見出し画像

「ぐるぐる思考」には、価値がある。

頭の中で同じことを
ぐるぐると考えてしまう。

そんな人も多い気がする。

でも、

常に考えている人こそ
言葉にできていない「想い」が
山ほどある
のではないか。

だからこそ、
「ぐるぐる思考のカケラ」を
言葉にしよう。

言語化に必要なのは、自問自答だけじゃない。


いま、
私のメルマガ限定で募集している
レッスンがある。

個人事業主、フリーランスなど
自分で仕事をしていきたいと
感じている人が、

ブログで「言語化」をすることで
自分の価値観や考え方を
言葉にしていく1ヶ月間のレッスンだ。

「言語化ってそもそもどうやるの?」

言語化の「過程」が分かれば、
言葉にすることができる。

私は、
頭の中でいろいろなことを
考えている人こそ、

言葉にできていない「想い」を
たくさん持っていると思う。

・不安なこと
・疑っていること
・納得できないこと

など、言葉にできれば、
ぐるぐる思考を抜け出せるのだ。

言語化のレクチャーを
一緒にやっていくと、

「おもしろい〜!いま話しただけで、
3つも、4つも言語化できました」

と、お客様が教えてくれた。

頭の中で、
自問自答するのもいいだろう。

でも。

レッスン中の方とDMをしながら
とにかく言葉にすることが大事だと
確信している。

見るだけのセミナー、
本を読むだけ、
ノートに書くだけではできない

「言葉のラリー」が言語化をますます
加速させるから。

ぐるぐる思考のカケラを、
最初はうまく言葉にできなくてもいい。

・自分の大事にしていることは何か
・譲れないことは何か

言葉にしなければ、
一生見えてこないのだ。

「自分が伝えたいこと」を、自分は知ってる?


「言語化が苦手です」
「文章をうまく書くのに時間がかかる」
「発信の手が止まってしまう」

個人事業主として活動していく中で、
こんな声を何度も聞いてきました。

でも、
「文章の書き方」を知ったところで
また振り出しに戻ってしまう。

そんな人もいるように思います。

「文章の書き方」は手段です。

自分が伝えたいことを、
相手に伝わるように書くことです。

「自分が伝えたいこと」が
自分でもわかっていなければ、

「書き方」という手段を
使うことができないのです。

まずは、
ぐるぐる思考を言葉にすること
から始めよう。

自分の想いを、
「自分で知ること」が先です。

▼「やらなきゃ」に追われない毎日が叶うメルマガ
*ブログで叶える言語化レッスン(仮)は2022年11月18日までメルマガ限定で募集中です。(体験価格/5,500円税込)


▼【note講座】好評発売中
*先着5名限定価格は発売日(2022/11/15)に終了しました。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
小谷祐子/自分のリズムで、うまくいく。

最後まで読んでいただきありがとうございました◎たくさんのビュー、スキが執筆の励みになっています。いただいたサポートは子どものおやつにさせて頂きます◎