見出し画像

赤ちゃんが握りしめているもの

娘を産んで、退院した時に、父の弟夫婦が来ていました。

その弟夫婦の妻である私にとってはお姉さんと呼んでいる人が、こんな話をしてくれました。

赤ちゃんってその手に、希望や夢を握りしめて生まれてくる。落とさないように、失わないようにしっかり握って生まれてくる。そして、生まれた瞬間に、握っていた手を開いたときその夢や希望が、手から離れて飛び散っていく。そして、その自分の手から飛んで行った夢や希望をこの世界で探して、もう一度手にするために、人は生きている。

これを聞いたとき、なんだか心がジーンとしました。

娘は、この世界に産まれるまでどんなものを握りしめていたんだろう。

そして、何を手にするんだろう。その手助けを私はできるんだろうか・・と。

生後3か月の娘は、どんどん成長し、手もグーではなく、パーと開くことが多くなりました。

どんどん手放して、

どんどん成長を手に入れている娘。

娘を見ていると、私は何をしにこの世界に産まれたんだろうと、私自身が考えさせられます。

誰しも、使命があると思うのですが、それに気付けるか。

気づいて、この世界で全うできるか、なのだと最近の娘を見ていて思ったこと。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

嬉しくて言葉にできません。
ベンチャー起業家妻のパワースポット的生き方|こよなく愛するもの:娘、主人、かりんとう、お酒、一人遊び|生きるパワースポットブログはこちら⇨http://kokoro1111kibounohikari.jp |このブログが誰かの人生を笑顔にするきっかけとなれば嬉しいです。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。