私たちは「手仕事に出会う旅」を実現します
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。またコロナワクチンに関する情報は首相官邸のウェブサイトをご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

私たちは「手仕事に出会う旅」を実現します

【CRAFTRIP】地方の暮らし体験

こんにちは。プラットフォーム事業部推進部長の藤森です。

CRAFTRIPが本格始動して2度目の春を迎えました。
私は昨年の今頃、山梨県屈指の桜名所・大法師(おおぼし)公園へ向かう坂の途中で、愛車(GIANT ESCAPE)のギアチェンジパーツがボキっと大破損!地元ホストさんに救出いただきました。

画像11

↑山梨県・大法師公園の桜。パーツ新調のうえリベンジ(2020年4月撮影)

それはさておき…ありがたいことに、活動拠点やご参画くださるホストさんが徐々に増えました。
同時に「CRAFTRIPって何者なの?」とご質問いただく機会が増えています。確かに私たち、全然自己紹介できていません…

そこで、すでにお世話になっている皆さま、まだお会いしていない皆さまに、CRAFTRIPが始まった背景や実情、私たちが目指す方向性を伝えられればと思い、この記事を書きました。

CRAFTRIPを含む弊社の「プラットフォーム事業」は色々なサービスを展開しているので、関わって下さる皆さまも、ときに疑問を抱かれるのではと思います。
そんな時に「あぁ、こういう人たちだったね」と思っていただける、パンフレットのような記事になれば幸いです。

▶CRAFTRIPとは?

地方の地場産業=手仕事(クラフト)を巡る、旅(トリップ)の造語です。

クラフトandトリップ

ことの始まりは、代表・小山の、日本のモノづくりとの出会い。
元々製造業のコンサルタントとして働いていた小山は、大企業との巨大プロジェクトの傍ら、日本の地方に根付く「職人技」に心寄せていました。

同時に、職人を訪れるたびに、原料不足、後継者不足、売上減少などの課題を耳にしました。
「日本の伝統、なくならないでほしいな」と願っても、彼らの自助努力だけでは解決できない根深い問題を何とかしないことには、その願いは実現しないことを知ります。

画像6

総人口・生産年齢人口・労働力人口の今後の増減率で、地方の生産力は今後-25%と予想されています(出典:総務省,2019)

「地場産業が受け継がれていく社会」への共通認識がありました。
その社会をつくるために必要なことは何だろうか、と、アルフォートをつまみながらメンバーで考えていたとき…

「担い手にとってはお客さんとのタッチポイントになり、お客さんには『新しい体験』となるような場所をつくれたらどうか」

というアイデアが、ホワイトボードに書かれました。

地場産業は、風土や歴史、人の想いが詰まった地方の魅力そのもの。
田舎旅やマイクロツーリズムの波に乗って、地場産業を訪ねる旅はどうか?

面白い体験で手仕事の印象を残せば、ファンの創出、次の購買、人材交流などにつながり、事業者の困りごとを解決していくのではないか?

旅の潜在市場規模、2.3兆円。ビジネスチャンスもある。
この見込みから始まった事業が、CRAFTRIPです。

▶「旅行会社」?「なんでも屋さん」?

…どちらも正解です!

プラットフォーム事業は「地場産業が受け継がれていく社会の共創」を目指して、

地域コーディネート × システム開発 × ビジネスデザイン × クリエイティブ制作

の力を組み合わせながら、日々走っています。

画像2

当初、CRAFTRIPは、旅ナカ需要を見据えた「地方の小さな旅」を提供するプラットフォームでした。
しかし地域の声を伺ったり、都市部発信のアイデアが飛び交うなか、「地場産業が受け継がれる世の中の共創」に取り組むための新しいサービスにチャレンジしています。

まず、入り口として、その土地・その人ならではの体験プランを企画し、ホストへプロモーションの場を、ゲスト(旅行客)へ新しい出会いと価値観を提供する産業観光プラットフォームCRAFTRIPを開発しています。

そして、ホストさんの「あったらいいな」というつぶやきを実現するために、旅行会社として旅行商品の造成・営業、商品企画開発支援(例:クラウドファンディング) 、動画や文章の制作・自社メディアでの発信など、様々なサービスの開発を進めています。

南三陸未来勘所

↑国分グループ本社と共同で進行中の 食と酒の未来勘所 宮城県南三陸町特設ページ

なので、ぱっと見旅行会社ですが(*)、実態は「地場産業が受け継がれていく社会を実現するために、様々な事業をしている団体」です。
(*)弊社は静岡県知事登録第2種旅行業者です。

▶どうやってお金を生み出しているの?

