見出し画像

「時短しない家事」も、悪くない。

時短術を取り入れれば、
ラクになる。

時間が増える。

そう思っていたはずなのに、
空いた時間が「何か」で
埋まっていないだろうか。

それなら、
あえて時短しなくてもいい。

時間に限りがあるからこそ、時短しよう?


私は、
「やらなきゃ」に追われない毎日を
叶える人を増やすための、
講座や、個別コンサルなどをしている。

ほぼ、在宅ワークだ。

家族が誰もいない時間は、
平日9時〜16時と決まっている。

だからこそ、
スーパーに行く時間を
少しでも減らしたい。

そんな思いから、
「週に2回の食材のまとめ買い」を
してきた。

でも。

「まとめ買いの良さ」が
私にはとうとう分からずに
ここまできてしまった。

食材のまとめ買いを、
やめたのだ。

その理由は3つある。


① メニューを考えるのがおっくう

数日ぶんのメニューを考えて、
決める。

この行動が苦手な人も
多いのではないか。

メニューを決めて、
冷凍庫にぎっしり入った、
「食材の保存」を試してみても、

自分が続けられなければ、
意味がない。

メニューを決めてから
スーパーへ行っても、

食材自体が「品切れ」で
イチから考え直すこともあるだろう。

スーパーの中をぐるぐる回りながら、
頭の中でメニューを考える。

時短どころか、
考えることに時間を使ってしまうのだ。

② 食材を使いきれない

あれも必要かも。
これも必要かも。

しばらくスーパーには
いかないから。

そんな理由で、
買い物カゴが満杯になる。

結局、食材を使いきれない
という経験はないだろうか。

逆に、
食材が足りなくなることもあるだろう。

家族の「食欲」の度合いは、
残念ながら分からない。

たくさん食べる日もあれば、
お腹が空いていない時もあるからだ。

③ 持って帰るのが、重い

まとめ買いの量が多ければ、
もちろん荷物は重い。

「毎日」の買い物ならどうか。

A4サイズほどのエコバック
1つでも足りるだろう。

「重いなら、宅配を頼めばいい」
と、言われるかもしれない。

でも、こんなこだわりが
ある人もいるはずだ。

食材は、
「手にとって、自分の目で見て、
買いたい」。

それに、
宅配も予定通りに来るかどうかは
コントロールできない。

自然災害、誤送、時間のズレなど、

便利なはずなのに、
「便利じゃない」と感じることもある。

時短よりも、手に入れたいこと。

「なぜ、やめるのか」

理由を言葉にしていくと、
自分の「価値観」が分かってきます。

私の「食事」の価値観は、

「その日の気分で、
パッと決めたい」

「予測できないことに
振り回されたくない」

など、
「自由」を感じていたいのでしょう。

「毎日スーパーに行く」

それだけを聞くと、
「時間が無駄」だと
思われるかもしれません。

でも、
実は「ウォーキング」も
兼ねています。

「1日30分以上、歩く」と
決めているからです。

「時短のつもりが、
時短になっていない」を、やめる。

当たり前の日常を、
疑ってみよう。


▼「やらなきゃ」に追われない毎日が叶うメルマガ

▼「note講座」好評発売中




この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
小谷祐子/自分のリズムで、うまくいく。

最後まで読んでいただきありがとうございました◎たくさんのビュー、スキが執筆の励みになっています。いただいたサポートは子どものおやつにさせて頂きます◎