会社にとってのリモートワークのメリットとは?

ちまたで大流行のnoteブームにのって、色々と発信する事に挑戦しようと思います。

初めての投稿は、「会社にとってのリモートワークのメリット」に関して、幾つか紹介します。良く「働く側のメリット」としてリモートワークの紹介は有るのですが、意外と会社サイドのメリットに関しての情報が少ないなと。

前提として現在の会社の人員は60名ほどで、全員がリモートワークです。オフィスも先日やっと開設したレベルで、現在はこんな状況。

会社には自分と営業人員が来てるだけで、ずっとシェアオフィスで過ごしていました。とはいえ、規模拡大や資格などの関係でそうも言っておられず1年半目にしてやっと必要になったかなと。

さて本題ですが、実際に1年半程リモートワークの会社を経営をして思うメリットとして

1:「リモートワーク」だと優秀な人が採用しやすい

2:マネジメント、管理コストが圧倒的に低い

3:強制的に仕組み化がされていく

上記3点が大きいなと感じています。

=====================

「リモートワーク」だと優秀な人が採用しやすい

これは物凄く単純な話で、「通勤圏内にいる人たち」の中から一緒に仕事する人を選ばなくて良い。というのが、とても大きいです。

例え関東圏周辺でひとり身の男性でも、30分電車に乗る距離が伸びると転職など若干躊躇しませんか? 

ひとり身なら引っ越せば何とかなるかもしれません。

ただ、これが家族もちだと? 時短勤務希望だと?

Asmamaの甲田社長とお話しした際に、彼女が言っていた事でとても印象深かったのが

「オフィスからせいぜい半径20km程度の範囲内だけで人を募り、そこから徐々に全国に事業を拡大させるなんて、なんだかすごくスピード感や効率が悪く、ナンセンス」

という一言。

参照:http://cast-er.com/blog/interview-asmama/

その通りですね。もうこれに尽きます。

=====================

マネジメント、管理コストが圧倒的に低い

これは逆の心配をされている方が多いので、意外かもしれません。

ただ確実にリモートワーカーが多いと、マネジメントや管理コストは下がります。

単純な話なのですが、リモートワークが中心となると「場所に捉われないクラウドツール(安価なのが多い)が基本」「通勤手当や住宅手当も無い」「オフィスなども特に大きいのは必要ない」という状況になります。

そして、マネジメントに関しても「働いてるのをシステム的にある程度トラッキングしているのを前提として任せてしまう」という選択が取れるのはとても効率的で楽です。

仕事しているか?とか、大丈夫か?とか不安になるのは「仕事状況が見える化されないから」が大きいだろうなと。

リモートワークだと日報などを送るのは当たり前であり、ポジションによっては分単位で業務報告を貰う事が可能です。PCで出来る作業を主としている為、そこの外で仕事をする可能性が低いからです。(細かく報告すると内部工数かかりますけどね)

もちろんこれでも「定性的な」部分は残ると思いますが、「定量的な」部分はほぼズレが無く把握する事が可能となります。

有名な書籍である「週4時間だけ働く」の中で言われているような仕組みは、基本的には上記と国外へのプチオフショアを利用した低コスト自動化によって成り立っているので「実は管理コストとか下がる」というのは実践者ならよく分かる感触かと思います。

=====================

強制的に仕組み化がされていく

これはある種、最大の強みなのかもしれません。

基本的にリモートワークの場合は、「見て覚える」「場の空気を感じ取る」という事が出来ません。

なので仕事をして貰う立場になると、仕事の手順を整理して大枠を決定してオペレーションとして渡していかなければならなくなります。

仕事を貰う側も雰囲気で丸投げされても何もできないので、ひたすら手順を教え貰い自ら理解して組み立てる必要性が出てきます。

仕事内容は基本見える化されて報告なので、仕事しているフリなどもそう長く出来ません。

お互いに「これをココまでやって下さい」「これをココまでやりました」というようなコンセンサスを早い段階で必要とし始めます。

その中で例えば「5W1H」的な要素や、互いに追うべきKPIの設定などが自然とされていき最終的には「あれ?仕組み化されてる?」という状態になっている事がとても多いです。

ただ属人的になりすぎていると、この段階に到達する前に「新人が使えない」とか「全く教えて貰えない」いう報告が上がってきて困る事は有りますがw

仕組み化された部署は他が規模拡大しても人数を増やさず済んだりなど、組織を非常に強固にしてくれているなと感じます。

リモートワークって難しい。。。って言われるのは、上記手順が面倒だからなんだろうなーと思っています。(新人にはOJTが基本という所も多いでしょうし)

ちなみにOJTは「教えるの、邪魔くさいから、適当にやっといて」の略だという説が有力だと聞いています。

=====================

長くなりましたので、今日はこれで。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

49
リモートワークを当たり前にするために、キャスターという会社をやっています。http://cast-er.com/

コメント2件

社員としてのリモートは良し悪しだけどね〜
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。