見出し画像

1月の日本語おしゃべり会を開催しました

明日から、中国では「春節」と呼ばれる旧正月のお休みが始まりますね。でも実は、日本のお正月は1月1日から3日までと、旧正月よりかなり前にやってきます。

1月の日本語お話し会のテーマは「日本のお正月」です。

画像7

今回はまず

1.二人一組で日本のお正月にまつわる写真を見る
2.そのものずばりの単語は言わずに、日本語で何なのか説明する
3.最後に種明かし!

となりました。

ブログでも、日本のお正月にまつわる単語をいくつかご紹介します。

1.しめ飾り

画像1

しめ飾りは日本でお正月を迎える前に玄関などに飾る縁起物です。クリスマスを過ぎると、飾り始める人が多いようです。魔よけの意味あいもあると言われています。

2.門松(かどまつ)

画像2

門松も、年末に家の門のそばに飾るケースが多いです。ただ、マンションなどの場合は共同玄関にひとつだけ飾られている場合もあります。「松は千歳を契り、竹は万代を契る」と言われ、松と竹で神の依代の永遠を願うという意味合いがあります。

3.鏡餅(かがみもち)

画像3

お正月飾りの一種。床の間などに備えられることが多いが、近年は洋間が増えている関係で飾らない家庭も増えています。
このお餅、もちろん食べることができます!お正月が終わると、「鏡開き」といってお餅を木槌などでたたいて割ります。飾っている間に乾燥してひび割れてくることもあるので、お汁粉や焼いて食べることなども多いようです。


4.お年玉(おとしだま)

画像4

広東語で言う「利是(ライシー)」のこと。日本では、大人が子供に上げるもの、という考え方が多く、たとえ子供であっても、成人したあとはなかなか両親からお年玉をもらうことができなくなります(笑)

5.おせち

画像5

日本のお正月のお祝い料理。海老や黒豆、栗きんとん、紅白のかまぼこなど縁起物の食べ物がお重にたくさんつめられています。

3が日(1/1~1/3のこと)は朝食におせちを食べる!という日本の家庭も多いようです。主食はお雑煮(おぞうに)といってお餅をいれた澄まし汁が一般的です。

2月の日本語お話し会についても、ふるってお申し込みをお待ちしています!ぜひ、Kingswayのフェイスブックページをフォローしてくださいね!!


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

香港の各種ビザ取得サポート、人材紹介、会計労務支援などのサービスを提供しています。http://kingsway-hk.com/ja/
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。