🐅

地獄のひとりごと

着地点もないのに煽って、物分り良さそうだから多少傷つけても大丈夫、みたいな分析しかできない。。

真偽がどうであれ、もう自分はずっと減点減点減点で静かに評価下げられてるだけ。

こんな無様な壊れ方、どうしたもんだろう

暗いマサル会議

私は感情がギュウギュウになると、めちゃくちゃ文字にして吐き出さなきゃ無理ってなるタイプの厄介な人種です。 後々冷静になってから、これを見た人は気分が悪くなるだろ…

庇護の為の妄想

私の仕事で、物を作っていく上で重要な部分の一つが、破綻しない事。 設計しながら先々の事を考えて、作っていく。 あとで崩壊しないように。 だけど、読みが甘くて崩れる…

事実確認も無しに憶測で見られているのはこちらも同じです。
後ろだてもないのに自分が犠牲を払う必要なんて無かったんだな。

激おこ丸

幼馴染のA君が補導されたのは中学生の時だったと思う。 その頃にはもう随分と接する事が少なくなっていた。 A君とは保育所で出会った。 A君のお母さんと私の母は同じ宗教…

呪いの言葉

他の人も、呪いの言葉をかけられたことはあるんだろうか? 私には3つあって、2つは自然消滅した。 その消滅した言葉の1つが、 「お前は高校を卒業してないから、お前だけ…