見出し画像

仕事で必要な「伝える力」はリアルで学ぶ


人に何かを頼む時、「依頼する側」のスキルも必要だ。
 

そう感じたのは、私が広報になり「依頼する」ことが多くなってからです。

今までデザイナーアシスタントというポジションでしたので「依頼される」ことが多く、比較的「受け身」なコミュニケーションが多めでした。

 

しかし去年から広報になり、人に自分の考えを伝えることが多くなりました。

常に自分の頭の中のイメージを「表現」することが必要で、人に「伝える」ことが仕事と言えます。

もともと、言葉で伝えることが苦手なタイプなので、今でも常に試行錯誤しています。(今の自分の伝え方がベストではないので、永遠の課題かもしれません)

 

今回は、私の仕事を通して「社内コミュニケーション」や、一緒に働く仲間への「伝え方」を考える回になればいいなと思います。

 

はじめに
主に、私が人に「伝える」という場面は3つあります。

デザインなど制作物を依頼する時
企画ミーティングで意見を言う時
広報物について社内で共有する時
どれも私の仕事で頻発するコミュニケーションであり、「伝え方」の工夫が必要な場面です。

今回は「デザインなど制作物を依頼する時」について掘り下げたいと思います。

(デザインは外注ではなく、社内のデザイナーへの依頼です)

 

依頼する時、何を意識する?
販促物(チラシ、バナー、広告画像、ロゴなど)をデザイナーにお願いすることはとても多く、やろうとしている広報宣伝の意図をちゃんと「伝える」必要があります。

 

特に最初の情報共有の段階を私は大切にしています。 理由は、その方が制作がスムーズに進むからです。

いくらスピーディに企画をして制作を依頼しても、情報共有が雑だと、依頼者と制作側のズレが生じます。結果、時間がかかってしまうのです。

 

そのため制作前に、デザイナーが知っておきたいであろう「最低限の情報」を伝えます。その情報が抜け落ちると「デザインの目的」が分からなくなるのではないかと思うからです。

 

デザイナーアシスタント時代、自分の解釈でなんとなく進めたデザインは修正が多かったように思います。それは「自分の解釈」で進めたことが原因で、「目的」を持ってデザインすれば起こらなかったことかもしれない。と、今なら思います。

 

私にとってデザインを依頼されていたアシスタント時代の経験は、広報に役立っているなと感じることが多いです。

 

私が制作物の依頼で最低限伝える内容 
要素(テキストや入れたい画像のイメージ)
コンセプト
ターゲット
一番伝えたいこと(何を目立たせたいか)
イメージに合った言葉(例:明るく、優しい、華やかなど)
イメージと違う言葉(例:暗い、エネルギッシュ、やる気満々)
見た人に与えたい印象(例:面白そう、楽しそう)
制作物の利用用途と目的
 

情報共有のツール
情報は、メモ帳アプリに書く・手書きのワイヤーフレーム・簡単な企画書形式にするなど、時と場合によっていくつかの形式で共有します。

よく使っているツールは、

NoteStation(Synology)
iPad と メモ(applepencilで手書き)
パワーポイント
googleのドキュメント


特に、NoteStation(ノートステーション)は共有が簡単で気に入っています。(SynologyのNASを買うと無料で使えるアプリです。チャットやカレンダーも使えて便利ですよ♪)

 

情報共有のスピード感が必要な時に、細かく企画書を作っているかと言えば、作っていません。本来は、時間をかけず的確に自分の考えを伝え、認識のズレがないことがベストだと思います。

 

伝えた後に「確認」していること
広報になりたての頃、デザイナーに何かを依頼するたびに「この情報共有で制作に進めるか」を常に確認していました。

自分の伝え方は未熟だと常に思っていたので、伝わっているか心配で確認していたのと、デザインがスムーズに進むといいなという気持ちでやっていました。

 

聞くと「この情報共有の方法は分かりやすい」とか「このバナーの目的はなんですか?」と掘り下げて聞いてもらえたりします。

伝えた後、相手に「今の伝え方どうだった?」と確認してみるのも勉強になるのでオススメです。

 

今回は、広報(依頼する側)の視点で「伝え方」を書きましたが、デザイナーが制作時に考えていることも気になりますね!またそんな記事も書いていきたいと思います。

 

 

★。.. ライター ..。★

株式会社セブンエージェント
名前:せーちゃん
twitter:@sechan_yellow
web:https://www.sevenagent.co.jp/

 

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ありがとうございます!励みになります^^!
2
株式会社セブンエージェントの社員が「働き、学び、成長する」をテーマにお届けするメディアです。 大人になって身長は伸びなくなったけど、働き、学び、毎日1ミリ、1週間で「7ミリ」 ちょっとづつ成長してる、社員の記録です。 https://www.sevenagent.co.jp/
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。