見出し画像

Napuraがつくる時間ー”そこにいる旅”へ

"You made my day."
「あなたに出会えて、今日が素敵な1日になったよ」

Napura-worksが目指す旅の時間は、この一言に尽きます。

場所を超えて、その地域の文脈を超えて、誰かと誰かが出会って、それがお互いにとって特別な人生の一瞬になる。

そういう一瞬が生まれるお手伝いをするのが私たちNapura-works。

そして、訪れる人と迎える人の”間”に生まれる物語が旅だから、
訪れる人、迎える人の個性とタイミングの組み合わせで、多彩になる。
その人の物語は、その時、その瞬間の、ひとつだけ。

画像2

訪れる場所は同じでも、
そこで起こることが違う。過ごす時間が違う。
その体験から得られる感覚もエッセンスも、持って帰りたいものも違う。

でもその瞬間がつくりだせたら「旅先でのひと時」という枠を超えて、この地を離れてからも大事なときに思い出す体幹に残る記憶になって、その人の人生という大きな旅を支えてくれると信じています。

だから、Napura-worksは次の3つを日頃から大切にしています。 
1)訪れる人の内側にあるものに、耳を傾けること
2)地域で迎える人や場所の素敵な魅力に、アンテナを立てること
3)訪れる人にも迎える人にも信頼してもらえる、私たちであること

この人とこの人が出会ったら、きっと面白いことが起こる。
今この空気感なら、きっとこの場所に行ったら面白いことに出会う。
そうやって訪れる人と迎える人をつなぐのが、Napura-worksの腕の見せ所。
その一瞬を逃さないように、旅のはじめから終わりまで必ず同行します。

画像1

旅をはじめる

Napura-worksの旅は、訪れる人と一緒につくっていきます。
(時々、迎える人から生まれる企画もありますが)

次のような過程を経て、旅は生み出され、育っていきます。

1)「こんな時間を過ごしたい」をヒアリングする機会をつくる
2)この”訪れる人”をどんな人と場所につないだら面白いかなを構想、練る
↑ここまでは、対面(=旅の0次会)、時々オンラインで。
↓ここからは、主にSNSやメールで。
3)滞在する日数や費用をご相談 
4)旅の仲間を募る
5)いよいよ旅の舞台に足を踏み入れる!

*1)の時点で一緒に行きたい仲間がいる場合もあります。

そして、こうして誰かのためにつくったプランがすごく面白く、かつ誰かに素敵な瞬間を提供できるので、レギュラー企画にしよう、という流れもあります。

例えば、現在メインで実施している親子旅はこんなふうに生まれました。
1)子どもを自由に自然の中で遊ばせてあげたいんです、とカフェで雑談。
2)いいですね。それは森と遺跡と、村の得意分野です。
3)遺跡の近くの村に2泊しましょう。費用はこれくらいです。
4)あ、友達のご家族も一緒に行きたいそうなんです。→いいですね!
5)では、◯日にこの場所に集合して、旅を始めましょう!

その土地の暮らしに足を踏み入れたときに生まれる世界で1つの ”旅”。
その土地の風土をつくりだしてきた人々の暮らしの真ん中にいる旅。
何をするか、よりも、そこにいることを大事にする旅。

そんな旅をはじめたい方、ぜひご相談ください。

2020.4.7


この記事が参加している募集

私の仕事

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ありがとうございます!いつか現場にも、ぜひ!
3
カンボジアの中央部・サンボー・プレイ・クック遺跡とその周辺の農村を拠点に、”旅をつくる”仕事をしています。遺跡の近くの村に滞在し、地域の暮らしと時間の中に身を置いて、外から訪れる素敵な人と地域で迎える素敵な人をつなぎ、その間に生まれる「いい時間」をみんなで味わう旅をしてます。

こちらでもピックアップされています

Napura-worksはこういう会社です
Napura-worksはこういう会社です
  • 9本

Napura-worksというわかりにくい旅をつくる会社のことがなんとなくわかるように5つの記事を集めました。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。