見出し画像

「知識を教えてほしい人」と「一緒にやってほしい人」は、違う。

小谷祐子/自分のリズムで、うまくいく。

「講座を受けてみたら、
ググれば出てくることだった」

期待が大きいほど、
「がっかり感」は膨れ上がるだろう。

そんなミスマッチを防ぐには
どうすればいいか。

目的が違えば、「手段」も変わる。

「片づけ」で例えてみよう。

あなたは、
「自分の家を片付けたい」
と思っているとする。

どちらの手段を選ぶだろうか。

① ゼロから知識を勉強して片付ける
② 一緒に片付けてくれる人を探す

私なら、
時と場合によって変える

「今そこに時間をかける必要があるか」
という基準で選ぶのだ。

「片付けは一生使えるスキル。
だからゼロから学ぼう」も、

「ひとりで試行錯誤するのが
難しいなら一緒にやろう」も、

どちらも正解だ。

何かのサービスを受ける時、

自分は、
「知識を教えてほしい人」と
「一緒にやってほしい人」の
どちらなのか。

サービスを提供する側は、
「知識を教えてほしい人」と
「一緒にやってほしい人」の
どちらに来てほしいか。

お互いにしっかり伝え合わなければ、
ミスマッチが起こるのだ。

「時間」と「労力」がかかる選択。

もちろん、

③ 全てお任せする
という手段もある。

でも、
いきなり丸投げしたり、
代行をお願いするのは
おすすめしない。

万が一何かあった時、
相手のせいにしてしまう可能性が
高くなるから。

気づいただろうか。

① ゼロから知識を勉強して片付ける
→自己流になり、時間がかかる。

② 一緒に片付けてくれる人を探す
→実践しながら、知識も身に付く。

③全てお任せする
→その場ではすぐに終わるが、
    後々トラブルになることがある。

時間と労力がかかるのは、
①と、③だ。

右も左も分からないまま起業し、途中で気づいた2つのこと。

私は、
起業3年目の個人事業主です。

右も左も分からないまま起業したため、
ビジネスに関する講座やセミナーを
いくつも受けてきました。

だからこそ、
途中で2つのことに気付きました。


① 自分ひとりでどうにかしようと
思うと時間がかかる

② 人に正解を求めても、
誰も答えを持っていない


仕事のパートナーを見つけたり、
人に頼りながら、
最後には自分で決めていくしか
ないのです。

「自分で決める」のは、
勇気がいるでしょう。

私にも経験があるので、
その気持ちはわかる気がします。

でも、
自分の人生を誰かに委ねても
いいのでしょうか。

主役は、誰?

▼「やらなきゃ」に追われない毎日が叶うメルマガ

▼LINE公式
時間術のおすすめ本ベスト3をまとめたPDFをプレゼント



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
小谷祐子/自分のリズムで、うまくいく。

最後まで読んでいただきありがとうございました◎たくさんのビュー、スキが執筆の励みになっています。いただいたサポートは子どものおやつにさせて頂きます◎

小谷祐子/自分のリズムで、うまくいく。
「やらなきゃ」に追われない毎日を叶える人を増やす活動をしています/働くひとのパートナー/メンタルオーガナイザー®︎/時間を生み出す個別コンサルなど/広島在住/1女1男の母/ 読書・紅茶・snow manが好き/ウェブサイト https://mybox2019.com