見出し画像

デンマークの不思議。「ミンクがコロナ感染→ミンク殺処分→政府が間違ったので、首相が謝罪・農相が辞任→殺処分は続ける」間違いなのに、殺し続ける不思議???まぁ、人の気持ちは解らないのが、当然ですが…。 ●デンマーク首相が涙の謝罪 ミンク殺処分の不手際で


デンマーク・コリング近郊のミンク農家で記者団と話し、涙を拭うメッテ・フレデリクセン首相(2020年11月26日撮影)。【翻訳編集】 AFPBB News
デンマークのメッテ・フレデリクセン首相は26日、ミンク農場で新型コロナウイルスの変異種が見つかったことからミンク1千万匹以上を殺処分した措置について、涙を拭いながら謝罪した。  
デンマーク政府は今月上旬、変異種が今後利用可能となるワクチンの有効性に悪影響を及ぼす恐れがあるとして、国内のミンクを全て殺処分すると発表。だがその後、政府にはこの決定の法的権利がなかったことが明らかになった。  
健康なミンクが殺処分されたコリングの農場を訪れたフレデリクセン氏は、TV2に対し「誤りがあったので、謝罪することに何ら問題はない」と言明。時折感極まって言葉を止め、涙を拭いながら、農場側には責任はないことを強調し、「これはコロナのせいであり、それがデンマークのミンク農家にとって現時点で暗闇の中の小さな光になることを願う」と述べた。【翻訳編集】 AFPBB News
●ミンク殺処分めぐり閣僚辞任「私の省が間違いを犯した」11/19 ロンドン=下司佳代子(抜粋)
デンマークで18日、政府が出した殺処分の命令をめぐる混乱を受けて、閣僚が辞任した。
農業担当のイェンセン食料・漁業・平等相は18日、地元テレビに「私の省が間違いを犯したことは明らかで責任を取る」と辞任の理由を語った。
 ただ政府は全頭処分の方針は崩しておらず、17日に議会で多数派の支持が得られたとしていた。
【引用終わり】
間違いなのに、ミンクを殺し続ける不思議?
又は、適切な処置なのに閣僚が辞任して、首相が涙の謝罪をする不思議?
普通何か政策上の間違いをしても、首相は感情を高ぶらせて涙の謝罪などはしないと思います。鳥インフルエンザやアフリカ豚コレラ・狂牛病などが発生すれば、家畜の鶏・豚・牛は普通に殺処分されますが、政府首脳が泣いたという話は、聞いたことがありません。
何なのでしょうか?
日本で涙の謝罪が「当たり前だろうな」と共感を得る場面を空想すると、「田んぼにダイオキシンでも降らせてしまって、黄金色の頭を垂れる稲を無残に刈り取りゴミにする」というような感じだと思います。
とするならば、ミンクはデンマーク人にとっては特別な動物なのでしょうか?でも、それならば毛皮を取る為に(=殺すために)飼育するのは、変でないかな?
とは思いますが、確かにミンクは可愛いです。
とすると、鯨のように、ミンク保護派(毛皮を止めろ派)と、ミンク活用派の戦いが、デンマークで起こっているのでしょうか?
さっぱり解りません。
外国の事情とか、他国の国民感情は解りません。
だから外国の人は、日本の事情も・日本人の心情も
解らないはずです。
いつも思う事ですが、日本が「理解されない。誤解される」という状況は、日本にとって不利になる事が多いので、政府・外務省の皆さんは世界によく日本人の思いを説明して欲しいと思います。
「日本人は植民地経営が下手なのだ。朝鮮半島を併合して大赤字をだして酷い目に会ったので、二度と朝鮮半島には関わり合いになりたくないと思っている。ましてや、今はなまじ戦争をして勝ってしまうと、イラクに対するアメリカのように、その後大金がかかるので、日本国民は戦争には絶対反対している」と、世界によく説明して欲しいと思います。
追伸・デンマーク人がミンクは可愛いと感じているらしい記事を付記します。
●殺処分された大量のミンクが地上に…怪現象に「逃げろ」
11/26(木) 23:23配信【朝日新聞デジタル】



11月6日、デンマークで飼育されていたミンク=AP
新型コロナウイルスに感染したミンクの全頭処分を進めているデンマークで、殺処分後に埋められた大量のミンクの死体が地上に姿を現す「怪現象」が起きている。死体から出たガスで土中から押し上げられたとみられるが、ソーシャルメディアでは「逃げろ、ゾンビになったミンクが追いかけてくるぞ」などのコメントとともに画像が広く共有されている。  地元メディアによると、殺処分されたミンクは軍の管理地に埋められていた。1メートルほどの土がかぶせられていたが、土壌が軽いことなどが災いしたという。管理地は湖に近く、地元では飲料水への影響も懸念されている。  
デンマーク政府は怪現象について「一時的な問題だ」とし、人々が近くに立ち寄らないよう24時間態勢で監視。近くフェンスを設置するという。  
デンマーク政府は4日、突然変異した新型コロナウイルスがミンクから人に感染したことが確認されたとして、1500万~1700万匹とされるミンクを殺処分すると発表。これまでに1千万匹以上が殺処分されたという。保健当局はウイルスの変異株について「9月15日以降確認されておらず、絶滅した可能性が高い」としている。(ロンドン=下司佳代子)

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
全力で頑張りますね。
1963年千葉県生まれ。法政大学でマルクス主義を学んでいた時中国の文化大革命の告発本を読んで世の中には言っていることとやっていることが違う人が多いと知る。産経より2018年『「十七条の憲法」で紐解く日本文明論 多元相対論から日本を考える』を出版。保守系ブログ+漫画を書いていきます