見出し画像

【蠱毒杯】初めて仲間大会に参加しました【毒統一杯】

10月は9月の毒統一パーティでマスターボール級に行けた満足感であんまりポケモンが手につかず、ギリギリになってマスターボール級くらいには帰りたい、とやりましたが惨敗続きでハイパーボール級止まりでした。

そして迎えた11月の新シーズン、旧作のポケモンたちがランクマに帰ってきて、毒ポケモンも増えて念願の飛行複合のクロバット、地面複合のニドキング・ニドクイン、岩複合のウツロイド、竜複合のアーゴヨンと強化されるな!と思っていました。

が、ウツロイドとアーゴヨンは強すぎて毒統一以外でも使用率ランキングで10位以内と、私のパーティコンセプトから外れるという…あと物理枠として期待したニドキングがダストシュートを覚えないという悲しみも相まって、外来種ひしめくランクマッチを生き延びられそうにない…と諦めてました。

そんな中、毒統一で戦われているぎんざる氏(@_doku_doku_)が毒統一の仲間大会を開催されるとのことで、恐れながら参加させてもらおうと、対毒ポケモン用の毒統一ポケモン構築を考えて参加させてもらいました。

11/22の21:00~23:00で開催された毒統一杯【蠱毒杯】に参加したパーティをメモで残しておこうかと思います。


パーティとコンセプト

画像2

いつも通りですが、上位をメタりたい構成です。
強くて使用率が高いと予想したウツロイド、アーゴヨン、ニドキングあたりをメタりたい!とそれ以外で組みました。と言ってもその3匹をそもそも持ってないんですけど…

あと皆使わなさそうなものを!と思ったのですが、試合後の使用率を見たらそこまで低くなかったのでそこはちょっと読みが悪かったというか、私が気付いた運用は他の人も気付いてるものだという発想が足りていませんでしたね…


ドラピオン

画像3

※ポケモン図鑑(https://zukan.pokemon.co.jp/)より引用

性格:ようき(C↓S↑)
特性:カブトアーマー
持ち物:【シュカのみ】
努力値:175(236)-122(92)-130-xx-95-151(180)
技:【はたきおとす】【じしん】【ちょうはつ】【こわいかお】

毒統一のエスパー弱点を切る、積み技を止める、そこそこのSで上をとって相手の行動を止める、となくてはならないメンツでした。

努力値振りはSは最速ニドキング抜き調整、Hは16n-1、残りはAに振った感じです。

ただ技が最後まで悩んで、とりあえず入れてた【こわいかお】にしてましたが、大人しく【がんせきふうじ】にしておけばクロバット相手にも仕事できたのになーと…

採用率は同率3位。相手が積んできそうだったり、ヤドキング・ヤドランがいる時には引っ張ってきましたが、後ろのマタドガスと若干被るところがあったのでそこの取り合いがありました。毎回出たら仕事はしてくれましたんですけどね。


・【はたきおとす】→言わずもがな、相手の道具を潰すのと、一致火力。

・【じしん】→毒相手に通りのいい地面技。主力。

・【ちょうはつ】→積み技や変化技を撃ってくる相手用に。ただ相手の方がわからないのが結構いて、これを撃ったことで1発分多く殴られることもありました。

・【こわいかお】→最後まで悩んで、入れてたけどほぼ使わなかった技です。1回だけ撃ったけど逃げられて結局ダメだったので…


持ち物

1発耐えてニドキングを落とすのが目的なので、【シュカのみ】にしました。ニドキング以外にも弱点が地面だけなので、これで1発耐えてくれるのはありがたかったです。


戦い方のメモ

【ちょうはつ】で変化技を止める以外には、最速ニドキングに対して確実に上を取り、【はたきおとす】を1発入れて【じしん】で倒すための構築です。相手が【こだわりスカーフ】でも1発耐えられるので勝てる構築…ですが、私は当たらなかったものの【こらえる】【イバンのみ】とかいたらしくて怖かったなと…


マタドガス

画像4

※ポケモン図鑑(https://zukan.pokemon.co.jp/)より引用

性格:ずぶとい(A↓B↑)
特性:ふゆう
持ち物:【オボンのみ】
努力値:161(164)-xx-154-136(250)-100(76)-83(20)
技:【シャドーボール】【クリアスモッグ】【ちょうはつ】【いたみわけ】

相手の地面技を空かす、物理を受ける、積み技をリセットしたり止めたり、と色々出来るようにした結果半端になってしまった感も…反省。

努力値振りはHPを16n+1、Sは同速で抜けるようにちょっと多め、D調整の残りC多め。D振りは【いのちのたま】ニドキングの【れいとうビーム】とかの確数を微妙にずらせるってのだったと思いますが、実際一度ダイマックス時の【ダイサンダー】を2発耐えられたので、振っててよかったと思います。

