今日から本配属

「人と協奏曲を奏でたい」
「心が震える感動の瞬間を追いかけたい」
「チームだから生み出せる感動の瞬間を増やしたい」

こんな言葉を語って採ってもらった、
組織人事コンサルティングの会社。

初出社の4月1日、
採用関連の業務を行うグループ会社への出向を言い渡されました。

正直なところ、
同期が「コンサルしたかったのに、まじか…」とがっかりしてる中、
私は別にいいとも悪いとも思わなかった。
4年のとき半年くらいインターンで就活相談に乗りまくってたから
思ったことといえば「ああ、また学生面談するのか」って、そんくらい。

多分、コンサルでなきゃいけない理由って特になかったからだと思う。
この会社の思想や哲学が、そもそもそれを大事にするところが好きで、
人を大切にするから安心していられて、やってる事業が面白くて、ホームページがかっこいい。
面接では色々言ったけど、結局はそんな理由だからな。

別に仕事内容そのものに大したこだわりはなかったんだろう。
強いて言うなら、自分が扱うモノ・コトが好きで、自信を持って勧められるのなら、だれかと向かい合って深い話ができるのなら、それでいい。

リクルーティングか。何のために働こう、何を目標にしよう。

1週間かけて考えた結果、
二つでてきた。

一つは、
「全力で向き合うことの正義を証明する」
「採用という切り口から、人の人生を軽く扱う組織を撲滅させる」
「採用市場における成果主義を変える」
「成果のための学生面談→向き合った結果の成果」
「人材業界のモラルの低さを叩き直す」

これだ!!
て言葉がでてこないんだけど、とにかく新卒採用業界にメスを入れたい。

中途半端な気持ちで学生に適当なこと言わないでほしい。
成果のために学生の時間を奪わないでほしい。
向き合うって決めたなら、絶対に妥協しないでほしい。

これはあらゆる新卒業界に携わる人への言葉であり、過去の自分への言葉だ。

私は就活を終えてから半年間、新卒採用系の会社でインターンしていた。
業務内容は、企業さんと学生を繋ぐ、マッチングイベントの運営と面談。

事業責任者という役割を与えられ、メンバー集めも、面談も、イベント準備も、運営も、責任者とのミーティングも、営業同行も、ありとあらゆることをやった。イベント頻度は1週間に最低1回、多くて2回。メンバーは辞めていき、私は起きてる時間ほぼ全てこれに捧げてげっそりしていった。

「売上目標達成するためにイベント回数10増やすぞ」
「つべこべ言わず1日10件面談やれ」
「言うこと聞かないお前はスタンスが悪い」
「逃げんな、お前はズルい」
「そんなんで社会人絶対苦労するよ」
人ってネガティブなことはめちゃくちゃ覚えてるんだな。
あーいわれたこーいわれたって言うのは、いっくらでも出てくる。
しょうもないね。

過去のことをぐずぐず愚痴りたいわけじゃないんだ。危ない。
私は自分の中にある違和感を後回しにし、成果を出せないからって反発することもできず、上司の言葉にいちいち落ちこんで、一緒になって学生を少しでも「質」と「量」で捉えてしまってた。

そんな自分にリベンジがしたい。

新卒採用の事業をやるのなら、成果がほしいがために掛け替えのない「人」の人生を軽々しく扱って欲しくない

そんな会社のサービス、安いからって利用して欲しくない。

学生と向き合う姿勢を絶対に崩ないまま、成果を出す。
新卒業界のモラル感を変える。
提携企業を、採用を通して人を大切にする会社にする。

リンクアイをそういうブランドに引き上げる
(現状あんまりわかんないけど)

長くなったけどもう一つは、
人を無条件に愛せる人になること。
美しいものを作りたいんだけど、よく考えたらそこには必ず誰かの誰かに対する愛があるなあと思って。
作りたいんだったらまず自分が人を愛せる人にならないと。何もはじまらない

そう考えてるうちにリンクアイってめっちゃいいんじゃないかと思えてきた。
同期は最高。
社員のみんなも歓迎メールを新人8人に向けて送ってくれる、素敵な人ばかり。

やるっきゃない


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
3
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。