新公1回から花組2番手まで上り詰めた水美舞斗〜同期柚香光と切磋琢磨しながら上り詰めた軌跡〜

らら

こんにちは。ららです。

今回は、新公1回からスターへと駆け上がったシリーズ第二弾水美舞斗編です。

最初の方は、和希そら編と全く同じになってしまいますがご了承くださいませ。

まず初めに新人公演の説明をしたいと思います。

新人公演とは、宝塚、東京公演1回ずつの2回だけ研究科7年までの生徒のみで行う公演のことを指します。この公演でトップスターのお役を演じると、路線に乗ったことになります。つまり将来のトップスター候補になったといえます。娘役も同様です。

しかし、新人公演主演1回の生徒は、トップスターにはなれず、別格になる可能性が高いのが事実です。トップスターになる生徒は、2〜4回主演を努めていることが多いです。

現在のトップスターを見ていきましょう。

花組 柚香光 3回

月組 月城かなと 3回

雪組 彩風咲奈 5回

星組 礼真琴 3回

宙組 真風涼帆 5回

やはり3回から5回主演を努めている方が多いです。ですが、新人公演主演を経験されずに又は1回のみでトップスターになられた方もいます。

新公主演なし

元雪組トップスター 朝海ひかる

新公主演1回

元月組トップスター 真琴つばさ、瀬奈じゅん

元星組トップスター 紅ゆずる

元宙組トップスター 大空祐飛

上記の方々がいらっしゃいます。近年では、紅ゆずるのみという結果になります。

ですが、現在、新公1回組が下剋上といわんばかりの勢いでトップスター街道を突き進んでいる方々がいます。

それは、花組の水美舞斗、星組の瀬央ゆりあ、雪組の和希そらです。

今回は、新公1回から花組2番手まで上り詰めた水美舞斗(マイティ)のこれまでの軌跡について振り返りたいと思います。

YouTubeでも同じ話をしているので、こちらも見て頂きたいと思います。

①新人公演前半〜同期柚香光とほぼ同格の役付き

マイティの宝塚人生には、必ず同期である柚香光(れいちゃん)がいました。圧倒的スターの柚香光と実力派スターの水美舞斗は、新人公演時代ほとんど同格の役付きでした。

    水美舞斗       柚香光

虞美人 瀬戸かずや       鳳真由

麗しのサブリナ 朝夏まなと    望海風斗

愛のプレリュード 望海風斗    朝夏まなと

ファントム 望海風斗     朝夏まなと/華形ひかる

復活 華形ひかる       愛音羽麗

サン=テグジュペリ 華形ひかる 望海風斗

オーシャンズ11 北翔海莉 望海風斗

愛と革命の詩 春風弥里 明日海りお

れいちゃんが新公主演をするまでどちらも良い役付きで路線男役が本役さんでした。お二人は、正反対な魅力を持ったスターなので下級生時代も切磋琢磨した歩んでこられたのだと思います。

②柚香光新公初主演、柚香光爆上げ時代到来

新公主演が先に回ってきたのは、れいちゃんです。ノクターンで新公初主演後すぐにノクターンでバウ初主演を果たします。娘役では、よくあることなのですが、男役で新公初主演後すぐにバウ主演をする方は、めったにいないので非常に推されていることがわかります。またエリザベートでもれいちゃんが新公2回目の主演を果たします。そんな中、マイティもラストタイクーンでは、2番手のお役、エリザベートでは、ルキーニのお役を演じました。和希そらと同様にこのルキーニというお役との出会いが今の水美舞斗を作り上げたと言っても過言ではないと思っています。

③水美舞斗新公初主演、柚香光3番手に昇格 

そしてマイティは、遂に、「カリスタの海に抱かれて」で新公初主演を遂げます。一方でこの公演かられいちゃんが3番手に昇格します。新公学年で3番手は、非常に早い抜擢です。現在の3番手の学年は、次のようになっています。

花組 永久輝せあ 研12 月組 風間柚乃 研9 雪組 和希そら 研13 

星組 暁千星 研11 宙組 桜木みなと 研14

このように研7での3番手は、非常に早い抜擢であることがわかります。れいちゃんは、ものすごいスピードでスター街道を駆けあがりました。一方でマイティも新公初主演という路線男役になるという切符を得て、れいちゃんを追いかけるようにスターへの仲間入りを果たします。

④明日海りお政権下において着実にステップアップする

最後の新人公演だった「新源氏物語」では、れいちゃんが主演を遂げます。その後「Me and my girl」でマイティは、役替わりメンバーに入り、ジェラルド役を演じます。芹香斗亜、柚香光、瀬戸かずや、鳳真由、鳳月杏、桜咲彩花、仙名彩世といった同時花組を支えていたメンバーの中に入りました。「me and my girl」で鳳真由が退団、「邪馬台国の風」「Santé!!」を最後に芹香斗亜が宙組へ組替えとなり、柚香光が2番手になったことによりマイティも花組内での立場が上がることになります。

⑤念願の初バウ主演

そして「Senhor CRUZEIRO」でバウ初主演を果たします。新公主演から3年後のことです。これまでの3年努力に努力を重ね、地道に立場を上げてきた結果です。そして、全国ツアー公演である「メランコリック・ジゴロ」「EXCITER!!2018」での2番手役やcasanovaでのマリノ・バルビ神父役など幅広いお役を演じます。

③3番手へ昇格、永久輝せあとの番手争い

そして「casanova」を最後に鳳月杏が月組へ組替え、「A fairy tale 青い薔薇の精」でトップスターである明日海りおが退団したことにより同期である柚香光がトップスターに就任します。「dance olympia」から雪組の御曹司である永久輝せあ(ひとこちゃん)が組替えしてきます。「はいからさんが通る」ではマイティが後に降りてきましたが、「アウグストゥス-尊厳ある者-」「cool beast」ではひとこちゃんがエトワールを務めたり番手ぼかしをされていました。そしてこの公演で2番手である瀬戸かずやが退団します。花組2番手が不在になったので次の2番手はどなたになるのか皆さんも気になっていたと思います。

④東上公演初主演

そして「銀ちゃんの恋」で初東上公演主演を果たします。この時点でひとこちゃんは、東上主演をしていないので一歩リードしたことになります。大劇場公演「元禄バロックロック」「The Fascination」では、まさかのマイティとひとこちゃんのどちらも2番手ではなく3番手という扱いでした。そしてその後「冬霞の巴里」では、ひとこちゃんが東上初主演を果たします。このまま番手ぼかしを続けるのかもしれないと思ってしまいました。

⑤遂に水美舞斗2番手に昇格

番手ぼかしを続けるのかと思いきや、「巡礼の年〜リスト・フェレンツ、魂の彷徨〜』『Fashionable Empire』で2番手に昇格しました。


マイティが新公1回から花組2番手まで上り詰めた軌跡を振り返ってみました。改めてマイティの宝塚人生には常にれいちゃんが存在し、お二人は切磋琢磨しながら現在の位置まで一緒に昇ってこられたんだなと感じました。これからの花組がどのようになっていくかは、誰にもわかりませんが、今後の花組も応援していきたいと思います。

最後まで読んでくださってありがとうございます!

花組男役育成法という記事でもマイティーの育成について話しているのでぜひ見て頂きたいです。

その他にもYouTubeで様々な動画投稿を行なっています。ぜひ見て頂けると嬉しいです。





この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
らら
趣味である宝塚観劇のことや普段の私生活、考え方について語りたいと思います。