ショート_有料note_アイコン

【ショートターンの覚醒者続出!プロモーグル選手やレジェンド基礎スキー選手の教え】苦手なショートターンが爆発的に進化した上体の使い方をビデオを見ながら解説!


みなさんこんにちは!

生涯全力スキーヤーのナオキです!


今回は、もしこれを今あまり意識していない、もしくは知らずにショートターンを滑っていたという人にとっては、ひょっとしたら大飛躍のきっかけになるかもしれません!

ところが、今回の概要となることを軽い気持ちでTwitterで呟いてみたところ...

有料級の情報!
プロモーグル選手やレジェンドも言ってた!
コレでめっちゃ滑りが変わった!
お客様も覚醒者続出!

そんなお声をいただけたので、
今回思い切って紹介したいと思います!

これは本当に僕の個人的な経験上の考えですが、

レベルアップのために一番効果的なのは、上体の使い方を変えてみたことでした。スキーは脚部の動きが重要なことは言うまでもないのですが、スランプの脱出や上達するキッカケは上半身が大きなカギを握っていることは間違いないと思います!

今回ご紹介する内容は、全員がハマってレベルアップできることが理想ですが、感覚の部分は受け取り方も人それぞれで、万人にハマることは残念ながらほとんどありません…

なので、あえて一つのことに対しても、色んな切り口でかつ、色んな表現の仕方えおしています。

その中で自分にハマりそうなものを探すのもよし!
僕のように吸収したものを片っ端から試してみてから自分に合うものを改良しながら取り入れるのもよし!
全部こなすつもりでとりあえずやるというのもよし!

いずれにしても、今回の内容を試す価値は間違い無くあると思います!

上手くハマってレベルアップできることが理想ですが、なかなかマッチさせることができなかったとしても、どこかを微調整することで、いきなりズバリでハマることだって十分ありえます!


それらを踏まえて、今回の内容をお楽しみ下さい!

では、早速いきましょう!


~目次~

第1章 小回り系種目の鍵は上体にあり!
第2章 小回りでローテーションしてしまう!
第3章 なぜ上手い人の上体は止まっているように「見える」のか?
第4章 ターン後半は、腰と上半身の逆回旋!
第5章 ターン前半は、上体を回す?回さない?
第6章 ストックワークで上体の動きをリードせよ!
最終章 まとめ



ここで、「いきなり出てきたけど、ナオキって誰やねん!?」という方のために、少しだけ僕について紹介します!

====================

▼ナオキのプロフィール

画像1

一応簡単に自己紹介しますと、
小学校2年でスキーをはじめ、そこから年に数回家族旅行で行く程度だったが、大学でスキーサークルへ入り、全力で検定合格を目指してスキーをするようになる。

基礎スキーを始めて3シーズン目でテクニカルに合格し、その後は今でも上達を目指して日々奮闘中。

現在、【職業・スキーヤーナオキ】として
自由に、そして全力でスキーをしながら生きることを夢にネットで活動しています!


▼メディア紹介

HP 俺の人生…スキーしかねぇ!!
Twitter @naokiski2018
Instagram @naokiski2019
Facebook 社会人スキーヤー ナオキ

お気軽にフォローして下さいね!^^


▼実績

テクニカルプライズ所持
スキー指導歴6年

テクニカル合格 10名
1級合格     15名
2級合格     多数(30名以上)


▼メルマガ配信中!

現在メルマガ登録者限定で、
『プライズ挑戦者へ贈るQ&A 16選』
を無料配布中!

画像2

メルマガ登録は、こちらの画像をクリックし、
ページに飛んでご登録下さい!

画像3

このページの最後に、僕からの熱いメッセージを掲載しました!
今回にメルマガ登録を見送ろうと思った方も、このメッセージだけでも見てくれると嬉しいです ^^

====================



第1章 小回り系種目の鍵は上体にあり!

ショートターンでは、特に上体についての注意がされることが多いです。

「谷側へ向けてしっかりキープ」
「ローテーションしないように」
「正しいストックワークをする」

こういった注意は皆さんもこれまでにされたことや聞いたことがあるのではないでしょうか?

僕自身もこれまで小回り系種目の方が苦手だったので、たくさん練習してきましたが、僕の場合は何か良い感覚を掴んだ時はいつも上半身がキッカケでした。

・ストックの付き方
・上半身の向き

そういった部分の試行錯誤で小回りを組み立ててきました。

これも人それぞれなので、
誰もがそうではありませんが間違いなく言えることは、

上半身の使い方一つで、
滑りが大きく変わる可能性を秘めている!

と、いうことなんです!

では、この上半身の使い方について、
以降で詳しく解説しましょう!

第2章 小回りでローテーションしてしまう!

特に小回りでよく聞く悩みが、

「上体が板と一緒に回ってしまう!」

というものです。

そんな小回りが苦手な人達に小回りをするときにじょう気を付けていることを聞いてみると...

決まって、

「上体を谷方向へキープする」

と答えが返ってきます。


ただ、それが間違っていると言うわけではありません。

小回りやコブにおいては、
「上体を谷方向へキープされている状態」
というのは間違ってはいないと思います。


では何が言いたいかというと、

問題なのは、

上体を常に谷側へ向けて【止めようとしている】こと

なんです!

つまり、“キープ”=“ストップ”の意味で捉えてしまっているんですね。


ここに上体がローテーションしてしまう原因があるのです。

上体を止めようとしているのに、回ってしまう。
不思議ですよね?笑

小回りのようにハイスピードの中で早いリズムで動くと、非常に強い遠心力がかかってきます。すると、上体を頑張って止めようと頑張っても、脚部の動きにどうしても上半身が釣られて同じ方向へ回ってしまいます。

これが、ローテーションが起きてしまうメカニズムなんです。

第3章 なぜ上手い人の上体は止まっているように「見える」のか?

まず、初めに覚えておいていただきたいことがあります。
上半身が谷側へキープされている状態というのは、ただの『現象』です。

僕はよく「現象」「動作」という言葉を説明で使うのですが、

『現象』とは、『動作』の結果であり、
 その状態に至るまでのキッカケ、つまり動きが必ずあるのです。

雑誌やDVDの表紙にあるようなカッコいい静止画も全て正しい運動の「現象」であり、その一瞬の部分だけをいきなり真似をしようとしても難しいということですね^^;

先程もお話ししたように、
小回りで点を落としてしまう人や、 上体がローテーションする人は、
『動作』=上体を谷へ向けて止めることだと認識してしまっているのですね。

と、いうことは、

上体は止まっているのではなく、動いている

ということになりますよね!

そう、

上体は動いているけど、
止まっているように見える!

これが答えです!

では、どのような『動作』なのか?
そこをこれから説明していこうと思います!


第4章 ターン後半は、腰と上半身の逆回旋?

この続きをみるには

この続き:5,071文字/画像2枚

【ショートターンの覚醒者続出!プロモーグル選手やレジェンド基礎スキー選手の教え】苦手なショートターンが爆発的に進化した上体の使い方をビデオを見ながら解説!

ナオキ@プライズの壁をぶっ壊せ!

750円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

♪(๑ᴖ◡ᴖ๑)♪
夢は【職業・スキーヤーナオキ】として生きること!そのためにネットで活動中の熱血スキーヤーです! 『プライズ挑戦者へ贈るQ&A 16選』を配布中!メルマガはコチラ▶︎https://bit.ly/32RffB7 HPもあります▶https://naokiski2109.com/
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。