見出し画像

選択できる自由な時代

今やiPhoneひとつで何でもできる時代。

目覚まし時計、天気予報、電話やテキスト、音楽を聴くことさえも、この小さな電子機器でまかなわれています。困ったことがあれば「Okay, Google」で大抵は解決しちゃう。

アナログな生活がすきで、便利すぎる時代に対して批判的な意見を聞くこともよくあります。わたしもいくつかのそれには同意で、下記のようなnoteも書いています。

わたしも手紙を書いたり、本を読んだり、人と逢ったり、インターネットでは済まされない、人対人でないといけないことはあると信じています。また近年ではAIのさらなる進化による無機質な生活への不安もあります。

しかしそれと同時に、インターネットのない世界に生まれたかったと思ったことはありません。

もちろん簡単に送受信できるメッセージや写真等もその理由でありますが、上記の記事にも書いている通りインターネットやSNSの普及があったからこそ、私は留学に行く決断をすることができました。

また、クリエイターの観点からいうと、欲しい情報を簡単に集めるようになったことや、誰でも簡単にクリエイョンをアウトプットできるようになったことも大きな理由です。

現代は、便利なツールを活用するか、しないかを選択できる時代の真っ只中だと感じています。時と場合と、自分の気分に合わせて好きな生活を送ることができます。

何でもかんでも否定するのではなく、自分で選択することができる自由な特権を上手に活用することが、現代を生きるわたしたちが今すべきことなのかもしれません。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
嬉しいです。ありがとうございます!
50
Natsumi Matsuoka / 服を作っています。自分が大切にしていること、感情のメモを書いてます。 https://www.instagram.com/natsumi_icm/