見出し画像

読まれるコンテンツの作り方

こんにちは、ななうみです。
技術書典7というイベントで、「読まれるコンテンツの作り方」という同人誌を頒布したので、noteでも有料記事として販売します。本やブログに限らずコンテンツを作る多くの人に読んでもらえると嬉しいな〜と思います。

読まれるコンテンツの作り方ってどんな本?

本書は、コンテンツが読まれるために必要なポイントを3つに分けて考えています。そして、そのポイントそれぞれに制作物としての対処法をまとめたTIPS集となっています。

その3つのポイントがこちらです。()内はおおよそのフェーズ。
・興味を持つきっかけがある(コンテンツに接触した時)
・読む前に好印象になっている(コンテンツを手に取った時)
・読んでいる時に内容が伝わる(コンテンツを入手した後)

イラスト多め、解説少なめの構成でサクッと読むことができますが、十分に実践的な内容になっているかと思います。また、くどい解説や長文での説明をしていないので、コンテンツを作った際のチェックリスト的にも利用いただくことができます。
本の制作や、ブログ、ライティング作業などさまざまなシーンで応用の効くTIPS集です。

本編内容

この続きをみるには

この続き:151文字/画像19枚

読まれるコンテンツの作り方

ななうみ

500円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

よろしければサポートお願いいたします〜新たな挑戦の種にしつつ、結果や知見をアウトプットしていきたいと思っています。

スキありがとうございます!\(^o^)/
3
フリーランスのデザイナー。310LLP代表。 Webサイトやアプリ、ロゴを作っています。プライベートでは同人誌の作成やデザインもやっています。 最近、多趣味すぎて収拾がつかなくなっているので、少し精査したいと思っています。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。