見出し画像

インハウスデザイナーとして2年働いて感じたこと


こんにちは〜nanae(@nann_maro)です。

新卒でIT企業のインハウスデザイナーとして就職し、研修期間を除くともう少しで約2年が経ちます。
そろそろ「新卒扱い」もされなくなり(もちろん会社の方々は変わらず優しいです)徐々にデザイナーとしてのキャリアを考え始めた今日この頃。

そこで、自分の頭の整理も兼ねて企業のインハウスデザイナーとして働いてみて良かった事と今感じている不安な事をまとめてみようと思います。

ゆる〜く!


---良かった事---


サービスの運用を経験できる

これはどのインハウスデザイナーも感じる最大の強みなのではないでしょうか。

先輩デザイナーは制作会社出身の方が多いのですが、みなさん声を揃えて「自分が作ったデザインのその先を見届けたい」「作って終わりが寂しくなった」とおっしゃっています。

私も大学時代にスタートアップの企業でインターンとして働いた時に、1つのサービスを育てる事の楽しさを実感したため就活は事業会社に絞っていました。

では、私が経験した「サービス運用」の内容はざっくり以下になります。

○ 担当サービスのUI・UX作成
・新規機能リリース時、デザイナー目線で設計段階から参加する
・企画・ディレクターと共にリリースした機能のPDCAを回す
・ユーザーテスト用のプロトタイプ作成、ユーザーインタビュー実施
○ ビジュアルデザイン業務
・サービス内で使用するバナーやオンボーディング画像などの作成

事業会社の場合、サービスや機能をリリースしてからがスタートだと私は思っています。常にユーザーファーストを意識して設計していますが、本当に需要のある機能なのかはリリースしてみないとわかりません。
ユーザーの反応を見てどんどんブラッシュアップが可能な環境は事業会社ならではの醍醐味かと思います。

少しネガティブですが、リリースを終えたら他にも行いたい施策は山ほど溜まってるためUI改修の優先順位は下がり後回しになる事が多いです。
この件に関しては社内政治やチームの状況など複雑な事情が絡んでしまうので下っ端である私が声をあげてもどうにもならなかった事が多く悔しい思いをしましたね。。。

しかし、自分が担当した機能のおかげて数字が上がったり、前より良くなったね!とチーム以外の人から声を頂いた時はとっても嬉しいです!


幅広いデザインの仕事ができる

事業会社のデザイナーなので、UIデザイン以外の案件も沢山存在します。
私がやらせて頂いたのは大きく下記の4種類。

○ LP作成
○ オフラインの印刷物デザイン
○ 撮影のアートディレクション
○ ユーザーインタビューのインタビューアー・ユーザーテストの実施

サービスのUIデザインしか関われないと思っていたので、想像より幅広い領域に手を出すことができました。

中でも撮影のアートディレクションは絵コンテから作成し、撮影現場の決定権を持つなど新卒では中々できない経験をさせていただきました。
手を挙げれば様々なチャンスが転がっている環境ではあると思います。
しかも、いろいろな畑出身の先輩がいるからこそ印刷物・動画・撮影ディレクション等のノウハウを教えていただけるので得をした気分になれますね。

また、ユーザーインタビューも事業会社だからこそできた経験なのではないでしょうか。
ユーザーが何を求めているのか・何を不便と感じているのかなど、いつも想像の中にいる「ユーザー」の生の声を聞くことのできる機会はとてもあり堅かったですね。


定時に帰れる

今の時代、当たり前であるべきなんですけどね。
特別忙しい時期でなければ定時に帰れます。なので、副業をしたり趣味に没頭したりなど自分の時間は作りやすいです。



---不安な事---


自身の成長スピードが遅い

事業会社の場合、納期は自分たちで決めるため無理なスケジュールを提案されてもNO!と言えてしまいます。
そのため、特に急かされることもなく比較的余裕のある納期で制作を進めていきます。

制作会社に入社した友達の話や、同年代デザイナーのポートフォリオに記載されている制作時間を見ると作業時間が短くて正直ビビります。
最終的なアウトプットのクオリティは変わらなくとも手が速いというのは素晴らしいスキルだと思います。そのスキルを得るためには数をこなすだけでなく急がないといけない環境に身を置くことも一つの手段かと考えます。

副業でもして数をこなしたら?と思われる方もいるかもしれませんが、私はそこそこ副業を経験したのですが、本業としてフルコミットで挑む案件と、土日や空き時間を使って作る仕事ではプレッシャーが異なります。
そのため、私は本業で数をこなせる環境で修行するのが一番なのかな〜と最近考えています。

ある副業の案件でクオリティが足りないと言われてしまい、金額が半額以下になってしまった事がありました。
私はこの件があったからこそもっと成長しなくては!と意気込む事ができたのですが、今の環境で成長スピードを加速させる事ができるのか不安ではあります。


同じテイストのデザインしか作れない

そりゃ当たり前なんですけどね。
弊社のサービスはターゲット層の年齢が少々高いため、ゴシック体!太字!インパクト!!などのデザインが好まれます。したがってどうしても偏ったテイストのデザインしかできません。

私の得意なテイストは「シンプル・女性向け・ナチュラル」といった感じなので真逆なんですよね・・・
まあ、作りたいテイストは趣味で発散すればいいのですが、1つのテイストに縛られず色々なグラフィック力を身に付けたい願望もあるので、ずっと同じはちょっときついです。(もちろんサービス色が強くないデザインもできますが、大半は同じテイストになります)


若いデザイナーが少ない

これは弊社だけかもしれませんが、約15人ほどいる先輩デザイナーの中に20代は2人しかいません。ほぼ30代後半が多いのが現状です。

経験を沢山積まれた先輩方の下で働いて学ぶことはとても多いのですが、ライフスタイルを重視して事業会社に転職された方が多くバリバリ仕事するぞ!という雰囲気はあまりありません。

SNSを開くと同世代で活躍しているデザイナーが山ほどいて、私はこのゆるい雰囲気に慣れてしまっていいのだろうか。と無駄に心配になってしまいます。比較対象が身近にいないってとても不安なんですよね。


---まとめ---


ざっくりとですが、インハウスデザイナーとして勤め感じたことを書いてみました。

デザイナーは事業会社か受託会社、またはフリーランスなど様々な働き方が選べます。
だからこそ、やりたい事と働く環境の差異が出た場合モチベーションの維持が難しいと思います。

私は今キャリアの目標を模索中ですが、絶対事業会社に帰ってくるんだろうな〜と思っています。
サービスを育てるってとっても楽しんです!ただ今は、自分のスキルアップ欲が強くてサービス育成を第一に考えられない時期なのかもしれません。

ここまでお読みいただきありがとうございました。
少しでも参考になったら嬉しいです。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ありがとうございます!励みになります。
6
1995年生まれの映画好きデザイナー
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。