ウェブ小説投稿サイトについての雑感。

ウェブ小説投稿サイトについての雑感。

ウェブ小説活動がんばってみよう、というのでとりあえず最大手な「小説家になろう」さん、有名な老舗「アルファポリス」さんに参加してみました。
その後、他の投稿サイトにも参加してみました。
いまはたくさん投稿サイトがあって(二月末には講談社系の「セルバンテス」さんもスタートしたみたいですね)、ひととおり参加させてもらったので個人的な感触みたいなのを書きます。投稿してみようかな? という方に少しでも参考になれば幸い。

小説家になろう


いわずもがなの最大手。母数が際立って多いため、基本的に一番読者を得やすいサイト。「なろう系」と呼ばれるなろう発のウェブ書籍化がラノベ界の主流になっている。
作品数も膨大なので、「ランキング」に載らないとほぼ埋もれるといっていい。
そしてそのランキングに載るために熾烈な競争が…。
…といいつつ、タイトルをなんとかして時間と曜日を気にして投稿すれば、ちょっとずつでも読んではもらえる。(更新するとほんの数分だがトップページに表示される。タイトルで目をひければクリックしてもらえる)
異世界ファンタジー系が強い。逆にそれ以外だとあまりPVを得られない(とはいえ母数が多いので、他の投稿サイトよりは見てもらいやすい)
全体的にシンプルなつくりで、書き手も読み手も使いやすい。機能も充実している。
ただ、母数が多い分感想欄などが非常に荒れやすい(レビューやブログのコメント欄も…)
が、それらの書き込み欄をすべて閉じることもできるし、あまりに悪質なユーザーはブロックしたりもできるので、ちゃんと自衛はできる。
マシュマロのように、ネガティブな感想はカットする機能が搭載されてもいいと思う。(投稿者側が「辛口OK」「辛口NG」でそれらの機能オンオフを自由にできれば最高だなあ…)

アルファポリス

なろうにつぐ老舗・大手サイト。なろうとアルファに登録しておけばまず間違いない、というところがある。
ホットランキングという独自の基準があって、新作であればランキング載りやすくなる。このホットランキング、トップページに表示されるためかなり強い。
しかしどういう基準でホットランキングが集計されているのかよくわからない…。なろうと違ってブクマや評価というわけでもなく。
24hポイントというのがあるが、そのポイントによって順位が決まるわけでもない。
いまだに試行錯誤中です。
人気ジャンルはほぼなろうと同じ。ホットランキングに載れなかったらほぼ伸びない、という現実もあったり。
感想欄は承認制。欄そのものを閉じることもできるが、書き込まれたコメントを見て自分で承認してから公開or削除できるので、荒れた感想をもらってもスルーできる人に向いている…と思う。
小説、マンガ、ブログ、その他もろもろでコンテンツが多い。
なろうと違い、外部作品のURLを登録できるのも便利。あとR18コンテンツも普通にまじっている(なろうだと別サイトがある)
一定のポイントをとると書籍化申請できるというシステムの先駆者にして老舗だと思う。
その後、投稿インセンティブというシステム?が出来て、投稿作品のポイント(PV、ブクマ数などで総合的に計算されてつくらしい)に応じて換金可能なポイントがつき、アマゾンギフト券やリアルマネーに交換できるようになった。更に今年から、アルファさんの広告収入が全額投稿者に分配還元されるようになった…らしい。
なろうと違って、作品ごとのPVが見えないのが残念。わかるのは作品のブクマ数のみ。(作者ごとお気に入りしてくれている人の数もわからない…)
なろうは様々な出版社が書籍化の声をかけるのに対し、アルファは自社で書籍化している。書籍化のハードルを下げてくれているのがありがたい。ただ、そのぶん出版後はウェブから削除しなければいけなかったり、印税の支払いがちょっと独特なので書籍化をしたいときはそこに注意?(契約書が公開されているので読むとよいかも)

ツギクル

比較的新しい?投稿サイト。
色々機能があるのだが、正直、あまり使いこなせてるとは言えなくてなんとも感想がまとめられない。
というのも、自分だけではなくほとんどが外部登録作品。(なろうとかで投稿し、そのURLを登録しているパターン)
バナーを貼ってPVに応じてランキングが上がるというシステムだけど、ほとんどなろう作品をURL登録しているものばかりで、内部投稿が少ない気がする。
アルファと同じで、一定ポイント以上に達すると出版申請みたいなことができる(あくまで検討してもらえる、というもの)
活動報告や近況ボードといったブログ的機能もいまのところ見当たらない。
いまのところ、投稿サイトというより、作品を外部登録するサイト、という感じになっているようす。

