「わたし」はなにもかんがえずにいきたかった。

「もりのてるは」というなまえです。 ひびのことを書きます。

寛容じゃなきゃ、いか

齢を重ねるごとに、ついカッとなって苛立ちを覚えることもしばしばである。暑くなってくると気持ちも昂りやすいのか、目の前を羽虫なぞが通ると、瞬時に叩き潰してやりたい…

ヘルスアンドエコノミー

新型コロナウイルスの感染者人数が増え続ける一方で、経済を再開させて動き始めた各国。今や、健康と経済のバランスを取ることが非常に難しい状況である。健康を重視すれば…

いきいそ

移り変わりの激しさは天気も同じようで、どこへ行くにも傘が手放せなくなった。一日傘を持ち歩いていると、周りから「雨でも降るの?」と聞かれることになり、「万が一の備…

新世代の種子

人生のどんな瞬間でも良いから、種を撒くことは必要なことであると考えている。発芽するまで根気よく、自分の撒いた種に栄養を与えることを僕は日常的に行っていて、それは…

ディヴィジョン・アンド・ユニフィケイション

囲碁の盤面も、将棋の盤面も、どちらも整っている。湾曲しているのは、碁石、駒だけである。湾曲した碁石や駒が、整えられた盤上に置かれたり、または動き回ったりすると、…

ゴー・トゥ・フューチャー・ノー・リグレッツ

後悔をしないことだ。何をやっても、どんな失敗をしても。その瞬間はマイナスかも知れないが、その先の未来でプラスに変えることを考えて行動していく。それが、僕の6月以…