見出し画像

カノンを歌おう! by incontro

一つの旋律をタイミングをずらして歌うことで和声が生まれるカノン(輪唱)。今回は18世紀のイタリア、19世紀のドイツと日本のカノンを取り上げました。簡素ながらも味わい深い音楽を、身近な方とご一緒にお楽しみください。

楽譜はページ下部の有償エリアに掲載していますので是非お買い求めください。誰でもすぐに歌える小品を、日本語訳詞とともにまとめました。

・A. カルダーラ(1670 - 1736)「うたおうよ」

・A. カルダーラ(1670 - 1736)「賑やかにさわいで」

・C. G. リダルティ(1730 – 1795)「さあ歌え」

・M. ハウプトマン(1792 – 1868)「ようこそ」

・東儀季治(鉄笛)(1869 – 1925)「來れよ來れ」

演奏:incontro 


この続きをみるには

この続き: 77文字

カノンを歌おう! by incontro

musicotta

200円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
1
クラシック音楽を中心に、演奏家によるセッションと解説を、動画と楽譜資料付きで掲載します。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。