転職の失敗8:転職先で干されまくった

私は新卒で日系大企業に就職し2回転職活動をしています。

私は旧帝大を卒業し、新卒で大手事業会社に就職して、イキりまくっておりました。

しかしながら、1回目の転職先では、私は入社直後の3か月アベイラブル期間でした…

アベイラブルとは案件にアサインされていないことです。

俗に言うアべっているというやつです。

アべる時というのは、会社として案件が無くアサインされないのが一般的ですが、私の場合は違いました。

平たく言うと干されていました。

私は、はじめにアサイン予定だった案件を拒否りました。

面接時からやりたくないと言っていた案件だったからです。

しかも、私は未経験の業界でシニアのポジションで入社しています。

シニアの役割を果たせないう上に、会社としてやってほしい仕事を拒否したのでそれはもう全力で干されました。

カラカラに干からびてしまいましたね。

同じタイミングで転職した同期は仕事をしている中、私は仕事が無かったのでそれはもう惨めでした。

今振り返っても、私にとって干された期間といのは、全く良い期間とは言えませんでした。

はじめのうちは、

「仕事が無くてラッキー!金が空から降ってくる!」

と思っていましたが、2週間も続くとそんあ気持ちも消え失せます。

朝オフィスに行って周りは仕事しているなか、時間潰しのネットサーフィン7時間は精神的にきます。

夕方になり同僚がオフィスで仕事をしているなか避けるようにオフィスを出る度に、

「こんな扱いを受けるために転職したのか。キャリアの階段を踏み外してしまった…」

と強烈な不安が私を襲いました。

経験したことが無い方には想像も付かないかもしれませんが、仕事もないのに9時から17時までオフィスにいるのは本当に苦痛なんです…。

暇は人を殺します。

同僚が隣で仕事をしたり議論で盛り上がっている中、1人仕事が無いわけですから、ランチが唯一の楽しみとなっていました。

さらに暇は精神を蝕み、自尊心を奪います。

自尊心が奪われた私は、自信が持てなくなり、怖いことに盲目的に誰かに認められたいと思っていくようになりました。

こういった精神状態になると、正常な判断力が無くなり、仕事の無茶難題やパワハラも受入てしまう…

そんな洗脳状態に入ってしまうのです。

私は、精神状態の変化を察知し、

「このままでは精神的にマジで病んでしまう。対策をとらねばまずい」

と思い、後述する対策を取りなんとか正気を保ちました。

私のように干される経験はしなくてよいです。

しかし、万一、これから転職される方が、私のように干される状況に陥ってしまった場合、参考になるよう私のとった対応をお伝えしたいと思います。

干された時の対処方

(干された時の対処法1)恥を捨て、友人、同僚、家族に打ち明ける

私は、職場の一部の同僚からはやっかみにあいましが、実は同期や若手メンバーと仲が良かったんです。

そのおかげで、辛うじて正気を保てました。

1社目のヤバいコンサル会社は、管理職以上がやばい人が多かったのですが、若手の方は優秀で人格も良い人が集まっていました。

「よくこんな優秀な若手が、こんなクソな会社に集まったものだ。」

と、いつも不思議でした。

数少ない1社目に転職して良かったことは友人が増えたことでしょう。

これは幸運と言えます。

私は、仲の良い同僚に干されている状況を正直に伝え、励ましてもらっていました。

職場に自分の状況を伝えられる人がいるだけでもだいぶん精神衛生は保たれたと思います。

(干された時の対処法2)計画を立て勉強する

干された期間を通じて、私は人間受け身であると精神的に不衛生になると気づきました。

私は、

「早く干される期間が終わってほしい。いつ仕事が貰えるだろうか」

とそわそわし始めた時がありました。

無論干されているので、仕事を貰えません。

なので、私は、数は少ないですがやってみたい仕事の担当の上司に仕事を貰えないか社内営業しました。

よくある話だと、

「自分から働きかけて仕事を貰え、チャンスを作れた!」

となると思います。

しかし、私は仕事を貰えませでした。

当然です。

実績もない入社したての人間で、会社からやれと言われた案件を拒否った人間を誰も相手したがりません。

一方で、自ら社内営業をしてみたことは、精神的に前向きな変化が起こりました。

大事なのは能動的に自分から動いたことでした。

「仕事を求めて貰えなかったのだから、仕事が無いのだろう。しょうがない。」

と割り切れました。

前向きになれることで、有益な時間の使い方に集中できました。

その時間の使い方はの1つは、勉強でした。

これからやってみたい案件の予習、知識を得るため、勉強の計画を立て有意義に過ごせました。

また、やばい会社だったのですが、社外研修の受講には寛大で、干された期間に受講しまくりました。

これはラッキーでした。

研修を費用で受けさせてもらい勉強も出来てかつ給与も入る、干される時間を前向きな時間に変えられました。


以上、私が干された時にとった対処法でした。

結果として、入社してから3か月経って、ようやく案件にアサインされました。

私は干されて最も怖いことは自尊心が奪われていくことだと思います。

鬱病にもなっておかしくありません。

私は幸運にも、同僚に恵まれ、研修制度があったため、鬱病にはなりませんでしたが、精神的にはかなりきつかったです。

仮に、当時良き同僚がおらず、研修制度が無かったとしたら、今の私なら、次の職が決まっていなくても、辞職する方が良いと考えます。

自尊心を深く傷つくと、回復に予想以上の時間と労力を費やします。

自尊心が深く傷つくと、次の転職活動にも大きく影響します。

私自身2回目の転職活動で、干されたことや業務経験に自信を持てず、自尊心を回復させるのに非常に苦労しました。

読者の方が、私のように干されることにならないことを願ってやみません。

万一、私と同じように干された際に、自尊心を保てるよう、私の対処法が役立てば嬉しく思います。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
有難うございます!
10
旧帝大から日系大企業に新卒入社。その後、初めての転職活動で大失敗。イケてないコンサル会社に転職してしまいました。そこから抜けだすべくさらに転職をして、今はいい感じの会社で割とノンキに働いています。この経験を元に、地雷を踏まない転職活動について書いていきたいと思います。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。