新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として 厚生労働省 首相官邸 のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

フィッシング詐欺に引っかかった話をするよ #方言note

Amazonを装ったフィッシング詐欺にまんまと引っかかった。

自分のことは、石橋を叩き割って渡れなくなるくらい用心深い人間だと思っていた。
なんせ、転職の面接を受けるとなったら、最低1時間前には最寄りのカフェで待機。
クライアントさまへのメールは、6回以上読んでからでないと送れない。

だから、自分が騙されるだなんて、引き笑いを忘れてしまった明石家さんまくらいありえないはずだったのだが。

ことが起こったのは、6月のある平日。在宅ワークの始業8分前。
PCが起動するのを待っていたら、テーブルに置いていたスマホのロック画面が光った。

それは1件のメール通知で、私はいつものクセで件名に視線を動かす。

あなたのAmazon.co.jpは一時的にロックされています

その瞬間、血液が通常の2倍速で体を駆け巡ったんじゃないかと思った。
体中の毛穴が一斉に開き、そこからシューッと蒸気が出る感覚。汽車か。

すぐさまスマホを掴み、メールを開く。

こんにちは,
あなたのアカウントは利用規約に違反しています
Amazon.co.jp あなたのアカウントは一時的になります 無効.
理由:別の国でログインする
再度アカウントを有効にするには、以下のリンクと手順を開いて、このアカウントがあなたのアカウントであることを確認してください。

はいっ!ここからはタメ口で話すよー。
猫野サラさん企画の #方言note に挑戦するのだー!!


私は生まれも育ちも神奈川県だから、いわゆる標準語を話してると思う。
でも、なぜか子どものころから関西弁に憧れを抱いてて、お笑い芸人の話し方とか中途半端に真似しちゃってたんです。
だから、今でもちょいちょいエセ関西弁が出るんよね…(関西人に一番嫌われるやつ)
しかも1年半前に関西に移住したから、関西弁成分が増してると思われ。

それと、新卒で1年半ほど瀬戸内海の島で働いていたから、そのあたりの方言も中途半端に出たり出なかったり…。

そんなごちゃまぜダイバーシティな言語でフィッシング詐欺に引っかかった話を綴りますので、ご了承ください。

よし、本題に戻る。
例のフィッシングメールを読んで、「見るからに怪しいやつじゃん!」ってみんな思うよね…日本語カタコトだもんね…私も今読み返すとそう思うさ。

いや、私もね、普段なら絶対に引っかからないんよ(空虚な自信)
でも、その2日前に訳あってAmazonのカスタマーサービスとチャットしてたから、「マジか?!あの時なんか規約違反しちゃった?!ペナルティ?!」って思考に支配されたのさ…。

そんなこんなで、仕事始める前に問題を解決しなきゃ!!って即、メールに張ってあったリンククリック(よい子はマネしちゃダメ、絶対!!)

AmazonのログインID、パスワードを入力して、名前、住所、電話番号、全部入れたよね、私。
住所を入力してる途中、「なんで番地から入れさせんの?海外仕様?めちゃくちゃUX悪くね?」って思ってたんだけど、詐欺サイト(たぶん海外産)だからあ・た・り・ま・えーー!

このとき気付けば良かったんだけど、ペナルティなら早く解除したいって焦って、マッハで入力(アホか)
続いてクレジットカードの番号を求められ、暗記してたカード番号とセキュリティコードもスラスラスラ〜と入力。
しょっちゅうネットで買い物をするから暗記してたんだけど、こういうとき裏目に出るんだね。

で、全ての項目を律儀に埋めて、エンター(バカー!!)
「はい、これで大丈夫っしょ?仕事せなー」って思いきや、なんと「このクレジットカードはエラーです。別のカードを入力してください」的なメッセージが出たわけですよ。

うん、今思うと「別のカード情報も盗もうとしてるやつー!!!」ってなるよね。
でも残念ながら、私は「ペナルティ解除したい!仕事前に解決したい!!」の思考にとらわれて完全にパニクっていたんで、ご丁寧にも別のカードの情報も入力しちゃったんすよ…(ちーん)

で、またもやエラー。このとき始業時間30秒前。
「はぁぁぁぁ?!どんだけエラーなるんじゃいっ!もうあとにする!!」っていったん諦めて、仕事を始めた。

はぁー、朝からしんどいわぁ…カタカタカタ(PCを叩く音)…カタカタ…カタカタカ…タ……いやいやいや、フィッシング詐欺じゃん!!!!!

始業15分で「やっば!!!」って我に返ったよね。
で、「ちょっとクレジットカードのトラブルが起こったので休憩ください!!」って、会社の人全員が見るチャットに秒速で投稿(今思えば恥ずかしすぎる)
始業15分で休憩取るって、前代未聞感がすごいな。

私、高血圧で死ぬんじゃね?!ってくらい心臓をバクバクさせながら、「とにかくカード止めなきゃ!!!」ってカード裏面の番号に電話。

こういうコールセンターってさ、まず自動で音声が流れるじゃないですか。
このご時世なんで、ご丁寧にも冒頭で「新型コロナウイルスによるコールセンター縮小のお知らせ」とか流してくれるんだけど、「わぁたわぁーたっっ!!わかったから、はよ!!!」って思うよね。

