見出し画像

僕がモノノフになった日。〜ももクロと天下統一の道〜

出会いは2012年だった。

ちらほら聞く「ももクロ」って言葉。

僕は時代に置いてきぼりにされないように必死にググった。

なんだ、アイドルじゃん。って、確かに思った。

でもねYouTubeを観たら…、止まらなくなった。

後を引くのだ。かっぱえびせん以上に。

関連動画をずっと観続けて、結局夜が明けそうになっていた。

結局その日が僕にとってのももクロの夜明けになったのだ。

ももクロは、普通のアイドルではなかった。

普通のアイドルをあざ笑うかのように、コマネチやプロレスラーのポーズ

やらを真剣にやっていた。

真剣にやるってとこがミソで、これ、中途半端に恥ずかしそうにやってたら

観てるこっちが恥ずかしくなる。要はスベる。

でも彼女たちは、それを一生懸命に演じる。

そこに40を越したおじさんがシビれたのだ。

彼女たちが全力なら、川上アキラをはじめとする運営も全力だった。

「早見あかり」がメンバーに脱退を宣言する舞台裏を

ネット配信してしまうのだ。

「早見あかり」から話がある。ってことから始まり、

よくわからずに集められたメンバーがお菓子の取り合いをしている。

そして脱退することを告げる。

意味がわからず顔をあわせる。それが驚きに変わり、悲しみに変わる。

そんな一部始終をドキュメンタリーで配信する。

上手にネガティブ要素を逆転させる下地をつくりだした。

全力少女×全力運営

この圧倒的な魅力というパワーに

無気力なおじさんは目を覚ましたのだ。

今までアイドルなんて応援してこなかったおじさんが、

ももクロのファン「モノノフ」になってしまったのだ。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

サポートいただけたら なによりワシのココロが喜びます。ニンマリします。 何卒よろしくお願いします。

ありがとう!きっと良いことありますよ。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。