中村たいすけ@長崎県議会議員/長崎市

長崎県議会議員の中村たいすけです。JR東海で新幹線運転士、三菱重工にて洋上風車の開発やLNG船における調達業務を経て、2019年に長崎県議会議員に初当選しました。サラリーマン経験を活かして、長崎の経済を強くします。https://www.nakamura-taisuke.net/

中村たいすけ@長崎県議会議員/長崎市

長崎県議会議員の中村たいすけです。JR東海で新幹線運転士、三菱重工にて洋上風車の開発やLNG船における調達業務を経て、2019年に長崎県議会議員に初当選しました。サラリーマン経験を活かして、長崎の経済を強くします。https://www.nakamura-taisuke.net/

    マガジン

    • スタジアムシティプロジェクト

      長崎市幸町に、J2所属V・ファーレン長崎のホームスタジアムが建設されます。 スタジアムシティとしてのまちづくりを考えていくマガジンです。 長崎県のスポーツに関する取り組みを主に扱います。

    • 新型コロナウイルス対策

      長崎県に対して提言した新型コロナウイルス対策案です。

    • 長崎県のオンライン教育/GIGAスクール

      コロナ禍で一層のスピードで対応が求められるGIGAスクール構想。 一人一台端末も配布されることが前倒しされ、始められる環境は整いつつあるように見えます。 しかしそれでも、すぐには始められない現実があります。 長崎県の現状をレポートし、どうしていくと良いかを考えていきます。

    • 海洋産業都市構想

      海岸線の長さも全国2位、漁獲量も2位、島の数は日本一の長崎県。 海が当たり前にあるこの環境で、海の産業をもっと強くしていくことで長崎を元気にできるのではないかと考えています。

    長崎県の課題

    すべて見る

    スタジアムシティプロジェクト

    長崎市幸町に、J2所属V・ファーレン長崎のホームスタジアムが建設されます。 スタジアムシティとしてのまちづくりを考えていくマガジンです。 長崎県のスポーツに関する取り組みを主に扱います。

    すべて見る

    Panasonic Stadium SUITA スタジアム視察

    1.視察目的  長崎市では三菱重工幸町工場跡地にて、V-ファーレン長崎を有するジャパネットホールディングスがスタジアムシティプロジェクトを進めています。  スタジアムシティプロジェクト成功のため、Panasonic Stadium SUITAを視察しました。Panasonic Stadium SUITAは寄付金で建設されたもので、現在は吹田市営のスタジアムでです。国際試合を可能とするも、非常に低コストで建設されたスタジアムは、我が県においても十分に参考にすべき事例です。

    スキ
    1

    新型コロナウイルス対策

    長崎県に対して提言した新型コロナウイルス対策案です。

    すべて見る

    長崎県での今後のクルーズ船受け入れを考える

     4月20日に最初の感染者を確認してから、クルーズ船の乗員149名の陽性者を抱えながら、大きな混乱を招くことなく5月31日に出港したコスタ・アトランチカ。その後、全ての入院者も無事に帰国した。  この功績は長崎大学病院、熱帯医学研究所やDMATなどの医療機関の方々の働きによるところが非常に大きい。昼夜を問わず、クルーズ船と市内の医療体制を守ってくださる皆様に心からの感謝と敬意を評したい。  松が枝埠頭の2バース化、クルーズ船修繕事業への展望など、長崎港が世界に拓けていく未

    スキ
    4

    長崎県のオンライン教育/GIGAスクール

    コロナ禍で一層のスピードで対応が求められるGIGAスクール構想。 一人一台端末も配布されることが前倒しされ、始められる環境は整いつつあるように見えます。 しかしそれでも、すぐには始められない現実があります。 長崎県の現状をレポートし、どうしていくと良いかを考えていきます。

    すべて見る

    オンライン授業、まずはやってみよう!

     まずはこちらの記事をご覧ください。長崎市立南小中学校が既にオンライン授業を開始しています。  5月11日から長崎県内の学校が段階的に再開します。本県の感染者は本日時点で3週間もの間確認されていません。感染の波が収まったと言えますが、今後第2第3の波が来て、再度休校措置となるリスクを抱えています。  これまでも保護者また生徒のみなさんから、「休校措置はできないのか?」との声を頂くこともありました。子どもたちの「安全性の確保」と「学習補償」の両面を熟慮をしながら、行政もそし

    スキ
    11

    海洋産業都市構想

    海岸線の長さも全国2位、漁獲量も2位、島の数は日本一の長崎県。 海が当たり前にあるこの環境で、海の産業をもっと強くしていくことで長崎を元気にできるのではないかと考えています。

    すべて見る