「地域活性化」の取り組みは、
①補助金頼りになった結果打ち上げ花火で終わる②すぐにお金にならないため継続が難しいことから、ビジネスとして成り立たせるのが難しいと言われています。

そんな中ホストの皆さんには「どうやって食べてるの?」と、ご心配の声をいただきます。

結論から言って、プラットフォーム事業は現在「種まき」フェーズにいます。
申し遅れましたが、myProduct(マイプロダクト)という会社は、[ビジネスデザイン事業]と[プラットフォーム事業]の2つに取り組んでいます。
前者は、弊社コンサルタント&エンジニアを中心に展開しています。コロナ禍における物流の変革や各所でのDX推進が後押しし、ありがたいことに、ますますの拡大を見せています。

では、プラットフォーム事業を、どのようにビジネスとして成り立たせていくのか?そのカギを握るのは、事業の特徴である「共に創る=共創」です。

小さく、地方で実力がある会社ではありません。『だったら、多くの方々を巻き込んで、事業をカラフルに、面白くしていこう!』という、代表・小山の考えが、この言葉に込められています。

▷「地域と」共に創る

クラフトリップふるさと納税

ふるさと納税機能を開発・搭載したり、自治体やDMOとのコンテンツ開発コラボレーションを通じて、定期契約を行います。
この結果、CRAFTRIPのホスト・ゲストどちらからも販売手数料をいただかないシステムを確立します。

▷「都市の事業者と」共にに創る

クラフトリップコンソーシアム

都市部の大企業やスタートアップ企業と積極的に連携し、システムを作ります。
また、その中で事業者同士や都市の事業者×地方自治体のマッチングを行い、次のビジネス展開を支援します。

▷「地域のホストと」共に創る

地域CD

言わずもがな、この共創。
マイプロダクトでいう手仕事は「地域の社会や自然の課題を解決し、何らかの価値をもたらしている活動」。
モノづくりだけでなく、農林漁業やサービス業など、地域で誰かの手によって育まれる産業・つまり地場産業です。伝統産業か否かにも、こだわりません。

一方で、絶対必要なのは、
✓その仕事が「その土地ならでは」の要素を持っているか
✓その仕事の担い手に「その人ならでは」のこだわりや思いがあるか


あくまでプラットフォーム事業は、ともに走っていくもの。
私たちは、下請けのプロモーション会社になりたいのではなく、地場産業を担う方々と一緒に、産業を盛り上げていくことを目指しています。

だから、「こういうことしてみたいんだけど、いい方法はない?」と、いつでも相談してもらえるような存在になれるよう、日々頭をひねりつつ、地域に住み込んで、足を動かしています。


「どうやって稼ぐか?」のお話に戻りましょう。
プラットフォームは、黒字化するために『2027年度終了までに100地域へ展開』を目標として掲げています。
そのためにはサービスの確立が大前提ですが、全国各地の拠点で、意欲ある自治体や事業者、協業社、そして消費者の方々で輪をつくり、「持続可能なビジネス」に繋げていきます。

▶ずっと続けていけるの?

「地場産業が受け継がれている世の中の共創」ができるまで、続けます。

描いているモデルが確立し、自走化し、拡大したら、最高!
ですが、今は私たちの活動が正しいかどうか、検証していく必要があります。

机の上では「これなら行ける!」と思っても、地方で実施してみたら全然違った(むしろ求められていなかった)ことも多々あります。
そんなときにはピポット(方向転換)。違っていることを素直に見つめ、どんな方向に足を動かしたらいいか?を、共創している皆さんに助けを求めながら、探していきたいと思います。

だから、「私たちがいつまで続けるか」と同じくらい、「みなさんがいつまでお付き合いくださるか」も、すごく大事です。

画像11

ひよっこ・CRAFTRIP、今日も全国をゆく

ひよこ

2年目を迎えた、myProductのプラットフォーム事業。
破竹の勢いで進んでますね!と言われますが、まだまだひよっこです。これまで語ってきた構想が果たして地域に求められているのか、実際動かせるものなのか。

私たちが地方に、都市に、事業者に、消費者に提供できるバリュー(価値)はいったいなんなのか。試行錯誤の連続です。でも、ご縁があって地域に入らせていただいた以上、責任をもってやり遂げる所存です。
伴走してくださる方々が、一人でも増えれば嬉しいです。


最期まで見てくださった皆さま、ありがとうございます。
地場産業が受け継がれていく社会を共創するための事業。これからも続いていきます。ご興味がある方、どんな形でも構いませんので、ぜひ、私たちと関わっていただけたら幸いです(^^)

ふじもり



スキありがとうございます!https://craftrip.com/
【CRAFTRIP】地方の暮らし体験
小さなまちの魅力あふれる人たち。 そんな人たちの暮らしや手仕事を体験できる、 新しい旅のカタチを提供するオンラインサービスです。 現在は静岡県下田市、山梨県峡南地域、宮城県南三陸町を中心に活動中。 https://craftrip.com/