新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として 厚生労働省 首相官邸 のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

今年はライブに行けないので、

コロナウイルスの影響で我慢の年になりそうなので、ここ1年で行ったライブを時系列でまとめてみる。伝えられないことばかりなので感想は短め。

【2019.2.10 ビッケブランカ @Zepp Tokyo】

ドラマ主題歌の「まっしろ」で有名になったビッケブランカさん。その少し前から、まっしろとは雰囲気が異なる裏声を使ったポップな音楽に惹かれて聴いていた。“ビッケバンド”の方々と楽しそうに、また目立ちたがり屋な彼の性格も前面に出している魅力的なライブだった。

【2019.3.3 King Gnu @新木場Studio Coast】

昨年はなんといってもキングヌー飛躍の年だった。彼らを初めて見たこの日のことは一生忘れないと思う。まさに“鬼才集団”だった。
「Tokyo Rendez-Vous」の1曲だけ動画撮影の許可が出た。ずっと宝物として残しておくつもり。

【2019.4.21 back number @静岡エコパアリーナ】

音楽に興味を持つきっかけになった私の原点であるback numberのライブツアーには毎年行っている。この年はアルバム「MAGIC」をリリースした。ライブハウス時代からツアーに行っているのだけど、毎年演出が豪華になっていくことや年齢層が広がっていくことが心の底から嬉しい。大袈裟だけど、私はこのバンドに会うために生きているんだ!と毎回思わせてくれる。

【2019.5.3 back number @長野ビッグハット】

またまた短期間でのback number。
何度でも会いに行きたくなってしまう。

【2019.9.1 SWEET LOVE SHOWER2019
@山中湖交流プラザきらら】

この年のラブシャではマカロニえんぴつ、Aimer、キングヌー、髭男、Tempalay、アジカン等を見た。
印象に残っているのはTempalayで、彼らも観客も自由に踊っていた。音に酔う という感じ。

【2019.11.16 King Gnu @Zepp DiverCity Tokyo】

初めての1人ライブ。まだタイトルも知らなかった新曲の数々に熱量が上がった。

【2019.12.1 SWEET LOVE SHOWER 2019 BayArea @新木場StudioCoast】

出演アーティストはnever young beach、Tempalay、TENDREさん、STUTSさん、KID FRESINOさん、折坂悠太さんなど。今までバンドばかり聴いていた私の音楽ジャンルを確実に広められたライブ。
余談だけどAAAMYYYちゃんは天才!

【2020.2.22 Aimer @東京国際フォーラム】

昔からAimerさんの世界観が好きで、ワンマンは3年ぶりだった。暗めの曲とCDジャケットに惹かれる。幼いながらにして一度声を失うが、その後あのハスキーボイスが生まれたのだと思うと本当に尊い。

大好きな音楽に直接触れられる日常はとても幸せで、今月も本来だったらライブの予定があった。今アーティストの方々に対してできる事は曲を聴く事くらいだけれど、こんな日々だからこそ音楽に救われる。
また、沢山のライブに行けますように。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

スキです🌙
26
つらつらと。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。