舘野鴻「がろあむし」絵本原画展〜死ぬこと・生きることⅡ〜絵本・読み語りイベント

下北沢ダーウィンルームで舘野鴻「がろあむし」絵本原画展〜死ぬこと・生きることⅡ〜が、10月1日から始まりました。情熱の7日間スケジュールということで、ほぼ毎日イベントが開催されています。2日目の今日、「絵本・読み語り」イベントに参加しました。

ハイブリッド開催(リアル会場/オンラインの両方を実施)とのことで、原画をまずは見たい!と思い、リアル会場参加を選択。
ダーウィンルームならではの立体的な展示空間で、とても引き込まれました。パネル立てが迷路のようになっていて、まるで虫になって土の中を歩き回るような感覚に…。
原画には只々圧倒されて言葉も出ません。全てのいきもの・自然に向けた愛と尊敬と恐怖(畏怖?)が注ぎ込まれていて、絵本を何度読んでも毎回新しい感情が生まれます。皆さん口々に言っているそうですが、本当に感じたことを言語化できません💦

イベントでは「がろあむし」の制作過程、次作の絵本のこと、自然環境、いきものの住処と人間の住処などなど「がろあむし」を通して過去現在未来のお話と、絵本の読み語りを聞きました。
読み語りは音として聴くと、ストンと体の中にストーリーが入っていく感じ。「虫の生き様は潔く勇敢」と言われていましたが、それがこの洗練された言葉に表れています。

10月7日の関野吉晴さんとの対談イベントにも参加予定です。楽しみです!4日の表丹沢音楽講演奏会「激流ひとり旅」も参加したかったのですが、この日は行けず…😭
池田先生おすすめのビールを1杯注文しましたが、フルーティな爽やかさで美味しかったです!また飲んじゃお。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

minneでグッズを販売しています。よろしければ、チェックしてみてください☆ https://minne.com/@mamimals

ありがとうございます!
1
画家。1984年神奈川県川崎市出身・在住。 WEB SITE🌏http://nakanomami.net/

こちらでもピックアップされています

感想
感想
  • 3本

展覧会や映画や本など、観たり読んだりした感想。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。