この間にも誰かが私のカードを不正利用してるかもしれんやん!!って思うと気が気でなく、自動音声5倍速機能が欲しいと切に願った。

永遠にも感じられる自動音声ガイドに耐え、やっとコールセンターの女性とつながって事情を説明する。

「フィッシング詐欺に引っかかってしまいまして」って、これ口に出すのめちゃくちゃ情けない。

担当の女性は至って冷静に「では、カードを止めるお手続きとのことで、まずご本人様確認をさせていただきます」と。
うん、そうだよね、そりゃそうだよね、早くして。

まず名前と生年月日を聞かれ、早くカードを止めてほしい一心でめちゃくちゃ早口に。
普段「荒城の月」レベルにスローテンポで話してるらしいんだけど、その時は川本真琴ばりのアップテンポになって、「あ、私も早くしゃべれるんじゃん」と思う。

この、焦ってる自分を天井らへんから冷静に見つめるもう一人の自分ってなんなんだ?って考える自分を見つめる無限マトリョーシカ。

名前、生年月日ときて、次は住所。
コールセンターの女性はあくまでも淡々とゆっくり質問してくる。
この温度差!!!はやく!!!

私、ランボー怒りのアフガン状態で住所を言い始めた…んだけど。
なんとテンパりすぎて、番地の最後の数字がスコーンと頭から抜けたんですわ!!
「7」だったような気がするんだけど、なんか違う?!えっ?!という違和感の嵐。

「いやっ、どうしよう、度忘れしちゃいました!!!えっと…!!」ってワタワタしてたら、コールセンターの女性「大丈夫でしょうか…」って!
初めて寄り添ってくれてちょっと嬉しいじゃんか!

いやいやそんなことより、「7……?」と恐る恐る言うと、コールセンターの女性「……。7でよろしいですか?」

えっ、なんなんそのファイナルアンサー感!!!
「いやっ、たぶん、はい…!!」

コールセンターの女性「……。7でよろしいですね?」

はいはいはいはいー!!これ絶対間違ってるやつー!!!「はいって言っちゃダメ!」って担当さんのテレパシー受信〜〜。

私、「ちょっと住所確認してきます!!」ってスマホ持ったまま家の中をうろついて、思い出したのが給付金の申請書だったよね。
「届いてて良かった〜」って心の底から安心・感謝したけど、今思えば別に免許証でも良かったやん。
パニックってマジこわいわ。

申請書を見ると案の定、さっき伝えた番地は間違えてて、コールセンターの女性に「住所わかりましたぁぁぁ!!最後は27ですぅぅぅ!!」って伝えたら「良かったですぅぅぅ!!」とは言われなかったけど、手を取り合って喜び合うような一体感はあったな。知らんけど。

そんなこんなで、2枚分のカードを止められたのは30分後ですよ。
1時間の休憩時間の半分も使ってもうた……。

ちなみに、不幸中の幸いにもカードの不正利用はされずに済んだようです。
でも、フィッシング詐欺にあった数日間は「まさか自分が……」と相当落ち込みました。
夫からは「いや、普通気付くっしょ。そんな簡単にカードの情報入力しちゃダメでしょ」とひと言。ド正論すぎてつらみです。

今回、私は「まさかアレのせいで!?」と勝手に思い込んで、勝手に引っかかる自爆野郎パターンでした。
皆さんもどうかどうかお気をつけくださいね…。








この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

サポートしていただけたら飛んで喜びます🙇‍♀️ いただいたサポートは、おいしいnoteを書くために、また、他のクリエイターさんを応援するために使わせていただきます。 よろしくお願いいたします。

また読みに来てくれたら嬉しいです☺️
75
Webメディア編集・ライター|とにかく美味しいものが大好きな食いしん坊です。カフェ巡りが趣味で、2019年は60軒ほど行きました。スパイシーだけどホッと落ち着く、チャイのような文章を書きたいです|入谷さん主催の#磨け感情解像度コンテストで最優秀賞

こちらでもピックアップされています

#方言note  参加作品集
#方言note 参加作品集
  • 139本

「#方言note」のお題に寄せられた、みなさんのnoteを集めています。47都道府県すべてそろってますよ!気になる方言が見つかったら、ぜひ読んでみてください。

コメント (8)
あーー!!ひやひやした、勝手に私まで心拍数上がりました。
(そしてほっとした…)

いやね、ありますよね、それ、冷静になれば絶対やらないようなことなのに、タイミング的に勝手に先回りしてしまって自爆するやつ、ありますよ、ねぇありますよ。
てか、自爆したのを反省しちゃうけど、そもそも詐欺するほうが悪いですよね…ふう。

ほんとおつかれさまでした。おやつマシマシにしなくちゃです😊
ことふりさぁぁぁん!こんな自爆話に優しいコメントをしてくださり、有り難やです…😭🙏
そう、そもそも詐欺をするほうが悪いはずなのに…でもやっぱり自分も悪いし…😭自尊心が4割減です笑。でもネタにできて良かった…✨
じゃんじゃん言うてるー、横浜弁😁
こんなにコテコテのわたしも実は横浜弁とバイリンガルなんですよ。

書きことばでも、ぽのこさんのゆったり口調伝わりますよー。それだけに、コールセンターにかけるときの焦りっぷりが臨場感あふれてます。
間にあってよかったです!!
ヒトミさん、ありがとうございます!!!頭痛、もうすっかりよくなったでしょうか??

じゃんが方言だと知ったのは、中居くんがきっかけだった気がします…☺️

いやぁ、本当に本当に間に合ってよかった!!もう絶対失敗しない!!!ぞ!!!
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。