選出率は同率3位。物理とわかっている相手があんまりいなかったのですが、ペンドラーとニドキングが見えた時は基本選んでました。一度2体目のペンドラー相手に出して【ダイアース】を空かしたら降参された事があったり、ニドキングと壮絶な殴り合いをして耐えて落ちたり、ヤドキングの積みを止めて下がらせたりと思った以上に働いてくれました。

原種なのは【バトンタッチ】型ペンドラーに後投げする時、ガラルだと【ダイスチル】が抜群で耐えられないからですが、ドラピオン相手に悪を半減出来る、アーゴヨンの竜技を無効出来る、とあっちはあっちで利点はあったのですよね。


・【シャドーボール】→色んなやつに通りがいい【サイケこうせん】と悩みましたが、そっちだとドラピオンに手がなくなるのと、ヤドラン・ヤドキング相手に火力を出すためにこちらに。

・【クリアスモッグ】→積み技リセット用。【くろいきり】ではないのは【きあいのタスキ】が潰せるのと、【シャドーボール】を止められた時にこっちも一応殴れるからです。

・【ちょうはつ】→意外にも覚えてくれた技。流石に悟られないのか、ヤドラン・ヤドキングにはかなり刺さりました。

・【いたみわけ】→回復用に使ってましたが、【オボンのみ】と若干相性が悪かったかなと。微妙にダメージを与える技としても使えました。

他には火傷狙いで【おにび】とかもありだったかもしれません。


持ち物

【いのちのたま】ニドキング調整で【オボンのみ】でしたが、混乱実や【くろいヘドロ】でも良かったのかなーとやってて思いました。


戦い方のメモ

メインで見てたのは【バトンタッチ】型ペンドラー。止められるのがほぼこの子しかいないので、ペンドラーを見たらとりあえず後投げしても耐えられる調整で、【いたみわけ】→【クリアスモッグ】を撃つ構成にしてました。

あとはニドキングに後投げして地面を空かして頑張ったり、積んできそうなヤドラン・ヤドキングに後投げして上から【クリアスモッグ】【ちょうはつ】を入れる想定でした。


ヤドキング

画像5

『ポケットモンスター ソード・シールド エキスパンションパス』公式サイト(https://www.pokemon.co.jp/ex/sword_shield_expansion/)より引用

性格:ひかえめ(A↓C↑)
特性:さいせいりょく
持ち物:【こだわりメガネ】
努力値:195(200)-xx-101(4)-178(252)-130-57(52)
技:【サイコキネシス】【サイコショック】【マッドショット】【なまける】

対毒タイプ期待の星、エスパー複合の新ポケモン(リージョンフォーム)。
ステータスも特攻・特防が高く、特殊が多い今回の大会ではかなり活躍してくれると期待していました。

しかし実際には使用率は8位で、ヤドランの6位に負けていて意外と使われなかったのかなーと。火力は出るんですが、思った以上に弱点を突かれて大ダメージをもらってしまって、みんな対策立ててきてるんだなと…

努力値振りはCぶっぱ、Sは4振りドヒドイデ抜き抜き調整、残りはHで端数B。でも流石にドヒドイデが1回しか見ませんでしたし出てこなかったし、同種対決も1回だけだったのでどれだけ効いていたのかは不明です。

選出率は1位でした。でもあんまり活躍させてあげられなかったのが残念。素晴らしい火力と特性を活かしてあげられなかったので、単に回し方がわかってなかったかなと…


・【サイコキネシス】→エスパー一致特殊技。【こだわりメガネ】と相まって凄まじい火力を出せる。

・【サイコショック】→エスパー一致特殊技。相手のBを参照するため、Dが高い相手に対して効果絶大。

・【マッドショット】→地面技。これがないとドラピオン相手に詰むので…【ダイアース】でDをあげられるのもありがたい。

・【なまける】→この枠は悩んだのですが、【ダイウォール】出来るようにと特殊技。【はたきおとす】をされた時に撃ててもいいかなと。後々【トリック】あたりにしてもよかったかなーと気付きました。


持ち物

最大火力を出すために【こだわりメガネ】。なので基本ダイマックスしないで戦う想定です。ただDはかなり高いので、1発は耐えて落とせるかな、という感じです。


戦い方のメモ

・ウツロイドには【サイコショック】がダイマックスされてもHB無振りで8割の高乱数1

・アーゴヨンには【サイコキネシス】がダイマックスされてもH4振りで8割の高乱数1

という感じだったので、1発耐えて当てて、落としそこねたら裏の先制技持ちに頑張ってもらおう、という感じでした。でもこの対面にほぼならなかったので…


ドククラゲ

画像6

※ポケモン図鑑(https://zukan.pokemon.co.jp/)より引用

性格:しんちょう(C↓D↑)
特性:クリアボディ
持ち物:【とつげきチョッキ】
努力値:183(220)-91(4)-87(12)-90-183(212)-128(60)
技:【たきのぼり】【れいとうビーム】【こうそくスピン】【ミラーコート】

