見出し画像

ASD(自閉症・アスペルガー症候群)の言葉の独自な使い方とは?

隠れアスペルガーNAOKI

こんにちは!

ASDグレーゾーンのNAOKIです。

このnoteは、僕が就職活動を失敗して精神科に行って、ASDグレーゾーンと診断された事をきっかけに作った、アスペルガー・自閉症の情報を
発信するチャンネルです。

自分や周りの人がASDの方に向けてASDの情報を発信しますので、いいねボタンと押して頂くと嬉しいです!

今回のテーマは、
「ASDの独特な言葉の使い方」
についてです。

そもそもASDの言葉の使い方ってあるの?

まず、
「ASDの独特な使い方って本当にあるのか?」
についてお答えしたいと思います。

結論、あると思います。

なんでかって言うと、ASDの方は独特の特性を持っているんですね。

例えば、強いこだわりを持ったり、高い集中力を発揮したり、同じ事をひたすら繰り返すような特徴があります。

その特性が言葉遣いに反映されるからです。

ではASDの方はどういった言葉遣いをするのでしょうか?

そこで今回は、ASDの言葉の使い方を三つ紹介します!

ASDの言葉の使い方3選!

それでは早速紹介します!

ASDは〇〇を使う

まず一つ目は、専門用語をめっちゃ使う事です。

ASDの方は、人より本から色々勉強するので、専門用語を多く覚えています。

そして、その言葉を会話上に使うことがあります。

言い換えると、他人から難しいと思われる専門用語を連発する事があります。

例えば、ドラム好きなASDが、ドラムについて全くわからない人に対して、自分が好きな曲のドラムを説明するとしたら、

ASD「この曲のドラムは、Aメロはスネアのアクセント移動を使ったフィルインが多用されてんねんな!」

ASD「けど、Bメロになるとライドシンバルのカップをダブルストロークで叩いて、表現力をつけたフレーズになっているねん!」

みたいな感じで、ドラムについて全くわからない人に対しても、ドラムの専門用語で説明してしまう感じですね。

なんでこんな事が起こるのかというと、ASDの方は言葉を正確・慎重に扱うんですね。

その結果、専門用語で物事を説明してしまう事が起こります。

言葉をずっと〇〇する

二つ目の特徴は、同じ言葉を繰り返すと言う事です。

ASDは同じ言葉を、ずっと繰り返して使う傾向にあります。

言い換えると、一個好きな言葉が見つかったらその言葉をひたすら使う感じです。

自分の体験で恐縮なんですけど、僕は「アナロジー」と言う
単語がめっちゃ好きなんですね。

アナロジーとは、まだ深く知らない物事を、すでに知っている物に
当てはめて理解していく概念のことです。

例えば、初めてYoutubeをアナロジーを使って理解する時に、

「YoutubeってtwitterやFacebookみたいなSNSなんやなぁ。。。」

みたいな感じで、アナロジーは、自分が知っている物事を使って、新しい事を理解する方法の事です。

そして僕は、アナロジーと言う言葉にめっちゃはまったんですね笑

例えば、何かしら勉強する時に

「これどうやってアナロジーで理解しようかな」

「このアナロジーはあかんかったけど別のアナロジーはどうやろう?」

「あ、この問題アナロジーで理解しよ!」

みたいな感じで、頭の中で「アナロジー」という単語を連発するんですね。

しかも、勉強していない時でも、アナロジーという単語を何回も使うんですね笑

こんな感じでASDの方は、自分が好きな言葉を何回も言い回します。

なんでこの現象が起こってしまう加藤と、ASDの方は興味の偏りが激しいんですね。

なので、気にいらない言葉は全く使わないんですけど、一回ハマった言葉は
ずっと繰り返す傾向にあります。

このやり方で自分の意見を言う

三つ目の特徴は、自分の意見を率直に意見を言う事です。

これは言葉使いってよりかは言い方の問題ですが、ASDの方は自分の意見を
ストレートに言う特徴があります。

言い換えると、自分がちゃんと言おうと思ったことは、言葉を濁さずに
ちゃんと言うんですね。

例えば、人と意見が食い違った時があったとします。

そして、普通の人だったら、

「確かに〇〇さんが提案した方法の方が、正しい部分はあると思うねん。」

「けど僕が提案した方法の方が、こことここが効率的に進むから、いい方法だと思うねんけど、そこはどう思ってるん?」

みたいな感じで、相手の意見を認めて自分の意見を言うと思います。

一方、ASDの場合だったら、

「いや、それちょっと効率悪くない?」

「それやったら俺の提案の方がやり易ない?」

「正直〇〇さんの提案はちょっと効率悪いと思うわぁ。」

みたいな感じで、自分の意見をストレートに言うんですね。

なんでこれが起こるのかと言うと、ASDの方は白黒思考が激しい傾向になるんですね。

白黒思考とは何かというと、物事を0か100で捉える考え方の事です。

言い換えると、ものすごく極端で断定的な決断をしてしまう思考の事です。

そして、白黒思考になると、自分がダメと思った事をストレートにダメと思ってしまうんですね。

そしてASDの方は、白黒思考になり易いのと、持ち前の素直さが原因で、自分の意見をズバッと相手に言ってしまいます。

まとめ

はいこの文章の簡単なまとめです。

ASDの言葉の特徴は、

1.専門用語を多用する
2.同じ言葉を繰り返す
3.ストレートに意見を言う

といった特徴があります。

もしよろしければ参考にしてみてください!

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!