見出し画像

泣きたくなったら寝る合図


精神的に落ち込んでるわけじゃないけど、わたしは何もない日に、何もない瞬間に泣きたくなったりする。いや、何もないと思ってるだけで本当はいろんな思考が巡ってる。

たとえば今、去年の今頃に聴いてた曲を久しぶりに聴いて、ラブな友だちと車で香川に行った日を思い出した。その曲を車でずっと流して、順番に運転して、美味しいうどん食べて。楽しかったな、また行きたいなって思うのと同時に今年はそんな機会に恵まれなくて、今後いつあるかわからない事実に悲しくなってしまった。そしてやっぱり懐かしくてあたたかい気持ちになってしまった。から泣きたくなった、たぶん。曲を聴いてからこの思想まで0.1秒って感じ。だから自己分析しないと曲=泣きたいになっちゃう。

画像1

悲しくなくても、ほんとうに無の感情のまま息が苦しくなったり泣きたくなる日がある。それがみんなにあるのかはわからないけど、少なくともわたしにはある。そんな日いつも自分に言い聞かせるのは「泣きたくなったら寝る合図、息が詰まったら空気をたくさん吸って吐く」。

それでも、わかってても泣きたい気持ちの中に座り込んでしまう日もある。感情に任せて泣く日もある。それはそれでいいって思ってる。

久しぶりに無性に泣きたくなったけど「泣きたくなったら寝る合図」を無視してこのまま音楽聴いて、気が向いたらアイスでも買いに行こうかな。ピノのアーモンドのやつ食べたいな。

松岡夏海

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
嬉しいです。ありがとうございます!
12
Natsumi Matsuoka / 服を作っています。自分が大切にしていること、感情のメモを書いてます。 https://www.instagram.com/natsumi_icm/