見出し画像

TOEIC の Part 5 で文法問題を間違えないための5冊とその使い方

売り切れ

*こちらの記事は100円で単品での購入ができますが、500円/月(以下のマガジン)をお支払いいただくと、その月の間は今までの記事をすべて読むことができますのでお得です。

週刊 TOEIC 990点パーフェクトスコアラー秘伝の書

*単品でのご購入は先着10名さまとしています。ご了承ください。

-----

900点を取れる実力であれば、文法に穴はない。
だって、アビメの文法項目は「100」。
理解できない英文はない。

すべて断言を持って「本当だ」と答えられますか?

ハイスコアを取得するにつれて、「文法はマスターできている」と考えるのが普通です。

ぼくの講師仲間を例に出しましょう。彼は990点を目標にしていたのですが、いろいろな問題を解いたり、参考書を使ったりしてもがいていました。彼も「文法は大丈夫」と考えていたうちの一人です。

ところが、ふとしたキッカケで、改めて「文法」を見直したことで、リスニングでよく理解できるようになり、リーディングでスムーズに読めるようになったと言っていました。その土台がきちっと固まったことで、990点につながったと言っています。

「文法は早めに固めておくものだ」と言われます。だからこそ、スコアが上がれば、「文法は固まっているものだ」と考えてしまいがちなのです。

文法が定着していないと、せっかくの語彙力をリスニングやリーディングで活用することができません。ですから、これを機に自分の文法知識を確かなものにしてみませんか?

文法が定着し、語彙力があれば、Part 1 から Part 7 の全文を「文法的に説明できる」ようになります。このようになるためにはガムシャラに英語を読むのではなく、文法を知り、正しく読む必要があります。ここからご紹介する5冊を効果的に使って、このゴールを達成しましょう!

この続きをみるには

この続き:2,000文字/画像5枚
記事を購入する

TOEIC の Part 5 で文法問題を間違えないための5冊とその使い方

渡邉淳/ぽるぽる@英語学習コンシェルジュ

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

もし内容に共感をしていただき、有益だと感じていただけたら、サポートをお願いできますと幸いです。情報を広める手段として使用させていただきます。

スキって言葉は最高さ!
2
英語で困る人を救うことを使命にして突き進む講師(東京海洋大学/天狼院書店)・著者(戦略特急)・編集者・ライター。毎朝、英語学習のエナジードリンク的な読み物を書いています。孤独がつきものである英語学習者に少しでも寄り添える存在になりたいです。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。