見出し画像

K-POPの世界へようこそ、余談。どうでもいいネット記事の話

 Googleのリコメンドでニュース記事を見ているので、見なくてもいい記事が時々目に飛び込んできます。
 普段はほとんどスルーなのですが、大好きな"K-POP"の話で、しかも余りにも酷い内容だと、どうしても一言、言っておきたくなるのも、人の子です。

一つは、niftyニュースに掲載されていたこのニュース

 "IZ*ONE"の"宮脇咲良"さんは、確かにドンドン綺麗になっていると思う。おそらく彼女が韓国に渡って、磨かれているのは、美への意識とファッションセンス。そりゃあれだけ美人の揃ってるグループにいたら、当然だと思う。

 この記事が酷いのは、韓国に対する酷い偏見。最後の8行に、その偏見が凝縮されている。

「宮脇は韓国の女の子にも人気があって、整形していない〝自然美〟として女性誌に出たりもしているのです。『IZ*ONE』の他の韓国人メンバーを見ると、バリバリの〝作り顔〟ばかり。宮脇は韓国女性が憧れる顔というのですから、離れたくもないでしょう」(女性誌記者)

 おそらく、書いた記者はHKTの宮脇咲良さんのファンなんでしょうね。「バリバリの"作り顔"」って、韓国人は整形が多いと遠回しに言っているのと同じです。一体どこの誰を見て言ってるのか? そもそも美容整形に対する偏見も前時代的で、この記者がそれなりのおじさんであることが想像出来る。


「焼肉だけでなく、ニンニクやキムチが好きなんです。これはSNSで本人が言っています。しかも兵役で鍛えたガッチリ男子が好みなんだとか。韓国語もだいぶうまくなったし、彼女なら〝韓国タレント〟としてやっていけるんじゃないですか」(同・記者)

 焼肉やニンニクやキムチが好きだと、"韓国タレント"としてやっていけるのだろうか?面と向かって、こんな話したら、頭おかしいのかと思われかねない。書く前に一度声に出して見て欲しい。

 この手の、あたかも誰かを取材したように書いた様な記事は、記者の責任逃れの手段で酷すぎる。記事の質がこれほど酷いのは"週刊実話"が記事の発信元なのからだとは思うが、ニフティニュースも、もう少し精査した方が良いでしょうね。

 さらに、もう一つ。サイゾーニュース

 "NiziU"の綴りを間違えている時点で、読む価値なしではありますが、読んでみると、嫌韓を非難する様なスタンスで、逆に煽っている酷い記事です。

 「"IZ*ONE"が反日だけど、"NiziU"は日本人だから安心」という、実に内容の無いことを、言いたいのだろうか? そもそも好きになってファンになるかどうかと、嫌韓は違う次元の話なのがわかっていない。
 小さな反日の話題を拾って、わざわざニュースソースにしている。しかもそこに全く関係無い"BTS"の話まで載せておいて、最後は「日韓のエンタメが、いい方向に向かうことを期待したい。」とは、悪質極まりない。最後のこの一文はやはり責任逃れの一言に過ぎない。

 "K-POP"を好きになるファンは、その優れた"エンターテインメント"を好きになるのであって、それ以外の理由はあまりない。好きになるときに、韓国かどうかは関係ないし、ましてや歌手である"彼ら彼女ら"が日本が好きかどうかで、ファンになっているわけではないのである。

 こういう煽り記事が、ネット上の、いわゆる嫌韓ムードを後押ししている様にも思う。

 ニフティニュースにしても、サイゾーにしても、それなりに読者のいる媒体だとは思うけど、だとしたらもう少し今の"K-POP"をちゃんと解説できる人を探した方がいい。

勢いで書いてしまったが、結局どうでもいい話であった。
 

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
スキありがとうございます!よろしければ是非シェアもお願いします。
8
作曲家 ゲームサウンドディレクター サウンドプログラマ  代表作品は「シェンムー3」、日本科学未来館「アナグラのうた」「未来逆算思考」 「ルミネス」「VirtuaFighter1,2.3」「TOBAL2」などなど。 最近はK-POPの世界にどっぷりはまっています。

こちらでもピックアップされています

K-Popの世界へようこそ
K-Popの世界へようこそ
  • 51本

K-Pop初心者向けに、K-Popの面白さを熱く語ります。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。