ふたり

結婚すると決めた時、
気付いてしまった

父のどうしようもない寂しさに

この人と一生いると決意したとき、
気付いてしまった

父は、もう、ひとりになってしまったことを

この先も死ぬまで生きて、
ひとりで生きて、
ずっとずっと、
いない寂しさを、
なくした哀しみをかかえて、
生きていかなければいけない

ふたりでひとつ
わたしとあなた
あなたとわたし
全ての始まりである夫婦

あなたがいない父
あなたを頂いたわたし

わたしは父に
ゴメンと言った


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
29
2015、春に結婚しました。詩を描きたいと思ってってます
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。