うちのエースというか受けの要、先発要員のドククラゲ。元祖クラゲ型毒ポケモンの意地を見せたい!と思って色々考えて、ウツロイド、アーゴヨン、ついでにニドキングあたりをメタったらこんな感じになりました。

努力値振りはS1段階上昇時に最速アーゴヨン抜き、HBは【いのちのたま】持ちウツロイドの【サイコショック】確定耐え調整、Dはあまりぶっぱに端数Aという振り方です。

完成したところで「これ本当に強いの?ってか動くの…?」って苦悩しましたが、実際出してみたらわかってる人以外にはめっちゃささって仕事してくれて、本来の用途じゃない使い方してた技も役立ってくれてよかったです。

特性が【クリアボディ】なのは【アシッドボム】などの警戒でしたが、撃ってくる相手はいませんでした。そして【ヘドロえき】警戒で【やどりぎのタネ】は撃たれないと思ってたのに、初戦で撃たれて相手の胆力に度肝を抜かれました。【ヘドロえき】でよかったかも…

選出率は2位。出た時は基本先発でした。ただ相手との初手読みがかなりわからなくて、あっさりやられてしまったこともあって、毒統一の難しさを感じました。


・【たきのぼり】→何より意表がつける水一致物理技。ウツロイド、エンニュート、ニドクイン、ニドキング辺りに刺さる技です。Sで抜いたら怯みも狙える優秀な技。

・【れいとうビーム】→対アーゴヨン用。ワンチャン凍ってくれないかな枠。あとフシギバナとクロバットにも抜群でしたが、前者は火力不足で、後者はS負けで不十分でした…

・【こうそくスピン】→この構築の要技。【ステルスロック】を弾いてSあげて逆転させて上から殴って勝つ、というために入ってましたが、一度も【ステルスロック】を撃たれず、【やどりぎのタネ】を弾いたり、純粋にSを上げる用になっていました。

・【ミラーコート】→大抵の特殊技は耐えるので、ウツロイド、アーゴヨン、ニドキング辺りに跳ね返すために入れてました。問題はDが上がりすぎて威力が下がってしまうこと…


持ち物

特殊技を片っ端から受けられるようにと【とつげきチョッキ】。半端ないDでわかってない相手からの攻撃を受けきって反撃で落としてました。


戦い方のメモ

ウツロイドの【ステルスロック】に合わせて【こうそくスピン】して、上をとって【たきのぼり】で倒す、と思ってたのですが、【ステルスロック】を撃ってくるウツロイドにあたりませんでしたし、わかってる人は【メテオビーム】→【サイコショック】で普通に落として来たという…世知辛い。

【メテオビーム】を【ミラーコート】してもなまじDが高すぎるので相手が落ちないので、後ろの先制持ちに任せるようにしてました。

ただ噛み合ったアーゴヨンは【こうそくスピン】と【れいとうビーム】で完封したり、ニドキングも【ミラーコート】で落としたりと、噛み合う相手には滅法強かったです。


ドクロッグ

画像7

性格:いじっぱり(A↑、C↓)
特性:かんそうはだ
持ち物:【きあいのタスキ】
努力値:168(76)-173(252)-85-88-85-128(180)
技:【とびはねる】【じしん】【カウンター】【バレットパンチ】

お気に入りなので入れたい、と思って入れたドクロッグ。

【きあいのタスキ】で耐えて1発【じしん】を入れたり、もしもの物理相手に【カウンター】を決めて落とせるように、という役割と、初手ドククラゲが微妙に残した相手に【バレットパンチ】で止めを刺す役割でした。

努力値振りはAぶっぱ、S1段階上昇で最速アーゴヨン抜き、残りHです。

選出率は僅差で6位。他の対処で枠が取られてあんまり出す機会がありませんでした。もう1体似た役割の子もいたので、そこで若干被っていたのも…環境が悪かった感。


・【とびはねる】→滅多にしないけどダイマックス時の【ダイジェット】でS上げ用。あとは1発【きあいのタスキ】で耐えてダイマックスを枯らせる用。麻痺ったら更に美味しい。

・【じしん】→物理地面技。毒ポケモン中最高のAの火力…なのですが、実際はタイプ一致の暴力でニドキングに負ける悲しみ。

・【カウンター】→物理用。バトン後に残ったペンドラー、ドクロッグミラー想定でしたが、実際撃ったのは物理ニドキング。そして相手もタスキで【ふいうち】で負けるという…

