大会新V 奈良県高校新人水泳競技大会

男子50㍍自由形で中堂(奈良)、     男子50㍍平泳ぎで野村(大和広陵)が 大会新V 奈良県高校新人水泳競技大会

 第28回奈良県高校新人水泳競技大会 兼 第5回近畿高校新人水泳競技大会奈良県予選大会が8月24日、スイムピア奈良で行われた。男子は50㍍自由形で中堂陽仁(奈良)、50㍍平泳ぎで野村隼斗(大和広陵)、4×100㍍メドレーリレーで天理が大会新記録を更新。女子の部は4×100㍍フリーリレーで天理が大会記録を塗り替えた。各種目8位までの選手は、10月9、10日に同所で実施される近畿高校新人水泳競技大会に出場する。  【男子】  ▽50㍍自由形   ①中堂陽仁(奈良)24秒34=大

スキ
1
天理が2年連続のセンバツ出場へ向け好発進、高校野球秋季近畿地区奈良県予選

天理が2年連続のセンバツ出場へ向け好発進、高校野球秋季近畿地区奈良県予選

 天理が初回に打者19人を繰り出す猛攻を見せ、二回には四番・内藤が本塁打を放って2年連続のセンバツ出場に向け好発進した。  内藤は初回1死二、三塁から先制打も放ち、この試合は2死球を受けながらも3打数3安打の活躍。にもかかわらず内藤は「新チームは長距離打者が少ないので、安打性のライナーやゴロで繋ぐ野球に徹している。きょうの本塁打はその延長で、狙った直球に良い角度でバットが入った」と話す。  裏には、夏の県大会で巷の予想に反しベスト4止まりだった反省もある。「(夏の大会は)打球

スキ
3
高校野球秋季奈良県大会始まる
+1

高校野球秋季奈良県大会始まる

 高校野球の令和3年度秋季近畿地区大会奈良県予選は9月4日、佐藤薬品スタジアムで開幕し1回戦1試合を行った。この日予定されていた第2試合以降は降雨のため、7日に延期となった。  第1試合は女大付が8ー7で合同に逆転勝ちを収めた。

スキ
2
男子400㍍自由形 若杉朝陽(平城)大会新で優勝 奈良県中学新人水泳競技
+4

男子400㍍自由形 若杉朝陽(平城)大会新で優勝 奈良県中学新人水泳競技

 第70回奈良県中学新人水泳競技大会は8月23日、スイムピア奈良で開催。中学1、2年生が出場し、主に各泳法100㍍(自由形は100㍍と400㍍、個人メドレーは200㍍)で競った。男子400㍍自由形で、平城の若杉朝陽が従来記録を5秒近く縮める大会新記録で優勝した。  奈良県中体連水泳専門部の吉村治男委員長は、「大会新が出たことも良かったが、昨年はコロナ禍で学年別大会との合同開催にせざるを得なかったこの大会を、新人大会として行えて良かった」と振り返った。  【男子】  ▽自由

スキ
2
競技通じ夫婦や親子で交流 寿・夫婦・親子交流ソフトテニス大会

競技通じ夫婦や親子で交流 寿・夫婦・親子交流ソフトテニス大会

 第46回近寿・夫婦・親子交流ソフトテニス大会が8月22日、ロート奈良テニスコートで行われた。男女混合ペア(女子ペア可)で競われる寿の部は、1部が各50歳以上、2部が60歳以上、3部が70歳以上。夫婦の部は1部が合計年齢100歳未満、2部が100歳以上。親子の部は1部が子どもが小学6年生以下、2部が中学1年生以上という年齢区分が設けられた。参加者は競技を通じてペアや夫婦、親子での交流を楽しんでいた。  【寿1部】  ▽予選A  ③吉田・三輪(奈良ソフトテニスク)  ▽同B 

スキ
3