見出し画像

ep.1 「onegiftっていうメモリアルギフトサービス運営しています!」

こんにちは!
404 DESIGNERSの井上です。
今日は僕たちが運営しているサービス「onegift」について書いていこうと思ってます。

1. about onegift

onegiftは404 DESIGNERSの新規事業としてリリースされた「特別なプレゼント、無くさず残るものが欲しい」という問題を抱えている「子供に特別なものをプレゼントしたい人」のための「オリジナルのWebサイトをプレゼントする」という新しいメモリアルサービスです。

現在でも、メモリアルギフトと呼ばれるものは多数ありますがonegiftはwebサイトの特徴を活かしてこれまでのメモリアルギフトの課題であったポイントをクリアしています🥳
その特徴の1つが「1人1人にあったデザインを作る」というポイントです。従来のメモリアルギフトのほとんどは決められた形式に何かをあてはめるみたいなものだと思います。しかし、onegiftではお子様の名前の由来などからお客様1人1人にあったデザインを提案させていただきます。デザインすることでお客様個人の「大切な瞬間」「お子様の名前に込めた想い」などを表現し、お客様により満足していただける「オリジナルのwebサイト」を制作することができます。これがonegiftの最大の特徴かなと思ってます。他にもwebサイトなのでURLによる共有が簡単といった特徴やなくすことがなく、振り返りたいときに手元のデバイスから簡単に振り返ることができるなどgoodな特徴はたっくさんあります👍
是非、一度公式ページを覗いてみてください🤗
Instagram、Twitterも運営してるので是非フォローのほうお願いします!

onegift : https://onegift.design/
Instagram: https://www.instagram.com/onegift_presentweb/?hl=ja
Twitter: https://twitter.com/present_web

画像1

2. onegift設立への道

onegiftの始まりは大学が開催していた「KINDAI STARTUP ACADEMY」というプロジェクトでした。このプロジェクト内で一緒に運営しているメンバー2人とチームを組み、事業として設立したのが「onegift」です。

プロジェクトで進めていく事業を考えないといけなくて404 DESIGNERSの代表でもある山本君と大学内のカフェで話していてたとき「こんなサービス面白いと思うんやけど、どうかな?」というふうに提案してくれました。
そのとき「面白そう🤩🤩」と感じたのを今でも覚えています。当時はエンジニア的な知識を持ち出した時期でもあって僕はシンプルにwebサイトを制作する事業ばかりを考えていたんですね。でも、それだと「既存のweb制作企業と何が違うんだろう」とかいろいろ思うところがありました。そんなとき提案してくれたのが「onegift」でした。作業内容はwebページ制作なのですが、解決する課題やターゲットが一般的なweb制作企業とは絶対に違って、今までに見たことがないサービスでした。話を聞けば聞くほど「面白い🤩🤩」と感じることができて、その場ですぐに「これでいきましょう」と決めて事業を進めていきました。

事業を進めていくうちに、営業力が必要だということに気がつきます。そこで白羽の矢が立ったのがもう1人のメンバー梶塚君です!元々プロジェクト内で行った事業で営業力を発揮して高い収益を立てていたのは知っていたので、梶塚君をチームに誘ったとき「絶対すごいチームになる」と直感で思いましたね。そして、チームに加わってすぐにテレアポでアポをとってくれました。ただただ、感心でした笑

こんな感じですごくいいチームができて、事業を進めていき、いろいろあって4月10日に404 DESIGNERSの新規事業として「onegift」がリリースされました🎉🎉

3. onegiftへの想い

最後に僕のonegiftへの想いを書きます。リリースしてからあっという間に2ヶ月が過ぎました。コロナの影響で集まってのミーティングや作業はできなくなったもののオンラインで事業を進め、サービス設計やブランディングもどんどん改善されていっています。

実は僕はonegiftでonegift directorという肩書きでサービスの代表をやらせてもらってます。とても嬉しくありがたいことです。メンバーの2人には本当に感謝しています。でも、サービスの代表としてonegiftにもっともっと貢献しないといけないと強く感じています。onegiftは将来的な発展もしっかりと見据えてリリースされたサービスです。今の自分のままでは今後onegiftがもっと発展したとき「代表です」と名乗るにはあまりに力不足です。知識も技術もまだまだ必要です。大好きなonegiftというサービスをこれからもっと発展させていけるように、メンバー2人にもっと頼ってもらえるようにこれから頑張っていくので皆さんよろしくお願いします!

僕の学習の記録場所として学んだことを共有していくのでここまで読んでくださった皆さん是非また読みにきてください🤗

画像2



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
5
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。