見出し画像

益子陶器市に行ってきました

実はかなりのうつわ好きなんですけど、今年、栃木県益子町で毎年開催される「益子陶器市」に行ってきました。

画像1

画像5

画像6

益子陶器市へ行くのは今回が3回目。初めて行ったのは関東に住んでいた3年前で、周囲にうつわ好きがいなかったため1人で高速バスに乗って向かいました。

高速バスは秋葉原から出るんですが、ネットの情報によると朝5時半くらいに行かないと第一便には乗れないとのこと。律儀に朝5時半着で秋葉原に着き、コンビニで買ったコーヒーとパンをお供に寒空の下で凍えながらバスを待っていたのも良い思い出…。まぁそんだけ早く行ったので順番は二番目、無事第一便に乗り向かうことが出来ました。

2回目は東京を離れ関西に戻ってから彼と。大阪から新幹線を乗り継ぎ、ローカル電車に乗って向かいました。電車で行くのは結構大変だった。

そして今回も関西から。関西から益子陶器市のためだけに行くってどんだけやねん、と自分でも思いつつも、やっぱり行きたくなる益子。今回は東京まで夜行バスで行き、東京から友人とレンタカーを借りて行きました。車、楽だったぁ。

わたしはうつわの中でも、益子焼のような陶器が好きで。

最近気付いたことは、少し暗い色味のうつわに惹かれがちということ。初めて行ったときにバスの窓から見つけて一目惚れし、迷わず購入した今井律湖さんのうつわも、その無骨さと色味が大好き。

この右中央に写っている丸皿の白と黒です。

余談ですが今井律湖さんのうつわ、ほんと運命的な出会いでした。何を買うにも優柔不断なのに、この時は即決だった。

うつわって言ってしまえばよく似たデザインのものはたくさんあるけれど、本当にほしい!!と思えるものはなかなかなくて、だからそう思えたときは迷わず買おう、と決めた瞬間でした。

今回買ったのは、伊藤叔潔さんのうつわ。独特の色味と質感、ひとつひとつ違う色ムラに惹かれて、オーバル皿と小皿を購入。

画像2

伊藤さん、高校を出てからやりたいことが特になく、レストランの面接に行ったらなぜか窯元を紹介され陶芸家の道を歩んだ、という面白い経歴のある方みたい。陶器市のブースで接客してくださった奥さん(と思われる方)もすごく穏やかな方でした。


それから佐々木恒子さんの醤油皿。去年行ったときにも佐々木さんの小皿を買ったんだけれど、マットな質感と他にはない薄さが好きで、今年も選びました。小さい一輪挿しも可愛くて好きです。

陶器市では大人気の作家さんが何人かおられて、そういった方のブースは徹夜して並んだり、整理券方式になっていたりと手に入れるにはかなりの狭き門らしい。今回も、朝7時には益子に向かったけれど既に満車の駐車場がいくつかあったなぁ。みんなすごい。

たしかにすごく可愛いうつわだなぁと思うけれど、わたしは特にお目当ての作家さんは決めずに買いに行きます。今回は大皿を、とか、お豆腐を入れる小皿を、くらいは考えるけど。

陶器市には駆け出しの作家さんもたくさん出品されているので、そういう方を知れるのもたのしいなぁと思う。たくさん気になる方がいたので、また次回に。

画像3

お気に入りのうつわがあると、料理も楽しくなるねぇ。大した見栄えの料理はできないけど、それもうつわが補ってくれる気がする。笑

我が家にはお気に入りのうつわたちがいるので、気が向いたらまた紹介します。٩( 'ω' )و 

画像4


この記事が参加している募集

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

99
暇つぶしのお供にどうぞ

コメント4件

とても素敵ですね…!!私も器、好きです…といいつつ眺めるばかりなのですが…。蚤の市など行ってみたいです。暗めのお皿だと乗せているものの色がパキッと見えていいですよね。苺とか並べたくなります。(*ˊᵕˋ*)
にんにさん
コメントありがとうございます✨蚤の市もすごく楽しいですよね!陶器市だとお店で買うより少しお安かったりするのでおすすめです🙆‍♀️あとは自分の料理の腕を磨かないと…です笑
こんにちは。私も陶器好きで益子にも行っていました。最近行けてなかったので、また行きたい気持ちがむくむくと膨らんできました!お写真もとっても素敵です!
すずらんさん
コメントありがとうございます😊写真も見ていただけて嬉しいです!
益子、とっても良いですよね!すずらんさんもまたぜひ行ってみてください〜✨
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。