2014霜降その3_8

室内熱中症をふせぐ冷房の効かせかた、  3つのコツ

今週は、月曜日火曜日と校正担当Mが熱中症でダウン。
・足元のくるぶしあたりがやけに冷や冷やする
・2回ほど嘔吐
・いやな汗を中途半端に少しかく
などの自覚症状があったようです。

実はそれ以前から夏バテしていて、いつでも熱中症になることができるコンディションでした。前提として、
●身体のコンディション
足腰に力が入らない・フラフラする・疲れやすい・汗があまり出ない
●心のコンディション
イライラする・気持ちが落ち着かない・なんとなく作業が手につかない
●睡眠のコンディション
日中眠気がある・夜熟睡できない・よく夢をみる・寝汗をかく

などのサインがでているかたは、要注意です。熱中症というと、日射しにさらされて突然倒れるなどのドラマティックなものを想像しますが、実はそれ以前からじわじわと身体が「夏バテ」「暑さ負け」していることでおこります。

室内にいるから安全という訳でもありません。実は冷房の使い方ひとつとっても、コツがあります。夏の暑さが厳しいほど、エアコンのきいている室内との温度差がうまれます。エアコンの冷気による凍てつく寒さは、夏バテした身体を容赦なくむしばみます。

扇風機の風とエアコンの風

この続きをみるには

この続き: 2,160文字

室内熱中症をふせぐ冷房の効かせかた、  3つのコツ

博心堂鍼灸院

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

21
鍼灸臨床と易占を生業に、東洋医学と易の考えを研究している鍼灸師・易占家です。暮らしに役立つ養生法をメルマガで連載中。

この記事が入っているマガジン

東洋医学Q&A
東洋医学Q&A
  • 27本

身近な疑問を東洋医学的な視点から、ひもといていきます。自分の健康をデザインする力を、身につけたいすべての人に。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。