見出し画像

[hey] 引っ越しするのをやめました

heyをはじめて来月末でちょうど2年。この期間、ありがたいことに、それまでとは違う形でギアをあげたことによって、いままでよりも多くの仲間が集まってくれ、今月で200人くらいになりました。多くの仲間が増えたこともあって、事業は右肩上がりで伸び続けていますが、とはいえ、いまのheyなんて、まだいつ死ぬかわからない身で、いつも、ずっとヒリヒリしています。

そんな中で、昨年5月末に引っ越してきたオフィスが大分埋まってきたのを感じ、この3ヶ月間、新しいオフィスをくまなく探してきました。倉庫から新築タワーまで、東京中のありとあらゆるオフィスをみて、heyらしさを求められる街と空間を探し続けて。

でも、一通り、見尽くした結果、私たちは、今回、引越そのものを中止して、いまのオフィスに、座席を詰め込んでいくことにしました。(これによって、沢山の方にご迷惑をかける形になり、本当にすみませんでした。)

いま、私たちがいる恵比寿のオフィスは、時期が良かったのもあり、とてもリーズナブルな値段で借りさせていただいています。でも、引っ越すとなると、2〜3倍の場所を検討したい。でも、そうすると、固定費がいまの数倍になる。いま、そのタイミングなのか?いろんな側面で考えて、延期することにしました。

トイレは足りなくなってきたので、上の階の会社にお願いして貸してもらい、会議室が足りないときは、下の階の会社に貸してもらい。(ビルの許可でてます。) 毎月の締め会の予算はいまだに1人1000円未満。とにかく無駄な投資は徹底的に排除する。でも、本当に必要なことに対する投資は大胆にする。そんな状況です。

景色の良いオフィス。広いスペース。たくさんの会議室。充実したトイレ(主に個室)。そして、豊富な酸素。

そういうものは、heyのオフィスにはありません。それは短期的にみれば、中で働く人にとっての快適性を損なうものになるかもしれません。(なるべくそうならないようにできる範囲のことはしていきますが。) でも、いま、ここで引っ越しに費用をかけるよりも、お客さんへの投資をさらに加速したい。なんなら、みんなの給与に反映させたい。そう思って決めたので、来年のheyのオフィスはとてもタイトになるでしょう。

ただ、ここでギュッとコスト意識をしぼることによって、いまよりさらに強い組織をつくって、なにがあっても生き続けられるようなチームをつくれるのであれば、それはとても良いタイミングなのではとも思います。

heyはこの1年半の間に入ってくれた人が7割で、そして、それはありがたいですが、良い期待の中で選んでくれた方も多いと思います。実際、事業成長も加速して、新規事業も複数手掛け始め、とてもたのしい時期だと思います。だからこそ、ここで組織の練度をあげ、筋肉質な組織になることは、長期的にみて大きな意味をもたらしてくれることを期待しています。

組織って恐ろしいもので、一人一人がいいやつでも、少しずつ少しずつ悪気なく無意識に意図せぬ方向に倒れていくことがあると思っていて。もちろん、いま一緒に働いている仲間がそういうことを思っているとは微塵も感じていませんが、ただ、なにかをきっかけにそういうことが起き得ることは忘れてはいけないとも思っています。

「あのとき、ホント狭かったよねー。」「でも、あのときがあったからよかったよねー。」と、いつか笑って過ごせるような、そんな1年に2020年はしたい。疲れたら、冷蔵庫からお酒出してわいわい飲んだり、隣のリキッドルームにライブいったり、そうしてリフレッシュするくらいの、そんな距離感がしごとできるといい。そう思います。

heyは引き続き、採用を続けます。あたらしい仲間を募りつづけます。私たちのお客さんに届けたいものを届けるには、もっともっと仲間が必要だから。

でも、そこで提供できるのは、決して綺麗で広い空間はありません。ギチギチで、ギュギュッとしている環境になるでしょう。ひとりあたりのデスクスペースは変わりませんが、ご飯を食べるオープンスペースは減るかもしれません。会議室は、他の会社のものを使うことが増えるかもしれません。みんなで集まるときは、社内じゃなくて、社外に場を持つことも増えるかもしれません。でも、そういう状況から生まれる熱量で、お客さんに向き合って、役立つものを作り続けて、彼らの生業をずっと支え続けられるような、そんな組織ができるといいなと思います。

都内にたくさん綺麗なビルが立って、大きな会社をはじめとして、どんどんとそういうところへ引っ越していくのを眺めながら、いつかそういうところに行けるといいねと思いつつ、いまのこのカオスな場から、多くの人の心を動かせる事業をつくりつづけ、そして、雑草のような強さあるチームであるといいなとも思います。まあ、@usksatoが、高層ビル苦手で二桁階にはいけないから、heyが高層階にいくことはないんだけどね。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

284
heyをやっています。ライジングセラーの方々に必要なサービスをどんどん出していきたいです。

この記事が入っているマガジン

コメント1件

初コメ失礼します。
いつもNoteを拝見させて頂いています。
今回、記事を読んでいる中で熱くなるものがあり、コメントしました。
選択と集中を間違えるだけで、会社としてはダメージがある。
だからこそ、何が今大事なのかがわからないと選択はできない。
そういうときに、会社が大事にしているものが明確であると強いなぁと思いました。
これからも引き続き、Noteを通して応援していきたいです。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。