僕の将来の夢についてここに記す
見出し画像

僕の将来の夢についてここに記す

なっく

※stand.fmでも放送しているので、良ければこちらもチェック!

皆さんこんにちは、なっくです。

今回は僕の夢という、僕以外の人間が果たして興味があるのか、という内容についてお話しします。

自分の退路を断つと言うか、自分自身を奮い立たせるためにも、夢というか目標をみなさんに公開しておこうと思い、この記事を書いています。

人生に夢がない人なんかは、こんなんでも夢っていいんだ、とか思ってくれて、少しでも生きる希望になってくれたらな、とか思ってます。

※今後も随時更新していく予定です!

世界一周

ベタかもしれませんが、世界一周はしたいですね。

日本だけしか知らないで死ぬのは絶対に嫌なんですよ。
僕は色んな国があるこの世界で偶然日本で生まれたわけですが、実際のところ世界は日本だけじゃない。
僕の知らない世界はいっぱいあります。

そういったものは一つ残らず見ておきたい。
だって、知らない世界を知るというのはシンプルに楽しいことじゃないですか。

そのためには、世界一周が一番かな、なんて思っています。

行くのは早ければ早いほど良いと思っています。若いうちに経験した方が今後の人生にも活かしやすいですし、体力的にも余裕がありますからね。

出来れば35歳くらいまででしょうか。

今はコロナなんで旅行はなかなか厳しいですけど、落ち着いたときに行けるような体勢を整えていようと思っています。

ビジネス書 エッセイ出版

僕の夢の一つが本の出版です。

それもビジネス書やエッセイを出版したい。

僕がブログやこのnoteではなく本に拘る理由は、自分が書いた文字を一つのものとして残しておきたいからです。

ブログとかの電子機器でしか見れないコンテンツって、ものじゃなくてデータじゃないですか。そうではなくて、ものを残していきたいという欲求があります。
僕の思いや考えを形として残しておきたいんですよね。

それに本だったら朽ちない限りは未来永劫残るものじゃないですか。データは誰にも見られることなく消えていく可能性がありますが、本なら僕の子孫まで代々残していくことが出来るかもしれない。

そういう理由から、本の出版を志しています。

ビジネス本やエッセイに拘る理由としては、それら本が僕の生き方や考えを記した本になるだろうと考えたからです。

僕も一応エンジニアの端くれなので、将来的には技術書を出す可能性もあります。
ただ、その技術書って僕に興味があるわけではなく、その本に書かれている技術に興味があるわけですよね?

それも一つ良いことだとは思いますが、僕の思いとしては自分にフォーカスを当てた本を出したい。
僕じゃなきゃダメって本を出版したいんです。

いつかは達成したい夢の一つですね。

世界を変える商品の開発に携わる

一応僕は一端のエンジニアなので、一応何かしら商品開発で結果を残したいな、という気持ちがあります。

だからこそ、僕は世界を変える商品の開発に携わりたい、という思いがあります。
例えばiPhoneみたいな製品ですね。

ただ、果たしてそのような画期的な商品が日本の企業から生まれてくるだろうか?という思いは常々あります。

いつかはシリコンバレーのような土地で自分をレベルアップさせていく必要があるかもしれない…なんてことは頭の中で考えています。

やはり余裕が出来たら英語を勉強して行かなきゃダメですね。日本だけに止まるのではなく、世界に目を向けて行かないと。

タワマンに住む

超具体的な話ですが、タワマンに住んでみたいんですよね。

別にそんなに家は広い必要はないです。
あ、でもお風呂は広い方がいいな。脚が伸ばせるくらいの湯船だったら最高ですね。サウナもあったら最高。

一つの憧れはジムが併設されている家ですね。
エレベーターで降りてさっと筋トレできる環境に憧れます。 

後は、ゲストルームがある家がいいです。
自分の家でパーティーが出来るようにしたいんですよ。

別に女の子を呼んでパーティをしたいという気持ちはサラサラなくて、むしろこれまでお世話になってきた家族や友人と楽しく過ごせる環境を作りたいな、という思いがあるんです。

僕の人生の中での一つの喜びが、これまで仲良くしてきた友人とお酒を飲む時間です。その時間をもっともっと最高なものにしていきたい。

だから、ゲストルームのある家に憧れます。そうしたら気楽に友人を呼べますし。

想像しただけでワクワクするので、是非とも達成したい未来ですね。

地元の親善大使

かなり難易度上がりますが、地元の親善大使なんかもやってみたい。

僕、地元が結構好きなんですよ。出来ることなら地元にずっと住んでいたいなんて思いもあります。

そんな地元の良さを少しでも多くの人に伝えるためにも、親善大使をやりたいな、と思っています。

もちろんそのためには僕自身が凄い人になる必要がありますがね…

障がい者支援

僕自身、身内に障がいを抱えている人がいることもあり、障がい者支援には興味を持っています。

僕が彼らに何をしてあげられるかはわかりませんが、もっと彼らが住み良い世界になるよう、微力ながら僕も貢献していけたら、と考えています。

金銭的な支援を想定していますが、そのためにはしっかり稼がなくちゃいけませんね…

始球式

僕の夢の終着点かもしれません。

僕は始球式をやってみたい。
プロ野球で試合前にやるアレですね。

僕はプロ野球が大好きなのですが、そのマウンドに一度でいいから立ってみたい。

別に球場を借りればマウンドに立つことは出来るんですが、それはまた違うんですよね。

大勢の観衆の中で、マウンドから一球を投じてみたいんです。
そんな思いがあります。

また、これは自分のエゴですが、抽選で当たったから始球式をやる、とかではなく、しっかりお呼ばれされるような結果を残して、始球式をやりたいですね。

そのためにはかなりの有名人にならなくてはいけないと思いますが…頑張ります。

ちなみに希望はオリックスファンですので京セラドーム大阪です。
オリックスさん、頼みます!(笑)

最後に

この記事を読んだ人も、自分の夢についてnoteを書きましょう。

これは命令です。絶対です(笑)

人生のゴールというか、目標がなかったら、どこに進んでいけば良いのか分からなくなってくるじゃないですか?

だから、ゴールを設定しておくんです。そしてそのゴールに向かって努力し続ける。
それが楽しいんじゃないですか。それが生きてるってことじゃないですか。

だから、まずは目標を書いておきましょう。自分の人生の目標を。

有言実行してやりましょうや。

ここまで読んでくださり、ありがとうございました!

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
出会いに感謝です!!
なっく
26歳技術職のサラリーマンです。早稲田大学院→大手メーカー技術職 ブログ(https://go-cowboy.com)もやってます。