見出し画像

今年の行政書士試験を直前に控えたかたへ

今年の行政書士試験まで残り6日となりました。僕が昨年受験した際、この時期は1日・1時間の経過が早く、焦りを感じながら日ごとに緊張が高まっていました。今年受験されるかたも、そのような心境にあることと想像します。僕がこの時期に留意していたことを簡単に書きますので、ご参考になれば幸いです。

【基本姿勢】
1. 今まで勉強してきたことを何度でも回転させて知識をより定着させる
2. 新しいことをやらない、新しい教材に手を出さない、新しい情報を得ない
3. 焦ったり不安になったりするのは勉強してきた証拠。自分は受かると徹底的に信じる

【やや具体的な勉強内容】
① 受験してきた模試を1日1回分復習。1問ごとに関連する過去問を演習
② 模試で得点が不安定だった行政3法について、条文素読&関連過去問を演習
③ 過去問題集で解けなかった・苦手な箇所を中心に1週間で2周
④ ①~③において、必要に応じてテキストの該当箇所を確認

このnoteを書いている最中、試験3日前に書いていたメモがiPhoneから出てきました。

試験まで残り3日。法律の試験なのだから、試験範囲のすべてについてあらゆる論点を事前におさえるのは不可能だ。合格に求められているのは基礎。そこを忘れないようにしよう。難しいことを準備する必要はない。確実な知識を一つでも多く試験会場に持参するだけだ。

基礎を大切にしながら、1日ずつ、当日までじっくりとがんばっていきましょう。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
バックオフィス系会社員です。現在、事業会社で総務などを担当しています。温泉と宿とビールとハイボールが好き。この場では、仕事のこと、仕事の準備としての勉強、今後のキャリア、その他生活にまつわることを書いていきます。