【DX企業紹介1】智翔館 ~離島から全国へ!長崎発オンライン学習モデルの構築~
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症やコロナワクチンについては、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

【DX企業紹介1】智翔館 ~離島から全国へ!長崎発オンライン学習モデルの構築~

長崎県DX

 2040年問題を見据え、若者・女性にとって魅力的で良質な雇用の場の創出を目指す長崎県サービス産業経営体質強化事業は、県内企業のDX(デジタル・トランスフォーメーション)を支援しています。今年度は株式会社日本総合研究所の協力の元、県内企業13社のDXを推進し、次世代に向けた「稼ぐ力」の強化を行っています。2022年3月14日~16日にはその成果を長崎県DXフォーラム(zoom)の中で発表することとなりました。

▼▽▼長崎県DXフォーラム応募フォームはこちら▼▽▼

発表会までに1社ずつどのような「DXへの挑戦」をしているかご紹介したいと思います。

企業紹介1社目は、教育格差解決に向けたオンライン授業を展開する学習塾智翔館です。

コロナ禍で一気に重要度が増した「オンライン授業の質」

 智翔館は1991年に日野校を開校後、佐世保を中心に県内10教室で集団・個別指導の教室を展開しており、現在約1000名の塾生が在籍しています。地域ごとの受験特性を独自分析し、優秀な教師陣によるきめ細かい指導のもと、これまでに長崎県から多数の難関校合格者を輩出してきました。

 そんな中、新型コロナウイルスにより突如教育業界全般で対面授業からオンライン授業への切り替えが求められました。智翔館でも2020年4月からzoomを活用した遠隔学習指導をいち早くスタートしましたが、生徒の状況をリアルタイムで把握できない、課題指導をうまく行えないなど学習の質に関してさまざまな課題が顕在化しました。「どんな状況下でも子どもたちの学習機会は確保されなくてはいけない。」そんな強い使命感から、DXを通じたオンライン学習モデルの構築がスタートしました。

オンラインプリント機能「Epson Connect」を活用したオンライン模試&授業

 まず取り組んだのは、オンライン授業でも紙の課題や模試を自宅で適切なタイミングで送受信し、通塾時さながらの受講体験ができる仕組みの構築です。セイコーエプソン株式会社ご協力のもと、高校受験を控えた中学3年生と中学受験を控えた小学5年生を対象に、Epson Connectを活用したオンラインプリントシステムの実証実験を行いました。

 導入前は、オンライン模試・授業ともに必要な問題や回答用紙の受け渡しを郵送で行っていたため、生徒が問題を解いた日から採点結果を受け取り個別指導を受けるまでに約2週間程度の時間を要していました。本システムを導入することで採点後の個別指導が受験日に即日受けられるようになり、生徒の学習機会を向上させる一助となっています。

beforeafter図1

出所:智翔館へのヒアリングを基に日本総研作成

 また西海市大島町では、株式会社大島造船所にご協力いただいて集団でのオンライン授業の実証実験も行っています。佐世保駅前校に授業配信スタジオを設置し、大島町の授業会場とつなぐことで、遠隔地でも試験当日に近い環境下で受講・模試受験が行える仕組みを実践しています。

智翔館大島教室

画像4

西海市大島町での中学3年生の冬期講習受講風景

※現在小学5年生向けに本システムを活用したオンライン講座のモニター生を募集しています。ご興味ある方はぜひこちらもご覧ください!(詳細はこちら!)

佐世保の学習塾から「全国の教育格差の是正」に挑む

 「今回の取組を通じて質の高い教育を受けられるオンライン学習モデルを実現することで、全国各地の過疎地域の教育をよりよくしていけるはずです」と熱く語るのは代表取締役の直江弘明氏と本取組を推進する事業推進部長冨松太一氏。そこには佐世保で長年学習塾を運営する中で感じていた離島に住む子どもたちへの熱い想いがありました。

 長崎県は全国一離島が多い都道府県ですが、これまで県内の離島に住む子どもたちが受講する場合、夏休みや冬休みに本島の学習塾へ遠征する合宿型が基本だったため、移動費用、移動時間、心理的要素など本島在住の子どもと比べて大きな負担を強いられる状況でした。オンライン授業の質が上がれば、どこに住んでいても意欲さえあれば質の高い授業を受けられる環境になります。

 今後オンライン授業の受講状況の見える化、パーソナライズされた授業設定、講師の業務効率化を図りながらオンライン学習モデルの魅力度を高め、日本全国に幅広く展開することで、SDGsの目標の1つである「質の高い教育をみんなに」への貢献を実現していきたいと考えています。ぜひ智翔館の熱い挑戦を応援お願いします!

画像1

代表取締役直江弘明氏(左)と事業推進部長冨松太一氏(右)

智翔館は3月14日に登壇し、現在のDX推進状況を発表頂く予定です。
長崎県発のオンライン学習モデル構築への挑戦をぜひ間近でご覧ください!

長崎県DXフォーラム(zoom)開催!

日時:2022年3月14日(月)~16日(水) 各17:00~18:00
参加費:無料
参加方法:オンライン(zoom)
登壇者:長崎県内のDX推進事業者10社程度(各回3~4名登壇予定)
ご参加対象者:DXに興味がある方、
中小企業のデジタル活用に興味がある方、
長崎の未来を盛り上げていきたい方

▼▽▼応募フォームはこちら▼▽▼
▼▽▼イベント詳細はこちら▼▽▼

文責:株式会社日本総合研究所 コンサルタント 湯浅夢奈

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
長崎県DX
長崎県内企業のDX(デジタル活用)のホットな情報をお届けします。 3/14(月)~16(水)にオンライン(zoom)で県内企業のDX成果報告会を実施予定です!詳しくはこちらをチェック!→https://nagasaki-dx.studio.site/