・【バレットパンチ】→ウツロイド相手に抜群が取れる先制技。打ち漏らしの止め用。あとガラルマタドガス辺りにもと思ったのですが、撃つ機会がありませんでした。


持ち物

一発耐えて何かするように【きあいのタスキ】です。


戦い方のメモ

ドククラゲが削って残ったウツロイドを【バレットパンチ】で落としたり、アーゴヨン相手に1発耐えて【じしん】を入れて後続で確実に落とせるようにしたり、というのが想定してた戦い方でした。


ハリーセン

画像8

※ポケモン図鑑(https://zukan.pokemon.co.jp/)より引用

性格:いじっぱり(A↑、C↓)
特性:すいすい
持ち物:【いのちのたま】
努力値:143(20)-161(252)-106(4)-67-82(52)-128(180)
技:【たきのぼり】【アクアジェット】【スケイルショット】【とびはねる】

最後の1体どうしようかな、と考えてて、お気に入りのシルヴァディと悩みましたが、思った以上に動けそう?と思ってこちらを選んでみました。

努力値振りはAぶっぱ、S1段階上昇で最速アーゴヨン抜き、HDがウツロイドやらニドキングやらの攻撃をギリギリ耐える調整、端数Bです。

撃ち漏らしを【アクアジェット】で落とす役割と、自分でダイマックスして【ダイジェット】で雨を降らせて全抜き、アーゴヨン相手に【スケイルショット】を撃つ役割で考えてました。

採用率は僅差で5位。ドクロッグと同じく、他の対処で枠が取られてあんまり出す機会がありませんでした。暴れだすと手がつけられない子ではあったと思うのですが、始動の前に落とされかねないのが難しい子でした。


・【たきのぼり】→一致水技。上をとったら怯みも狙える優秀な技。

・【アクアジェット】→一致水先制技。撃ち漏らし用。

・【スケイルショット】→もっぱら対アーゴヨンへの【ダイドラグーン】用想定。普通に撃ってもBダウンSアップなので、これでS上げもありだったかも…でも撃つ機会がなかったやつ。

・【とびはねる】→もっぱらダイマックス時の【ダイジェット】用。【かんそうはだ】ドクロッグが出てきたらと思いましたが、そうなったら多分【カウンター】が飛んでくるので…


持ち物

火力を少しでも出すために【いのちのたま】を持たせてます。最初は【たつじんのおび】でしたが、等倍相手にも水でゴリ押し出来るようにこちらに。


戦い方のメモ

ドククラゲが削って残ったウツロイドを【アクアジェット】で落としたり、ダイマックスして相手の攻撃を1発耐えて、【ダイストリーム】からの全抜きを狙ってましたが、うまく動かず…

ちなみに【ダイドラグーン】でH4ダイマックスアーゴヨンは7.5~8.8割しか削れないので、もう1打必要という事実。微妙にちょっと足りてない。


参考までに使用ポケモンの今大会の使用率順位(36体中)

・ドラピオン:2位
・マタドガス原種:16位
・ヤドキング:8位
・ドククラゲ:18位
・ドクロッグ:20位
・ハリーセン:15位


大会結果

画像9

5勝9敗で96人中76位という結果でした。

ノーマークだったクロバットがかなり強くて、【さいみんじゅつ】を警戒してましたが普通に【ブレイブバード】で押し切られてしまいました。

あとフシギバナも普通に固くて、特に耐久型が落とすのが辛かったです。ドククラゲに【やどりぎのタネ】を投げて来られたのも予想外でしたし…

そして一番意外というか、相手にして辛かったのがドラピオン。アーゴヨンやウツロイド、ニドキングなど特殊の強いやつで上から押し切れば楽々、だったんでしょうかうちにはどれもいなくてかなり辛かったです。

反省点としてはもうちょっと中堅どころ?というかノーマークだった辺りの対策が出来るポケモンも考えておくべきだったなと…単純にランクマ上位にいるからみんな使うだろうは軽率でしたね。それ以外に突っ切られると普通に負けるパーティでした…


結果としては負け越しでしたが、ドククラゲがはまってくれる相手には勝てて大満足だったり、100人近い人数が集まった大きな大会でワイワイやれたのは非常に楽しくて満足でした。

改めまして、主催のぎんざる氏、参加された方、対戦してくださった方、皆様ありがとうございました。そしてお疲れ様でした。楽しい時間をありがとうございました。

またいつか毒統一杯で戦えることをお祈りしています。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
2
趣味のこと、ゲームとか映画とか漫画とか、そういうのを徒然と書いていくかも