見出し画像

水平方向vs鉛直方向の力発揮(速度はストライド頻度(ピッチ)とストライド長の積であり、速度を高めるためには、これら変数の両方は無理でもいずれか一方を向上させ、なおかつ他方の変数に一方が向上した分と同等またはそれ以上の低下をもたらさないようにしなければならない)

速度の決定因子
速度はストライド頻度(ピッチ)とストライド長の積であり、速度を高めるためには、これら変数の両方は無理でもいずれか一方を向上させ、なおかつ他方の変数に一方が向上した分と同等またはそれ以上の低下をもたらさないようにしなければなりません。

速度がストライド頻度とストライド長の積にすぎないのであれば、最大速度の向上は単にストライド頻度を高めるだけで実現できるはずです。

ステップ頻度とスプリント速度の相関とは
Weyandらは傾斜なしのトレッドミルでのランニングにおいて、最大速度11.1m/秒を記録したランナーは同6.2m/秒を記録したランナー(速度差は1.8倍)に比べて1.16倍のストライド頻度を示したと報告しています(r2=0.30)。

ところが同じ研究において、-6°傾斜(下り)および+9°傾斜(上り)のトレッドミルにおける最大速度の個人差を調べたところ、最大速度には優位差がみられたにもかからず(それぞれ9.96±0.30m/秒と7.10±0.31m/秒)、ストライド頻度に有意差はみられませんでした(それぞれ4.38±0.03ステップ/秒と4.34±0.08ステップ/秒)。

Hunterらは、ステップ頻度とスプリント速度の間に優位な相関関係が認められない(r=-0.14)と報告しており、同様にBrughelliらも最大走速度とストライド頻度の相関はわずかであると報告しています(r=0.02)。

Heglund&Taylorは、速度の違いにおいて生じるストライド頻度の変動幅は小さい傾向にあると述べています。

ただしその根拠となっているのは四肢動物を用いた研究の結果であり、それもマウスから馬までの幅広い身体サイズの動物を対象としたものです。

#スプリント #ストライド #ピッチ #スピード
https://www.nakajimabonesetter.com/entry/blog/post-11534

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

ご覧になって頂き本当にありがとうございます。

ありがとうございます!
世界中の治療やトレーニングを研究してます。2013年1月,アスリートの治療に特化したNakajima整骨院を横浜市に開業。🇦🇹元SV Horn physio,柔道整復師,NASM-PES,NSCA-CPT,WFA Periodization Specialist,法政大学。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。