見出し画像

私をぎゅっと抱きしめて

 ここは人間とぬいぐるみが共に生きる街、ドリーミング・シティ。
 いつもは明るいこの街も、あいにくの大雨によっていつもとは違う、暗い雰囲気が覆っていた。濃い雨でぼんやりと光る広告群が睥睨する中、黒いブルゾンを着た少女が走っていた。
 腕に抱えられた白いユニコーンのぬいぐるみが、持ち主の少女を不安そうに見上げる。
 その時、正面を三体の黒い熊のぬいぐるみが行く手をふさぐ。右足首には『BLACKBEAR』のタグが付けられていた。
「その『ノータグ』は違法です。すぐに明け渡してください」
 三体の熊は息の合った動きで、右手から鋭く光る爪を引き出した。
 かばうように後ずさる少女、瞬間、熊たちが飛ぶ。

 そして、その三つの首がきれいに刈り取られた。

 少女の横から飛び出したそれは、着地して抜き放った刀を納めると、少女の方を振り返った。

 そのぬいぐるみは、鋭い目をした、うさぎのぬいぐるみだった。

【続く】

#逆噴射プラクティス #小説 #ぬいぐるみ #ファンタジー

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
なんてこった! まさか「スキ」だなんて!
13
ワナビ症候群の小説家もどきです。主にSFを書いてます。最近はガーディアンやったりテンノになったりして宇宙の均衡を守ったりもしてます。でもちゃんと小説も書いてるよ! 本当だよ!

こちらでもピックアップされています

逆噴射小説大賞2018:エントリー作品収集
逆噴射小説大賞2018:エントリー作品収集
  • 1857本

「逆噴射小説大賞」とは、ダイハードテイルズ出版局が主催し、社会派コラムニストの逆噴射聡一郎先生が審査員に加わる、コンテンポラリーで由緒あるパルプ小説大賞です。今回の本文文字制限は400文字以内です。しかしこれは「400文字以内で物語を完結すること」という意味ではなく「小説の冒頭部400文字で応募する」という意味です。つまり「この続きを読みたいと思わせる、最もエキサイティングなパルプ小説の冒頭400文字」を表現した作品が大賞を受賞し、その応募者は大賞の栄誉とともにCORONAビール1カートン(24本入り)を獲得できます。 応募要項:https://diehardtales.com/n/nfce422e0faef

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。