マグネット

比較的新しい?投稿サイト。独自のポイントシステムがあり、「デイリークエスト」といった日課課題をこなすとポイントがもらえて、自作の宣伝に使える。ゲーム感覚が好きな人には楽しいかもしれない。
また有料でポイントを買い(無料でためられるポイントとは別)、有料ポイントも好きな作品に与えることができる(ユーチューブのスパチャ、オプレのエールみたいなもの?)。有料ポイントをもらった側は、換金できるようだ(アマゾンギフト券/銀行振込)。
作品投稿機能はちょっとクセが強くて、なろうやアルファに比べると使いにくいところがある。
とくに、1-2-3話という順で追加したはずなのに、実際に作品画面で表示されるのは3-2-1話と謎に逆の順番になったりする…(仕様らしい)
表紙画像を設定することができる。公式が提供してくれる画像がいくつかあるので、それから選べる。ここは好みが分かれそうでもある。
色々なコンテストがこまめにあって楽しい。
コメント、イイネ機能がある。(コメント機能はいまのところオフにできないみたい?)
…どうも、なろうの活動報告やアルファの近況ボードみたいに作者用ブログみたいな機能がないっぽいので、それがあったらなぁと思う。あとコメントもらったときの通知機能もほしいところ。
こちらは年齢制限系コンテンツは禁止。
発展途上中のサイトなので、人は少ない。独自の書籍レーベルがスタートしていて、四月に創刊のようす。

エブリスタ

ケータイ小説系?の有名サイト。ケータイ小説系ベースなので、他の投稿サイトに比べるとかなり特殊。300~500文字で自動的に1ページ区切りになったり、その1ページ区切りごとにしおりやコメントをはさめたり(コメントはオフできる)
ランキングがあるが、「ピックアップ」「急上昇」「みんなの注目」など色々露出を増やそうとしてくれているのがよい。
コンテストも豊富で活発。
ただ編集画面のクセがかなり強いので、他の投稿サイトになれてからこちらに入ると戸惑うかもしれない。
作品へのコメント・レビューのほかに、応援のスターが送れたり(イイネみたいなもの)、昔で言うところの公式掲示板(BBS)みたいなサークルというのもがあったり、作者にコメントを送れる伝言板とブログ的に情報を発信できる?ほうのコメント機能があったり。
あと昔ミクシィであった「足あと」機能がある…。誰が作品を見に来たか、誰がプロフィールを見に来たかがわかる、という。
交流ツールがかなり豊富で、創作仲間がほしい方にはいいかもしれない。
恋愛ものは現代ものが強く、たぶんライト文芸系と相性がいい?
ホラーやサバイバル系もかなり書籍化している。なろうやアルファとはまた違った読者層がいるようです。

カクヨム

KADOKAWAとハテナの共同開発な投稿サイト。
ハテナ開発だけあってとても使いやすい。とくにフォントが美しい。
KADOKAWA系なのでイベントも書籍化が活発なのだが、やはりなろうやアルファに比べるとPVが寂しい気がする…。ランキングの集計についてはよくわかっていないです。
結構なろうから移ってきたり、両方使っていたりという人が多い。
なろうよりは、表現に関する規制がゆるめのようす。(なろうはかなり厳しいという噂を聞く)
公式も自主企画も盛んで、作者同士の交流も活発…らしい。自分はぼっちなのでわからない。
PV的にはなろう、アルファ、カクヨムorエブリスタ、の順なのかな?

恋愛ジャンルに強いケータイ小説系サイト「ベリーズカフェ
全年齢向けで、現代も異世界ものも結構あるなあという印象。エブリスタはR18もOKなのに対し(きついのはNGらしいけども)、ベリーズは年齢制限系はNG。
全年齢向けサイトなのもあってか、ちょいちょい「若い人なのかな」という感じるようなきついレビューも見かけた。それだけユーザーが多く活発ということではあると思うのだけど、レビューを受け付けるか受け付けないか作者に選ばせる、もしくはきついレビューは作者側で削除できるようにする、など自衛の手段があったほうがいいのではないだろうか…とちょっと思ってしまった。(なろうはそれがあるので)

まとめ?

とりあえずなろう、アルファに登録して、あとは作風によってエブリスタ、カクヨムとフィールドを広げてみるといいかもしれない。
なんだかんだ、なろうやアルファはコメント欄系を全部閉じたりすることができるので、お豆腐メンタルの人も安心して書けるのがよい。
とにかくなろう一強(なろう系異世界転生一強)状態なので、今後もっと色々均衡がとれてくるといいね、と思ったりなんだり。

おまけ
ちなみに、なろうで特に顕著なのだけど、ウェブ小説として受けるのは「サクサク展開」「ストレスフリー」「会話文多め」な話のようです。
これだけウェブ小説が隆盛をきわめると、ウェブでの読みやすさに特化したものになっていくのは当然と言えば当然かも。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
永野水貴@ラノベ作家

サポート=投げ銭のようなものです。気が向いたときなどに投げていただけたらとても嬉しいです。創作活動のために使わせていただきます(資料代など)

[ 底辺ラノベ作家 ]フォローご自由にどうぞ。 ウェブ小説■https://mypage.syosetu.com/521964/