見出し画像

「決める」訓練をした話

10代の頃、「自分のメンタリティとコミュニケーション能力では、せいぜい24歳くらいまでしか生きられないのでは?」と思っていたら、マジで20代前半が地獄で、それでもどうにか生きていくためにスキルを身につけた経緯とか考えたこととかを、ネットの海の中に投げ込んでおきます。
主に自分があとで読んで懐かしいなーとか思うためのやつ。


初めてリーダーになった当時、一番気が重くてつらくて面倒で嫌だったのは、「何もかも、決定権が自分にある」ことでした。
日々メンバーや後輩から相談され案件を持ち込まれ泣きつかれ、「決めるのは、しんどい」ということを、そのとき初めて、きちんと理解しました。

実家にいた頃、母に「今晩、何食べたい?」と言われたとき。
上司と食事をご一緒する際、「何が食べたい?」と聞かれたとき。

それまでの私は、常に、「なんでもいいよ」「何でも大丈夫です!」と答える人間でした。
自分が決める立場になって、「『何でもいい』が一番困るんだよ!!!!」とようやく、深く深く理解しました。お母さん、先輩方、その節は本当に申し訳ございませんでした。

「決める」というのは、めちゃくちゃにエネルギーを消費する行動です。
最近、結婚を予定している友人から色々な話を聞いて「『結婚』って小さなことから大きなものまで、決定事項が死ぬほど多いプロジェクトじゃん! 『君の好きにしていいよ』って優しさでもなんでもねーじゃん!? お前も決定に関われよって話じゃん!? そりゃマリッジブルーにもなりますよね!!!」と新鮮に発見しました。(私は一生結婚しないフレンズなのであまりにも疎かった)
だから、「決めなくてもいい」立場ってちょーーーーーー楽だし、エネルギー温存できるし、リーダーにならないメリットってそこらへんにあるよな〜と思います。

しかしもう、私はリーダーになってしまったので、後戻り出来ませんでした。
そして今まで決めてこなかった人間が、すぐに「決める」ことができるようにはなりません。毎日決めるのに時間かかるし決めるのつらいし地獄でした。

どうすれば人間は「決める」ことができるようになるんだ……?
と悩み、決定力をつける本とかリーダー論とかビジネス書をガシガシ読み漁っては試してみて、いちばん効果があったのが、

「店に入ったら、メニューを開いて30秒で何を頼むか決める」

でした。

当時のランチは必ず外食。つまり週5回、1日1回必ずやる作業だったので、嫌でも習慣にせざるを得ませんでした。(「毎回同じものを頼まない」も追加ルール)

それまで食べるものを決めるのに数分、ひどいと10分を費やしていた人間だったので、最初は「いや何が食べたい気分かとかわかんねーよ!」と混乱するし、決めるのしんどいし、適当に選んだら全然食べたいやつじゃなくて後悔するし、を繰り返していましたが、とにかく毎日やっていくうち、徐々に精神的負荷は軽くなり、決めるスピードも上がっていきました。

「メニュー決め30秒チャレンジ」に慣れてからは、

友人と遊ぶ計画を立てる際、できる限り自分が主導してスケジュールを決める

ということも、意識的にやるようにしました。

それ以前は誰かが誘ってくれるのを待って予定ぜんぶ相手に委ねるガチ受け身体質で(今思うと友人にも様々な迷惑と精神的負担をかけていた……申し訳ない……)、当初は予約の電話を入れるのも面倒くさかったりしんどかったりしましたが、人間は慣れる生き物だったので、だんだん苦ではなくなりました。

あとはリーダーとして「何もかも決めてもらえばいい」とメンバーに思われないように&自分の負荷を減らすために、後輩と食事に行くときは、「何でもいいが一番困るんだよー」と説明したうえで、「和洋中イタリアン、どのジャンルがいい? 昨日は何食べた?」と聞いて、決定に参加してもらうようにしました。

仕事の際も、「AとBどっちか決めてくださーい」というお任せノリでくる人には、毎回「あなたはどういう理由で、どっちがいいと思う?」と聞くようにしました。
数回で「私は◯◯という理由でAがいいと思うんですが、Bという案にも△△というメリットがあります。どちらがいいですか?」というふうに行動を変えてくれる人もいれば、すぐには変わらない人もいます。
でも何度もやりとりを繰り返すうち、話している途中で「これは……デジャビュ!」「私、前にもこの質問されてましたね……」と気づいてくれるようになるケースが多かったです。

そんなかんじで、自分が「決める」訓練をして「決める」立場で行動するようになって、いちばん痛感したのは、「自分で決める」スキルのある人と行動するのは本当に楽だなー!ということでした。
お子さんでも学生さんでも、年齢性別キャリア何も関係なく、「決める」スキルを身につけている人はいるんですよね。

自分も多少なりと「決める」スキルを身につけてからは、そのスキルがある人と話す・予定を決めると恐ろしいほど話がスピーディーに進むようになって超快適! で、仕事上だけでなく、生きるうえでめちゃくちゃ楽になりました。

……とはいえ、私は好きな人に楽しんでもらうこと・喜ぶ顔を見ることが大好きなので、プライベートなら相手が受け身でも全然大丈夫だしむしろ嬉しいです! がんばって楽しいプランかんがえます! SはサービスのSなので!!!!!

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

115
2〜3次元のありとあらゆるジャンルを好奇心と欲望のまま楽しむ軽率なオタク。自担は上田竜也(KAT-TUN)、推しはシナモロール。オタクごとについては http://myrkky.hateblo.jp にて。ここではWEBデザイン・UI/UX・その他いろいろを書き留めます。

コメント1件

推しがシナモロールってところにシンパシーを感じます笑 はじめまして!よしだと言います。最近、自分自身もリーダーになる機会があって、自分で決めていかなきゃいけないしんどさを感じていたので興味深く読ませていただきました!
(でもこれ去年の6月だな..‼︎)
わたしもすぐに決めるってすごく苦手です(´⊙ω⊙`)
でも決断のスピードをあげて自分で決めれるようになると生きるの楽になるんですね!
楽になりたい!わたしも受け身じゃなく自分で決めていける人間になろうと思います。
拙文失礼いたしました!
がんばってくださいヾ(⌒(ノ'ω')ノ
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。