見出し画像

さよなら東京、ありがとう東京。

あけましておめでとうございます。

新年の挨拶もままならないまま、気づけばもう2020年が始まって1週間が経ってしまったんですね。

令和が始まって「わああああ!!」ってなってたのはほんの少し前のことなのに、もう令和2年が始まってしまいました。


---

2019年は、嶺北から福岡へ、福岡から東京へ、と環境が変わった1年でした。

嶺北を離れるつもりも、東京へいくつもりも、その直前までありませんでした。でも、そうゆう決断をしてしまったのはノリと勢いです。笑

東京での生活に、わたしが憧れていたものはありませんでした。それはいい意味で。

東京にきたら、意識高くいろんなイベントに参加していろんな人に会って、フリーランス 仲間と都心のカフェで一緒に作業して、オシャレもメイクも頑張って、、、

ってそう思ってたのに。

実際のわたしは、必要以上に人と会うことなんてなくて、都心に出かけることも少なくて、家の近くのカフェで作業して、シンプルな服に必要最低限のメイク。

物欲もそんなにあるわけではないので街に出てお買い物なんてこともそんなになかったし、相変わらずAmazonヘビーユーザーだし、服は東京にきてSHOPLISTデビューしました。

そんな感じ。

福岡にいたころと、嶺北にいたころと、そんなに大きな違いはなかったかなっていう暮らしをしていました。

フリーランスに憧れていたころ、場所にとらわれない生き方をしたいと思っていました。それは、仕事だけではなく、わたしの“そうゆう部分”もそうだなって今は思っていて。

東京に馴染めなかったわけじゃなくて、どこにいたってわたしらしい生き方ができるっていうことで、それは素敵なことだなって思っています。


---

東京を離れることにしました。

12月に悩んで悩んで悩んで決めて、年末年始はその準備に追われて忙しくしてました。

今日、離れます。


社会人の時、憧れて憧れて、でも叶えられなかった東京への上京を、27歳のわたしが叶えることができました。

東京という街は8ヶ月住んだ今でもちんぷんかんぷんです。

あの時憧れていた生活はなかったけど、だからといってそれが後悔なわけではありません。

東京にきてよかった。そして、わたしに帰りたいと思う場所があってよかった。

さよなら東京。ありがとう東京。


2020年1月7日 ナガシマナツミ

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

おいしいごはんが食べたいです

thank you😊💕
5
iPad クリエイター 🎨 iPad Pro でクリエイティブを作ってます。ガジェットとカフェとおさんぽがすき。note ではゆるりな文章書いてます。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。