トップのコピー

ワッピンギルドのかほです 【自己紹介】

noteの皆様、初めまして! ワッピンギルドで事業開発をしております、かほと申します。

今までは主にインスタグラムで発信を中心に活動していたのですが、今回、ワッピンギルドの事業開発を手伝わせて頂くにあたり、twitterとnoteを始めてみました!!まだまだ未熟者ですが、どうぞ宜しくお願い致します😌

このnoteで伝えたいこと

このnoteでは主に、私が今までに取り組んで来た活動及び、それらを通じて感じた社会課題、ワッピンギルドとの出会い、これからワッピンギルドでやっていきたいことなどを書いていこうと思います。

私のプロフィール

私は今大学2年生で、普段はInstagramを中心に活動しています。

発信の内容は主にについて。

画像1

Healthyな食生活の提案と共に、食のバリアフリーを広めています。(これについては後ほど…)

その他、
✳︎パーソナルジムでの食事専門トレーナー
✳︎飲食店のブランディング・商品開発
✳︎企業アンバサダー ✳︎雑誌レポーター
✳︎アプリの事業開発 などなど、、、

「出来る」か「出来ない」か、ではなく 面白そう!やりたい!と思ったことにチャレンジしています😌

私のミッション

それはワッピンギルドを通じて目指す、【個性を生かせる社会の構築】です。

社会性、協調性、モラル、道徳…現代ではこの枠に収まることが普通とされ、言い換えるならば、【出る杭は打たれる】文化が浸透しているように感じます。

私もそんな経験があります。「社会性を持て!」「お前は本当に常識知らずだなあ」「普通でいてくれ」

こんなような言葉を、私はきっと人の3倍くらい言われて育ちました。笑笑

これだけ言われてたらいい加減、社会性持てよ!!って突っ込みたくなりますよね。私も本当にそう思います。(笑)でもなぜ私は変わらなかったのか、、、?

変わらなかったのではなく、変われなかったんです。

変われなかった理由を、私なりに考えてみると、これはきっと、私自身が本当は怒られている本質を理解できていなかったからだと思います。正当化と言われればそうなのですが…。

•フツウとは違う意見(個性)を出すことってそんなにも悪いこと?
•そもそもフツウって何なの?
•じゃあ個性を出せる場所はどこ?

そんな疑問がいつもあるんです。たとえそれが間違った意見(少数派)であったとしても、頭ごなしに否定せず、そういう価値観を持った人もいるのだと感じて欲しい。

みんなの「なんとなく」で成り立つ【当たり前】は、具体的な基準が無く、とても曖昧なもの。だからこそもっと自由でいいのでは?

意見を持つこと、個性を出すこと、、、正解も不正解も無いと思うのです。

食に対する想い

私はもともと食べることが大好きです。そして気づいたのは、食を通して得られる情報はかなり多いということ。

【食】と言う漢字は、くすると書きますよね。

本当にその通りで、食は生きていく上で必ず付き合っていくものであり、また、色んなことを成長させてくれるものです。

私は食を通して畜産、環境、宗教、健康、歴史を学び、また素晴らしい人達とも沢山出会えました。ジムで栄養指導をしているのも、飲食店のコンサルをしているのも、ワッピンギルドの事業開発に関わっているのも、元を辿れば食が全ての始まりでした。

そんな食の素晴らしさを広めるべく、私は今までinstagram を中心に活動してきました。その中でも特に食のバリアフリーについて熱い想いがあります。

宗教や個人哲学、疾患(ex:糖尿病)、アレルギー、ダイエッター、アスリートなど、、、

様々な理由から生まれる食の規制または多様性を、もっと受容できる世界を作りたいと思っています。外出先で食べれるものが無い、カスタムが出来ない、他の人と同じ食卓を囲めない…そんな悩みが無くなるよう、私は自分で考えたヴィーガン・アレルギー・ダイエッターの方向けのレシピや、そのような対応がある飲食店の来店ログを投稿しています。

そんな中で「ワッピンギルド」との出会い

私は、事業・プロジェクト責任者向けIT勇者マッチングアプリ『ワッピンギルド』の広告戦略の構築などを担当させていただくことになりました。

このnoteを読んでいただいている方で、まだワッピンギルドをご存知ない方に、簡単にワッピンギルドのご説明をさせてください!

ワッピンギルドとは、まるでRPGゲームのように、デザイナーや、エンジニアなどのスキルを持った「IT勇者」を召喚することで、あなた自身が今手がけている事業やプロジェクトを次のステージまで加速させることができるサービスです。

私は、今までの人生の中で、どんな人でも等しくもっている、24時間の時間資本の大切さ、個性がつぶされる社会によって生きづらさを抱えた人たちがいること、などワッピンギルドが目指す世界には多くの点で共感しました。

ワッピンギルドでやりたいこと

私が以前より考えていた個性が生かせる場所を、ワッピンギルドを通じて作り上げたい。それが私の夢であり、ミッションだと考えています。

食について発信してきたInstagramでの経験を生かし、ワッピンギルドの世界観をたくさんの方々に伝播させたいです。また実際に飲食店などで商品開発・マーケティングを行っていた経験をもとに、広告戦略ではSNSを重点的に活用していきたいです。

また私自身、個性を否定された経験が多かったので、少なくともワッピンギルドの世界では、誰の個性も否定されない、すべての人がオンボード(搭乗)できるようなサービスをつくるべく、カスタマーサクセスをお手伝いしたいと考えております☺︎

最後に

私は中高時代はバリバリの体育会系だったので、根性だけは自信があります!!笑笑 ワッピンギルドに全てをかけ、本気で人々を幸せにしたい。世界を変えるために今日も頑張ります。

これからは「食」の情報を発信しつつ、ワッピンギルドに関することも発信していきたいと思います。

変なこともを呟いちゃうかもしれませんが、どうぞよろしくお願いします!


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

9
ワッピンギルドの広告戦略をつくりながら、食に関するクエストを請け負っております! / 食のバリアフリーを広めるべく、たくさんのレストランや飲食店をプロデュース中 / IFCA食学アドバイザー / マクロビコンサルタント / 大学3年生