K-POPの世界へようこそ18.【IZ*ONE】のカムバが待ちきれない。

 いよいよ、2020年2月17日20時に"IZ*ONE"(アイズワン)がアルバム"BLOOMIZ"で、カムバックします。本来であれば昨年11月にリリースされるはずだったフルアルバムが、ようやくリリースされるわけです。

 2018年10月のデビューから、2年半と決められていた活動期間は、残り1年余りとなってしまいました。空白の3ヶ月間分は、延長されることがないのでしょうか?

 期限が決まっているとなると、やはりファンとしては、それだけ応援に力も入ってしまうものです。僕がファンになったのは2019年4月から、そこからの、活動はつぶさにチェックしております。
 7月の武道館のファンミーティングにも行きましたし、9月のさいたまスーパーアリーナのファーストコンサートも見て、生"IZ*ONE"を体験してきました。
 見る毎にドンドン成長していくのが、"IZ*ONE"というグループの魅力でもあると思っています。

 やはり次のカムバックでは、どんな一面を見せてくれるのか、それが一番の待ち遠しいところです。

 そこで待ちきれないWIZ*ONEの為に、Youtubeの彼女たちのパフォーマンスから、セカンドミニアルバムの"HEARTIZ"の楽曲を、収録順にまとめて見ました。なんと、オリジナル曲は全て、ステージで披露しているんですね!!

1.Hey Bae Like it.

[KCON 2019 THAILAND] IZ*ONE - SunflowerKCON 2019 THAILAND × M COUNTDOWN

2.Violeta

[IZ*ONE - VIOLETA] MCD PREMIERE SHOWCASE Stage | M COUNTDOWN 190404 EP.613

3.Highlight

[#MGMA] IZ*ONE_Highlight

4.Really Like You

[IZ*ONE - Really Like You] MCD PREMIERE SHOWCASE Stage | M COUNTDOWN 190404 EP.613

5.Airplane

[KCON 2019 NY] IZ*ONE - AirplaneKCON 2019 NY × M COUNTDOWN

6.Up

아이즈원(IZ*ONE) - **하늘 위로(Up)|IZ*ONE COMEBACK SHOW**

  最後の"Up"、この中では一番古い映像になってしまいましたね。
 改めて聴くと、特徴的な日本人メンバーのボーカルが、他のグループにない個性になっていますね。それに加えて、"チョ・ユリ"の少しハスキーで、ソウルフルな歌声が、IZ*ONEの良いコントラストであり、どの曲も印象的に聴かせるのかな、ともおもいます。日本人ボーカルに特徴があるのは、TWICEと同じですね。

 あくまで、個人的な見解ですが、"IZ*ONE"には、野球やサッカーでいうところの"ユーティリティープレイヤー"(どのポジションもできるメンバー)が、5人いると思っています。
 それは、"ウンビ"、"チェヨン"、"イエナ"、"チェウォン"、"ユジン"の5人です。
 この5人は、ダンスも歌もどちらも上手く、どのポジションにいても、ちゃんとその役をやりきり、グループの核心メンバーかなと思っております。

 特にリーダーの"ウンビ"と、"チェヨン"の経験値の高い二人の存在は、おそらくグループのまとめ役だったり、先生役であったり、パフォーマンスをより完璧にする部分でも、大きな力になっているのではないかと想像しています。

 さらに日本人3人、"咲良"、"奈子"、"仁美"の元AKBグループのメンバーの存在や、"ヘオン"、"ミンジュ"、"ウォニョン"という3人のビジュアルなども、特徴を語ればキリがないのですが、奇跡の様に集まった(あるいは集められた)12人だからこその、これだけの人気なんだろうと思います。プロデューサー万歳。

 さて、6曲めまで紹介しましたが、このアルバムには、元々は日本語曲だった韓国語バージョンが入っています。
 次に紹介する、"猫になりたい"は、"好きと言わせたい"のカップリング曲で、日本語版はユニットで披露していますが、"HEARTIZ"では韓国語でフルメンバーで披露しています。

 ぼくが最初のK-POPの世界へようこそ.【Violeta】がすべてのはじまりでした」で、書いた、日本と韓国のボーカルレコーディングの違いを比較できるので、是非じっくり聞いて見てください。まずは日本語バージョンのMVから。

IZ*ONE - 猫になりたい (Neko Ni Naritai) MV

 そして、こちらは韓国語バージョン、オフィシャルの動画が存在しないので、Youtube Musicのリンクです。

NEKONI NARITAI (Korean Ver.)

 日本語バージョンは日本で録音されたもの、韓国語バージョンは韓国で録音されたようです。
 ボーカルだけを聞き比べて欲しいのですが、明らかに韓国語バージョンのボーカルが綺麗に、そしてステレオに広がって聞こえるのがわかるでしょうか?
 僕は初めて聞き比べた時に、愕然としてしまいました。

 これだけ差がついてしまうのは、アイドル自身の問題では無く、作り手側の本気度とか、スタンスが日韓で明らかに違うんだろうなあ、と思っています。日本のアイドルの、ディレクターやプロデューサーには、もうちょっと頑張ってほしいものですね。
 僕自身も、音楽の作り手として、ボーカル録音を現在研究中です。

 さて、IZ*ONEの"BLOOMIZ"がどんなアルバムになるのか、あと少しの辛抱です。彼女たちの大活躍を期待しております。

つづく

気に入ったら、是非スキとシェアをお願いします。
感想もお待ちしております。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

スキありがとうございます!よろしければ是非シェアもお願いします。
2
作曲家 ゲームサウンドディレクター サウンドプログラマ 最新の作品は「シェンムー3」その他、日本科学未来館「アナグラのうた」「未来逆算思考」昔の作品は「ルミネス」「VirtuaFighter1,2.3」「TOBAL2」などなど。 最近はK-POPの世界にどっぷりはまっています。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。