見出し画像

見知らぬ誰かが自分を嫌っていると思うなら、黙れ。それが嫌なら、言え。

2月15日の「ほぼ日刊イトイ新聞」のコラムは、人が好かれているとか嫌われているとかの話。そのコラムの最後は次のように締めくくられていて、まさに今の時代を反映している言葉で印象的でした。

インターネット以後は、特別に有名な人でなくても、
「見ず知らずの人が、じぶんに悪意を抱いている」
ということを知ってしまうようになった。
(中略)
こういう時代なりの健康なこころの持ち方を、
あらたに勉強する必要が、ふつうの人にもありそうだな。

コラムを書いた糸井重里さんは「こういう時代なりの健康なこころの持ち方」の答えは書いていませんでしたが、今、ぼくはどうやってインターネットと付き合っているのかを考えてみました。

答えはいたってシンプルです。

波風を立てたくないなら、何も言わないで見てるだけ。
伝えたいことがあるなら、自分の言葉で発信する。

ぼくがこのように考えた理由は、自分自身の経験にありました。

ぼくはブログを2006年から運営していて、かれこれ10年になります。最初は日記のように自分で書いては、一人でそれを楽しんで、という状態でした。

ところが、Twitter や Facebook などを始めたり、イベントに出たりして、露出が少しずつ増えてきたことで、人に見られることを意識せざるをえなくなっていきました。


KYになりたくない

だんだんと人目に触れてくると、驚くべきことに、めちゃくちゃ空気を読んで発言をしている自分がいました。差し障りのない発言が増えました。たぶん、見る人全員にいい顔をしたかったのでしょう。誰にも嫌われたくなかったのでしょう。

こんな風になってしまったのは、自分に対するネガティヴなコメントを見たからでした。ブログに対するコメント。2ちゃんねるの書き込み。Twitter でのつぶやき。正直、精神的にも肉体的にもまいったこともありました。

見たくなかったものを見てしまった感じ。
会ったことのない見知らぬ人の目が怖くなった瞬間。

今でも忘れられません。そのときから無意識に無難な道を歩むようになりました。

だから、怖い体験をしたくなければ、黙っていればいいんです。人目に触れないように静かに生きていけばいいんです。そうすれば、悪く書かれることはありませんし、「嫌われているかも」と思う必要もありません。

でも、ぼくはそんな自分に嫌気がさしました。


言いたいことも言えないってつまらない

ブログを始めたのも、Twitter などでも意見を言うようになったのも、イベントなどで人前で話すようになったのも、自分の正直な思いを伝えたかったからです。

なんで自分のやりたいことを我慢してるの?

ぼくは自分に問いかけました。そして、みんなにいい顔がしたいから、という自分に腹が立ちました。

だから、今は言いたいことを言って、生きたいように生きています。すると、気持ちがすっきりするんですよね。

もちろん、言いたいことを言えば、それだけネガティヴなコメントをいただくこともあります。ですが、受け取り方が変わりました。

自分が言いたかったことに対する意見をくれたんだ

こういう見方もあったんだ

嫌な気持ちになる瞬間がないと言えば嘘になりますが、だいぶ楽になったように思います。この瞬間を少し味わうよりも、自分を偽っているほうがよっぽどストレスだったんですね。


言いたいことを言わないのは自分のせいだ

今は、言いたいことを言える環境があります。黙って過ごすのも、その環境を利用するのも自分次第です。

もし言いたいことがあるのに、その環境を利用していないのは自分以外に他なりませんよね。「言わない」という選択をしているわけですから。

もしかすると「精神的に強いから言えるんだ」と思われる方がいらっしゃるかもしれません。でも、今までに書いたとおり、ネガティヴなコメントにやられるような弱い心の持ち主なんです。

それでも今のように生きていけるのは、見知らぬ人のことを恐れるよりも、自分に嘘をつくほうが怖いから。

みなさんはどちらの選択肢を取って生きていくのでしょうか? 恐れずに「言う」ことを一度でもやってみると、考え方がガラッと変わると思います。新たな一歩を踏み出してみてはいかがでしょうか。

--------------------------------------------------------------

渡邉 淳/porpor(英語学習コンシェルジュ)

Blog: http://www.toeic990er-for-learners.com/blog/

Twitter: https://twitter.com/porpor35

Facebook: https://www.facebook.com/nabeatsu3

--------------------------------------------------------------

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

もし内容に共感をしていただき、有益だと感じていただけたら、サポートをお願いできますと幸いです。情報を広める手段として使用させていただきます。

スキって言葉は最高さ!
88
英語で困る人を救うことを使命にして突き進む講師(東京海洋大学/天狼院書店)・著者(戦略特急)・編集者・ライター。毎朝、英語学習のエナジードリンク的な読み物を書いています。孤独がつきものである英語学習者に少しでも寄り添える存在になりたいです。

こちらでもピックアップされています

「心の痛み」と「世界の生きづらさ」を取り除く
「心の痛み」と「世界の生きづらさ」を取り除く
  • 1165本

この世界の真理は常に「理不尽」で「矛盾」に満ちており、「公平かつ公正な世界」も我々人類の身勝手な妄想にすぎない。 例えばイタリアのデザイン集団『アーキズーム』の共同創設者マッシモ・モロッツィは、性質の相反する素材と形状を組み合わせた製品や突飛な逸話で知られる工業デザイナーである。彼自身が「矛盾」の体現者だったのだ。 我々は進化の過程で知性を獲得した時からずっと、無知や恐怖によって自他の心を縛りつけ、あるいは誰かを傷つけてきた。 人類の歴史とは矛盾や理不尽との斗いそのもの、そして互いを傷つけ合う負の感情の連鎖=「怒りのキャッチボール」の歴史に他ならない。 ならば我々は今こそ、その繰り返される悲劇に終止符を打とう。 欲望や期待に縛られ、不公平な現実を呪い、負の感情を周囲にぶつけるのではなく、矛盾や理不尽を許容し、征服より共存を、闘争より共感を、一元的な世界よりも多様な世界を目指すのだ。

コメント (11)
> Reikoさん
誰でも気にしてしまう時期がありますよね。「生きたいように生きたい」というのは忘れずにいたいですよね。一度きりの人生ですし。
> ピアレスゆかりさん
ぼくはしばらく吹っ切れるまで時間がかかりました。これは自分で気づく以外に方法がないんですかね……。
> たもんままさん、ごっとんさん
自分の思いをタイトルに乗せてみました。少しでも心に引っかかったのであれば嬉しい限りです!
新しい事をはじめようとしているけど、結局立ち止まってる自分。渡邉さんのおっしゃる事が自分への問いかけでもあるような気がします。まずは、一歩出てみることかなと。自分なりに思いました。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。