見出し画像

料理をするとPDCAサイクルって鍛えられるんじゃない?

希依

こんにちは、希依です。

昨日、noteにたどり着いたことろまで書いて、
私って本当に自分本位のブログを
ずーっと書いてきたのだなと思いました。

やっぱり気配り、心配りの必要性を実感です。

相手の立場に立って物事を見る
ひとつのこともたくさんの側面があり
それぞれ違った見え方ができる

それにはよく見ること
何度も繰り返すことが必要なのだと実感したのです。

1回読んだだけでは知っているうちに入らない

これって何か学ぶ時も同じ。

ちゃんと学ぼうと思って資料やテキストを読む。
ここまでは普通のこと。

でも1回読んで

あ、知ってる知ってる〜
と思った瞬間に成長が止まります。

だって知っているだけなんですもの。
ただ見ただけなのです。

それを何度も読んでやっと自分のものになるんです。

細部にまで何度もしっかりと読み込むことで、
自分の潜在意識の中に記憶されて
私のものになっていくのです。

繰り返すのが大切なのだけど、
ただ繰り返すだけでは意味がなくて、

PDCAサイクルを使って繰り返します。

まさに気配り、心配りのやり方みたいじゃない?

画像1

PDCAサイクルは螺旋状に回っていく

PDCAサイクルというのは、

P Plan:計画すること
D Do:行動すること
C Check:評価、検証、分析すること
A Action:修正すること

というもの。

これを繰り返していいものに仕上げていくということです。

でも私のイメージはただグルグル回るのではなく、

グルグルと回りながら
螺旋状に上に伸びていく感じがします。

螺旋に上に伸びていくイメージが持てれば持てるほど
潜在意識の奥へ奥へと刻まれていく。

そこに刻まれてしまえばもう私のものです。

実は普段の料理の際に誰もが使っているもの

このPDCAサイクルは
仕事だけではなくどんなことにも使えますね。

だから難しいことではないと思うのです。
例えば料理だって、

P 材料を揃えて
D 調理する
C 味見をして
A さらに調整する

毎回やっていることですもの。

しかもまた作ってね!と家族に言われれば、
その料理を繰り返し作ることになり、
最初はレシピを見ながら作っていたとしても
そのうちレシピはいらなくなり、
私の定番おすすめ料理になるわけですよね。

ほら、かんたん!
潜在意識にPDCAサイクルの回し方がしっかり刻まれました。

これでもう忘れないわ!

同じことを他のことにも使っていけばいいのに
それを忘れてしまうのは
しっかりと潜在意識に刻まれていないから。

もっと自分の可能性を使っていきましょう!


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!