俳句手帖

367
固定された記事

俳句の記録

【初心者講座句会2021年6月】
投句〆切は 15 日 、3 句提出、 5 句選の句会。
6 点句 [29]勾玉になりて姉妹の昼寝かな
4 点句 [40]サングラスかけて二十歳へ返りけり
選外 [9]草蜉蝣絶えて座席は空いたまま

【合同句会(第11回)】選句〆切 2021-06-15 23:59
2句出し(無季可)で2句選(並2)
2点[No.407] 老いぼれの帰省のたびに吠ゆる犬
選外 ご自

もっとみる
読んでくれてありがとうございます👍

また一軒また消えてゆく夏の果

半世紀分の感傷髪洗ふ

加那屋こあ
2021.726

スキ、ありがとうございます😍

打ち水や開店前の洋食屋

日向水戻ることなき貸した傘

2021.7.25

スキ、ありがとうございます😍

瓶詰のところどころに黴のあり

うつすらと黴ある父の古鞄

加那屋こあ
2021.7.24

よかったらシェアしてください😀

昼寝覚過ぎゆブルーインパルス

露台にて編隊飛行見上げたり

加那屋こあ
2021.7.23

また来てくださいね🙏

ぬめぬめと水潜りたる河鵜かな

唐門に向き羽広ぐ河鵜かな

加那屋こあ
2021.7.22

うれしいです💕

冷房やいつそ気儘になる休暇

日盛や売り出し中の商店街

加那屋こあ
2021.7.21

読んでくれてありがとうございます👍

日盛やゐしきの熱し玄武岩

園丁の手を休めたる片かげり

加那屋こあ
2021.7.20

読んでくれてありがとうございます👍

打水や客の途絶えし昼下がり

水撒の青きホースや弧を描き

門番の眠気覚ましや水を打つ

加那屋こあ
2021.7.19

よかったらシェアしてください😀

歌舞伎座に連れ立ち行きて夏衣

白粉に玉の汗かき夏芝居

加那屋こあ
2021.7.18

スキ、ありがとうございます😍

亀の子の見上ぐる眼小さきかな

鼈を足蹴にしたる子亀かな

加那屋こあ
2021.7.17

よかったらシェアしてください😀